Real estate knowledge

1月4日は〇〇の日…

2021

1 04

1月4日は〇〇の日…

In:

おはようございます! 1月4日は本来は仕事始めの日ですが、 今年は一般的にどのような仕事始めになるのでしょうか。 新型コロナウイルス感染症の影響が収束する事を願っております。 さて、1月4日は「仕事始めの日」以外にこんな日でもあります。 1月4日は語呂合わせから「石の日」ともされています。 同じ平仮名に直せば「いしのひ=意思の日、意志の日」とも言い換えられそうですね。 意思・意志といって実は宅建業者として悩むことがあります。 それは… 賃貸でも購入でも共通しているのですが、 お客様の内容をヒアリングし、お客様の状況を踏まえて物件をご紹介するのですが、 最後の決断の際に「〇〇さんならばこの物件購入しますか(借りますか)?」と質問されることです。 これはお客様から知人の方等に質問される場合も同様ですが、 ・生活環境 ・年収 ・希望条件 ・購入(または借りた)後に目指しているもの ・趣味、嗜好 など様々な事が必ずしも一致するとは限りません。 決断に迷ったときは ・自分自身はこの物件を購入した後(借りた後)、どのような事を描けるのだろう ・将来の収支は合うのか 等、人任せではなく「自分」に置き換えてみましょう。 悪く捉えれば、相談相手が ・(相談相手自身がこの物件を取得したいから)「私ならば買いません(借りません)」と返答し、相談相手が取得してしまう ・(相談相手自身が必要ではなくどうでもよいと思っているので)「私ならば購入します(借ります)」と返答し、その物件を押し付けてしまい、相談を打ち切らせる という悪い考えの方がいないとは限らないのです。 実は不動産相談で多いのがこのような状況で取得した場合の不動産が、 ご自身には適していなかった、というケースです。 不動産という商品は高額だからこそ「自分の考え」が大切になってきます。 他人がAという物件が良かったからご自身も良い、とは限らず、 他人がBという物件が悪かったからご自身も悪い、とも限りません。 これは不動産に限ったことではなく、日々の暮らしそのものでもあります。 日々の暮らしの中でひとつ一つ身につけていくことで自己判断も出来るようになり、 自分自身の道も見えてきます。 皆様が良い物件に巡り合うことのひとつは「考え方」でもあります。 良い物件に巡り合うためにお話を聞き適した物件を紹介するのが宅建業者の業務ですが、 最終判断は宅建業者の担当者が決めることではなく、お客様自身が決めることです。 お客様自身が決めたことに対しアドバイスやサポートをする事が業者の役割なのです。 もしどうしようか迷われた時には「初心に戻りましょう」。 最初にどのような思いだったのか思い出すと答えが見えてくることもあります。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡 ☆ ★ ☆ ★ ☆ [P.S. ] If this blog is good, I would be happy if you could do "Pochi!", on the button below! In our e-mail magazine, in addition to the contents of the blog, we may also tell you a part of your interest and property information (whether you buy or sell or rent) before posting the main website…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.comLanguage This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

住まい購入の方にも不動産投資家の方にも必見(?)「グリーン住宅ポイント制度」とは?

2021

1 03

住まい購入の方にも不動産投資家の方にも必見(?)「グリーン住宅ポイント制度」とは?

In:

昨日、ミニブログで「2021年の大胆(?)な予測…?」というテーマで2021年の不動産市況の予測をアップしました。 (https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=167860&act_lst=detail&page=1) あくまでも私感で、新型コロナウイルス感染症の影響等で政権がどのようになっていくのか等で予測が外れる可能性も十分ありますが、 そういう中でも既に決定済みの政策があります。 昨日ミニブログの中でも触れました「グリーン住宅ポイント制度」についてです。 (国土交通省:グリーン住宅ポイント制度について https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001378104.pdf) 昔、家電エコポイント制度や住宅エコポイント制度がありましたが、やはりそういう事に似ているような制度です。 このグリーン住宅ポイント制度ですが、住まいを購入、新築、改築する以外にも「賃貸住宅を建築する場合」にも適用される制度になります。 賃貸住宅を建設して制度を利用する場合は1住戸当たりの最低面積等の制限がありますが、 1棟マンション(ワンルームタイプ)やワンルームアパートを建設する、 というよりも、一人世帯向け、というよりDINKsやファミリー層向けに建設する間取りで、 物件に特色を出したい、という投資家様向けの制度になりますが、 「何か特色を出して、物件に付加価値的なものを出していきたい」という方には向いている制度だと思います。 現政権下での政策だけの事ではなく、災害リスクを減らすためにも「地球温暖化対策」は一人ひとりがとらなくてはならないことですが、 こういう制度がある時だからこそ「住まい」は安心できる場である事、という事を大切にしてほしいです。 利用期間が短いうえに、ポイントがある程度達成した場合は途中で打ち切り、ということも予想できますので、 もし住まい購入やリフォーム、新築、そして新築1棟不動産投資に関心のある方は是非「グリーン住宅ポイント制度」についてご一読してみた方が良いと思います。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡 ☆ ★ ☆ ★ ☆ [P.S. ] If this blog is good, I would be happy if you could do "Pochi!", on the button below! In our e-mail magazine, in addition to the contents of the blog, we may also tell you a part of your interest and property information (whether you buy or sell or rent) before posting the main website…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.comLanguage This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

