不動産まめ知識

少し中断していましたが…

少し中断していましたが…

少し前に「不動産・風水・植物」をテーマに投稿していました。
こちらの投稿で一旦中断をしてしまいましたが…。
https://enishire.com/73680/2018/09/29/%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%81%ab%e9%a3%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e8%89%af%e3%81%84/



さて、どんな観葉植物がどのような影響があるのか投稿します!

【金運アップの観葉植物と設置場所】
別名「幸福の木」とも呼ばれているドラセナが良いと言われています。
玄関に置くか玄関入ってすぐの角に置くと良いとされています。
玄関は幸運を招く場所、玄関入ってすぐの角は「財位」を表しているからです。
また、北西の角に置いても良いとされています。

【健康運アップの観葉植物と設置場所】
モンステラが良いと言われています。
ちなみにモンステラは健康運だけではなく金運や家庭運アップにも繋がると言われています。
リビングや寝室がオススメです!

【商売運アップの観葉植物と設置場所】
まっすぐ上に上にと伸びていく「パキラ」が商売運アップに繋がると言われています。
どの場所に置いても良いとされていますが、
金運アップと同様に「玄関」に設置するのがとくに良いようです。



【恋愛運アップの観葉植物と設置場所】
アンスリウムがオススメです。
それもピンクのアンスリウムがとくに良いようです。
ウエディングブーケにも利用されています。
設置場所にオススメなのが家の西側。
しかし結婚運を高めたいのであれば家の東側がオススメのようです。

【仕事運アップの観葉植物と設置場所】

ユッカ以外に「ユッカ」がオススメのです。
ユッカは別名「青年の木」と呼ばれ、
成長や発展を意味しているようです。
玄関や机の真正面に置くのがオススメで、
机の真正面に設置するとパソコンの悪い気を中和させてくれるようです。

【対人運アップの観葉植物と設置場所】
ガジュマルがオススメです。
ガジュマルは精霊の木とも呼ばれ、キジムナーが(沖縄の精霊)宿り、
座敷童のように親しまれています。
設置場所のオススメは南東の方向に置くと良いとされています。

【家庭運アップの観葉植物と設置場所】
オーガスターがオススメです。
オーガスターは「周囲の人がバックアップし開運へと導いてくれる後援運の効果」があると言われています。
設置場所にオススメなのがリビング。
方角的には北西の方角は後援運アップ、
西の方角は子供運アップすると言われています。
また玄関に置くと厄除けの効果があるとも言われています。



植物を置くことにより風水的に良くなるように捉えるようになったり、
植物からパワーを頂いたりすることもあります。
上手に取り入れてより良い「住まいづくり」を行っていきたいですね!

植物の事についてはまた機会を改めて投稿します。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓











なぜ「建物未登記物件」が存在するのか?

なぜ「建物未登記物件」が存在するのか?

私も以前は不思議に思っていました。
建物を建築する際には「登記」が基本なされているのに、
意外と「未登記物件」と呼ばれている建物未登記物件が多いのを…。

未登記物件が存在する理由のひとつとして…



金融機関から融資を受けずに自らの現金で建物を建築される方がいて、
抵当権設定登記をしないために建物を登記しないケース
が一昔前にはありました。
そういう物件も存在します。

では、そのような物件なので建物を解体した際に何も手続きを取らなくて良いのか?
と聞かれれば答えはNoです!

どのような手続きを取るのでしょうか?



そのような場合、
家屋滅失届出書を提出する必要があります。
家屋滅失届出書は市区町村などのホームページからダウンロードすることができ、
解体業者に署名・捺印してもらってから提出します。
詳細は市区町村ごとに変わってくるので、
資産税課や税務課など税金にかかわる部署に問い合わせましょう。



「土地だから…、更地だから…」ではなかなか上手くいかないケースもあります。
このような事に直面したら専門家に相談してみましょう!

滅失登記・家屋滅失届出書の理解の必要性が伝わりましたでしょうか?

またこのような事は随時掲載していきます!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓













自然災害と不動産…

自然災害と不動産…

お昼のブレイクタイム、
少し話題を変えます。

台風24号の影響で電気の復旧がかなり時間がかかりそうな地域があります。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000002-at_s-l22
今年は地震や大雨、台風など様々な自然災害が発生しています。
自然の驚異に立ち向かう事の難しさを感じます。



日頃からの防災や減災の意識を持つことも大事ですが、
やはり環境を守る事も同時に考えなければなりません。

今ブログの内容が途中になってしまっていますが、
風水に「植物を取り入れる」事も実は身近で出来る自然環境保護のひとつではないかと考えています。
微弱ながらでも二酸化炭素を減らす事も出来ますし、
何よりも身近で出来る環境対策ではないかと…。



日々のほんの少しの「意識改革」の積み重ねで、
災害リスクを減らせるのではないかとも思っております。

不動産についても同様です。

日本は「新築」を好む傾向があります。
新築は安全という考え方かもしれません。
それについて否定はしません。
新築を建てるのであれば使う部材はリサイクル品をもっと増やすなど、
環境保護の意識を高める事も必要だと思います。

中古のリノベーションは環境保護にも繋がる事だと思います。
物を大切にする心、
それが自然環境を大切にする事になるのではないでしょうか。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓











甘く見ると危険な「滅失登記」について

甘く見ると危険な「滅失登記」について

少し前ですが「空家問題」について投稿しました。

https://enishire.com/73680/2018/08/24/%