各箇所で適しているカーテンとは?

2020

12 23

各箇所で適しているカーテンとは?

In:

カーテンの色、柄などがどの方向に適しているのか、というのは昨日当ブログにアップしましたが、 では、各箇所で適しているカーテンとはどんなものになるのでしょうか? 1.リビング リビングに適しているカーテンは優しい明るめの色合いのものが良いとされています。 リビングは家の中心とされる場所であり、家族全体の運を左右される場所とも考えられていますので、 明るく楽しくなるような雰囲気のものが良いです。 その逆で、モノトーンや寒色系のカーテンは避けた方が良いとされています。 また、赤や黒など重たい色合いも避けた方が良いです。 遮光性カーテンも出来れば避けた方が良いのですが、 どうしても遮光性カーテンを設置したい場合は2組カーテンを取り付け、 そのうちの1組はレースのカーテンを取り付けると良いでしょう。 2.寝室 寝室は夜ぐっすり寝て朝一番に朝日とフレッシュな空気を入れる、 という意味から、 寝ている間に悪い気を体内から追い出し、 良い気を循環させる場所と考えられます。 そこでドレープとレースのカーテンを2組取り付けるのが良いとされています。 夜と朝のメリハリをつける場所なので、良い気を取り入れるためのカーテンを取り付けたいですね。 3.子供部屋・書斎 勉強にせよ仕事にせよ集中する場所として利用される子供部屋や書斎、 とくにテレワーク・リモートワークを行なう方が増え、 自宅でも集中して業務を行ないたい、という方は多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが黒や青系統のカーテンです。 黒や青は集中力アップと風水では言われています。 縦のラインが入ったカーテンは発想力アップやひらめきが出てくるとされているので、 こちらもおすすめです。 脳に刺激を与えるようです。 また、青系統などのパステルカラーをベースに、 濃い色の水玉模様が入ったカーテンも良いとされています。 避けた方が良いカーテンは ・派手目の色使いのカーテン ・ピンク色系統のカーテン ・横のラインが入ったカーテン ・花柄のカーテン などです。 リラックス作用があったり、勉強や業務の集中力が欠けるとされています。 4.キッチン・トイレ キッチンやトイレに小窓がある場合は、 ウォッシャブルタイプや防汚・防炎タイプの清潔感があり火や水に安全なカーテンを取り付けると良いでしょう。 またはカフェカーテンもおすすめです。 外から邪気を取り入れないために、 風水ではどんな窓でもカーテンを取り付けた方が良いとされています。 トイレのカーテンですが、 もし玄関に近い場所にあるトイレの場合は白色のカーテンが良いとされています。 5.浴室・洗面所 浴室や洗面所は方角をベースとした色合いのカーテンが基本は良いとされていますが、 黒色は避けた方が良いでしょう。 どうしても色に迷われた場合は、 グリーンや白、淡い色合いのカーテンがおすすめです。 リラックス出来るような色合いがいいですね。 6.玄関 玄関も浴室や洗面所と同様、 方角に合わせた色が良いとされています。 注意点としては、 玄関の真正面にガラス鏡や窓がある場合、

→ Read more

〇〇によって変わる室内印象とは?

2020

12 22

〇〇によって変わる室内印象とは?

In:

賃貸住宅に引っ越す方も、持家に引っ越す方も、 引っ越し時に必ずと言っていいほど取り付けるものがあると思います。 それは何でしょうか? ↓ カーテンかブラインドは設置すると思います。 ※シェアハウスの一部など最初から設置してある物件を除きます。 カーテンやブラインドは夏の暑さや冬の寒さから室内温度の変化を軽減するだけではなく、 設置するものによって印象が変わってきます。 風水でもカーテンの色は取り上げられています。 色だけではなく設置する方位や設置する場所にも風水を取り入れた方が良い場合も。 全てを組み合わせていくのがベターですが、単体でも効果はあるかもしれません。 「色」と「柄」、「方位」、「設置する場所」を2回にしてアップしていきます。 ちなみに今回は「色」と「柄」、「方位」について述べます。 少し脱線しますが、過去に述べた事がありますが、 風水とは怪しい呪いではなく、 中国で発祥した統計学のことで、 地理学や心理学、医学などを纏め、 気の力を利用した開運のための「環境学」という事になります。 要するに「環境を整えるための学問」と表現したらわかりやすいのでしょうか。 もとへ戻ります。 風水では基本となる「五行」が重視されます。 五行について簡単に述べれば、 耳になさった事があるかもしれませんが、 たとえば「火の気を持っている」とか「土との相性が良い」などです。 五行には「火」「水」「金」「土」「木」があります。 これが組み合わされ流れる方向により ・プラス(五行相生)に働く気 ・マイナス(五行相克)に働く気 ・強すぎる気を調整するのに働く気(五行逆生) が生まれてきます。 カーテンの組み合わせはこのようなイメージをすると良さそうです。 ・火:南側、赤色、キャンドルや炎をモチーフとした柄 ・水:北側、黒色、水やガラス、ミラーなどをモチーフとした柄、波柄の模様や、黒色と青色を組み合わせた色合いも相性が良い ・金:西側、北西側、白色、銀色、メタリック、「金」をモチーフとした柄、丸柄やゴージャスな感じの柄 ・土:北東側、南西側、黄色、茶色、植物や花など「土」をイメージした柄、ベージュのカーテンも相性が良い ・木:東側、東南側、緑色、植物や花など「木」をイメージした柄 物件の雰囲気もありますが、「環境を整えて住みやすい家」に住んで、 健康的な暮らし方をしてみませんか? 全て取り入れるというのは難しいかもしれませんが、 ほんの少し取り入れてみる、というのも良いかもしれません。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡 ☆ ★ ☆ ★ ☆ [P.S. ] If this blog is good, I would be happy if you could do "Pochi!", on the button below! In our e-mail magazine, in addition to the contents of the blog, we may also tell you a part of your interest and property information (whether you buy or sell or rent) before posting the main website…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.com Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

本当は首都圏の価格は今後どうなのよ?

2020

12 12

本当は首都圏の価格は今後どうなのよ?

In:

皆様、おはようございます! 少し気になるデータが発表されました。 (株)東京カンテイが発表した11月の中古戸建に関する価格動向ですが、 1都3県のうち価格が上昇したのは埼玉県のみで、 東京都、神奈川県、千葉県は価格が下落したという結果でした。 詳細は下記をご覧ください。 (11月の既存戸建て価格、首都圏は反転下落) 新築戸建の場合は1都3県とも下落したという結果でした。 (11月の新築戸建て、首都圏は全都県で下落) しかし、新築小規模戸建の場合は上昇傾向で、 東京都と埼玉県は上昇結果が出ました。 ※新築小規模戸建:敷地面積50~100平方メートル未満、最寄り駅からの所要時間徒歩30分以内もしくはバス20分以内、木造で土地・建物ともに所有権の物件が対象。 (新築小規模戸建て価格、首都圏は連続上昇) 「それで実際は今後の傾向はどうなのよ?」と疑問を投げかける方へお答えします。 上記は1か月分のデータのみなので、これだけを見てしまっては正確な答えが出ませんが ・東京(都心部)に関しては、海外の方の投資熱が今後どのように推移されるか ・新型コロナウイルス感染症の状況はどうなるのか(ワクチン、治療薬、その他要因) ・菅政権で取り組んでいる地方移住の推進、テレワーク、リモートワークの推進がどの程度まで進められるか ・住宅ローンの滞納、事業用不動産(とくに賃貸店舗、賃貸事務所)の空室率 ・その他社会情勢 によってかなり左右されるのではないか、としか言えません。 現在のように外出自粛要請解除後、各企業がテレワークの実施を廃止あるいは縮小傾向になり、 政府で進めているテレワークの推進が各企業の考え方や実効性と合わなければ、 多少地方移住が進んでも限定的で首都圏に人口が集中してしまう状況はあまり変化が見られないのでは、 と見ております。 そのような状況の中、「ニューノーマルな住まいのあり方」として、 書斎を設けたり、通信設備を整えたり、防災対策を施した物件は人気が高まり、 現況の首都圏の便利さから蒸気をプラスしていけば、 価格は下落どころか上昇傾向は続くのではないか、と思っております。 時代の変化における家族構成の変化から、住まいに関してはほどほどの小規模物件が注目されていくのでは、 と感じます。 不動産の動向は政治や経済に左右されるところがありますので、 住まいの購入にしても、収益不動産の取引にしても政治や経済に関心を持ち学ぶことが大切です。 行き当たりばったりはやめたほうが良いと思います。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 応援お願いします! 皆様により良いお話をお伝えする励みになります! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.comLanguage This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

移住はポイントに変更?

2020

12 10

移住はポイントに変更?

In:

皆様、おはようございます! 菅内閣で後押ししそうな政策のひとつが「一極集中の緩和、地方移住、テレワークの推進」です。 コロナ禍で地方移住を検討されていらっしゃる方も…。 私自身も「海のある暮らし」に憧れていて、 コロナ禍前から、いずれは2住居したい、という気持ちがありました。 「東京都民は羨ましい…」と感じた政策があります。 助成金があるらしい、 ということは耳にしていましたが、 どうもそれが…。 ↓ (地方移住の住宅購入でポイント 政府、最大100万円分) ※日本経済新聞 2020年12月7日付記事より 「現金ではなくポイントなの?」と感じました。 ポイントの場合、次世代住宅ポイント制度など、過去に行ったポイント制度と同様に期限があるのと、お釣りが出ない(中途半端な端数が出た場合現金化出来ない)、ということがおそらく発生するのでは、と推測しています。 本当は現金の方がよいのでは、と思ってしまいます。 地方移住の場合、慣れない地で突発的に何か発生した場合、 現金が必要になるケースもあるかもしれません。 その予備費・準備金として現金にした方が、とつい思ってしまいます。 不要なものと交換するのも…。 あくまでもまだ決定事項ではないので何とも言えませんが、 移住するために寄り添えることを行う、 という発想をしてもらえたらありがたいですよね。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 応援お願いします! 皆様により良いお話をお伝えする励みになります! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.comLanguage This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

住まい購入に見落としてはならない〇〇...

2020

12 06

住まい購入に見落としてはならない〇〇

In:

皆様、おはようございます! コロナ禍でも都心の不動産人気は相変わらず、という番組が先日放送されていました。 (NHK 首都圏情報 ネタドリ 2020.12.04放送分) https://www.nhk.jp/p/netadori/ts/QL8GZ2L5VX/ これは「都心に住みたい」と思っている方だけではなく、 海外資本が相変わらず東京の不動産に流れてきている、 という要因があります。 オフィスビル市場は現在コロナ禍で下落の様子もありますが、 海外資本が現在のようにコロナ禍の影響を受けずに顕著に東京に流れてくれば、 レジデンスだけではなくオフィスビル、土地そのものも地価は下落せず、 上昇の可能性も残っていると考えられます。 仮に下落、という事があった場合でも、 このような状況が続けば下落幅も然程ではない、と考えられるのかもしれません。 では「都心人気が続いていて、不動産価格も上昇傾向が続いているから、 今逃したら物件買えない!」 と言って焦って物件を購入されようとしていらっしゃる方、 「それはちょっと待ってください!」 と言いたいです。 下記のURLを先ずは目を通してください。 (手取り28万円の4人家族…恐ろしい「住宅ローン月額」で撃沈) https://news.yahoo.co.jp/articles/d910eb5d98dd84a1a303e4268bb1a1edb3094a5c?page=1 皆様にお伝えしたいのは「きちんと資金計画・将来設計を立てていますか?」という事です。 ・今の給与水準が、住宅ローン完済時まで維持される可能性は十分ありますか? ・お子様がいらっしゃる場合の学費等の計算もされていらっしゃいますか? ・老後の事だけではなく、病気や怪我などをされて、当面の生活資金の余裕はありますか? ・終身雇用が崩壊した今、万一会社を退職した場合でも資金計画は大丈夫ですか? 等、日頃の生活資金も含めた将来設計を見据えなければなりません。 今都心不動産が上昇しているからこそ、 物件購入を焦るのではなく、 こういう時だからこそ一度冷静な目で判断する事が大事な事です。 住宅ローンの完済年齢が上昇している今、 ・完済年齢まで健康年齢でいられるか ・繰り上げ返済が出来るような計画があるか ・住宅ローンに追われず、趣味や旅行などの余裕も持てるか などを考慮して気持ちに余裕がある不動産購入が必要だと思います。 「賃貸に住む」という選択もありますが、 賃貸住宅にもメリットもデメリットもあり、 引っ越ししやすさ、という手軽さのメリットもありますが、 (本来は年齢によっての入居拒否は出来ないのですが)年齢が高くなるにつれて貸主様から入居のお申し込み自体を拒否されるケースもあります。 詳しくは述べませんが、入居拒否についてはあくまでも先入観なのですが、先入観が取れないのが多くの方の現状です。 そういう事もあり「購入してマイホームを持つ」という考えをなさる方も根強いのですが、 無理な完済計画を立ててしまうと融通が利かなくなり、 自己破産、とまでいかなくても任意売却をせざるを得ない状況も出てきますし、 そういう事が無くても「余裕がなくなる」ケースもあります。 「だったら不労所得を得よう!」と安易に投資に走ってしまうのも如何なものか、 と思います。 安易な気持ちで投資を行うと失敗した時のダメージが大きく、 投資を行うからには「自己責任」を持ち常に勉強していく事が必要です。 投資、と称して、あきらかに「騙し」みたいなものも横行していますので、 そういうものも見極める判断も必要です。 ※投資そのものは良いことだと思っておりますので、投資に関して否定をしているものではありません。 住まいはその人の価値観も重視されますが、 生涯設計という資産でもあります。

→ Read more

基本のおさらい「住まい選びのコツ」とは?

2020

12 01

基本のおさらい「住まい選びのコツ」とは?

In:

皆様、おはようございます! ブログご無沙汰しております。 お元気でいらっしゃいますか? 1ヶ月強ブログアップをお休みしておりました。 大きく体調を崩したわけではなく、 ブログのあり方について様々考えておりましたが、 ありのまま、思ったことや、有益になりそうなことをアップしていこうと思いました。 これからも宜しくお願い致します。 11月は何を行っていたかというと、 ひとつはインタビューを受けてすぐに記事が掲載された事です。 https://News.careerconnection.jp/?p=103878 上記記事のテーマが「賃貸物件の探し方」の内容になっていますが、 自らの住まいを購入する場合も同様の事が言えます。 「しまった!」では遅いので、 多角的に見て物件選びを行いましょう。 インタビュー記事の内容は簡単ですが、 もっと注意しなければならない点もたくさんあります。 一例ですが・起きた時の目覚めの良い環境であるか、質の良い睡眠がとれる環境の物件であるか ・空気循環が良い物件であるか ・ペット(とくにワンちゃん)がいる場合、散歩させても良さそうな道路の作りであるか(足腰の負担がどの程度か) ・在宅ワークの場合、仕事が捗れる環境であるか ・いざという時の病院は自らが行ける距離にあるか 等、物件を探す上で、 物件そのものが良い物件か、 物件周辺の環境が自らに適しているエリアなのか、 双方を判断基準とする必要があると思います。 先ずは基本として「自分はどんな物件に住みたいのだろうか?」という事が一番最初に考える事だと思います。 資金計画や物件の種類、エリアは次の段階になってきます。 想像を膨らます、という事も必要です。 住まい選びは想像を膨らまし、かつ現実を見極める、という作業になります。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 応援お願いします! 皆様により良いお話をお伝えする励みになります! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.com Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

東京はコロナ禍の影響で衰退するのか?(オフィス編)

2020

10 26

東京はコロナ禍の影響で衰退するのか?(オフィス編)

In:

皆様、おはようございます! あるある疑問なのですが、コロナ禍の影響で都心から離れて移住する方が増えている、という報道がされていますが、本当にこれから先東京から人口が減っていくのでしょうか。 東京が衰退してしまうのか、ある観点から見てみることにします(あくまでも私感ですのでご了承ください)。 東京から他エリアに移住する、という報道は「テレワークが増えたから」という要因が一番大きい、という印象で伝えられています。 そして、東京のオフィスの空室率が増加している、と伝えられていますが、たしかに若干空室率は増加していますが、このデータを見てみると異常な空室率になったとは言えない、と感じます。 (東京Aグレードオフィス空室率0.7%) 2013年頃に起きているリーマンショック時の東京の平均空室率は7%台でしたので、そこから見れば決して悲観的な空室率とは言えません。 そして最近の傾向は「テレワークから会社出勤へのシフト」に変更もしている企業が出てきた、という点です。 テレワークで効率が悪かった企業が以前と同様に会社へ出社のスタイルに戻した場合、現在のオフィスではソーシャルディスタンスが確保できない、という事態も発生します。 そのような場合は想像するとわかると思われますが、「事務所拡大移転・事務所面積増床」が検討される可能性が出てきています。 それ以外にも近隣でサテライトオフィスを借りる傾向も出てくると思いますので、小型の物件に関しても悲観的になる必要はなさそうと思います。 ただし、コロナ禍の影響が長期的に続くようであればライフスタイルは変えざるを得ないと思いますので、その場合は住まいだけではなくオフィス拠点も東京から移転、というケースや、バーチャルオフィスに変更、という事も考えられ、衰退する可能性もある、と言えます。 賃料の増減も新型コロナウイルス感染症次第、と言えるのではないでしょうか。 ワクチン・治療薬の開発次第では楽観的に捉えられると思いますが、短期的には焦る必要はないと考えられますが、今後の動向は注視しておき、自分自身のライフスタイルをどのようにしたらよいか見極める必要があります。 人の感情を惑わせるような報道に翻弄するのではなく、冷静に物事を見て判断する力は必要ですね。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 応援お願いします! 皆様により良いお話をお伝えする励みになります! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.comLanguage This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

【また悲報】〇〇が起きるのは経年劣化とは限らない!

2020

10 19

【また悲報】〇〇が起きるのは経年劣化とは限らない!

In:

皆様、おはようございます! 今年の秋は雨が多いですね。 部屋にカビなどが発生しないように日頃から気をつけましょう。 さて、本題に入ります。 先日北海道でアパート2階の通路が崩壊し、0歳児のお子さまを含む5人が転落し怪我をされた、という事故がありました。 (アパート2階の通路崩壊し5人転落 苫小牧) https://news.yahoo.co.jp/articles/633f35ecc1e4e3c9a4b3159bed42367de10d03e0 怪我をされた方、1日も早い回復を願っております。 こういう事は決して起こってはならない事で、故意に壊したのではないかぎり善管注意義務そのものだと思います。 ただ、このURLの記事に関して、読者の方の感想・コメントを読んでいると、誤った情報も流れています。 勿論、老朽化、という事も考えられますが、こういう事は経年劣化だけが原因、というものではないのです。 築浅物件でも起こりえる事なのです。 原因のひとつは「不動産経営の失敗」そのものだと思います。 アパートや賃貸マンションを貸して利益を上げるだけが不動産経営ではないのです。 ・借主様(若しくは入居者様)に対してどんなサービスが出来るか ・老朽化しないために日頃からどんな対策を取っているのか ・不慮の事が起きても、修繕にかかる資金対策は十分なのか 他にも様々ありますが、「誰がために」を意識しないと不動産経営は滞り、築年数の有無問わず今回のような事態が起こりえるのです。 管理会社に管理をお願いしているのであれば、貸主様に対してどれだけの提案を日頃から行っているのか、自ら保有している気持ちになって管理を行っていらっしゃるのか、という事を判断する必要があり、管理が十分行われていなければ管理会社変更も視野に入れなければなりません。 自主管理を行っているのであれば、どれだけ物件を日頃から見ているのか、我が子のように大切に扱わなければ今回のような事態が起こりえる可能性が高くなります。 日頃から劣化が進む前に小修繕をまめに行う必要もあります。 事故が起きてからでは遅いのです。 治療費等を保険で賄えばよい、という問題では済まないのです。 こういう事が起き、怪我をされた方は、心の傷も負ってしまいます。 自らがこういう事故に巻き込まれたらどんな気持ちになるでしょうか。 不動産経営はそれだけ難しいものなのです。 賃貸物件を借りる場合、コロナ禍なのでオンライン内見に頼りがちになりますが、契約前には物件を実際の目で確かめる必要はあります。 外まわりなどの修繕は行われているのか、周辺環境はどうなのか、自分自身の肌身で感じることが大事になります。 物件を決める際にはよく見極めることが大事です。 皆様が少しでも安心して暮らせる物件を見つけていき提案していくよう日々意識してまいります。 ☆★☆★☆彡——————彼☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 応援お願いします! 皆様により良いお話をお伝えする励みになります! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…! Please register if you like. Click here→mail@r.enishire.comLanguage This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.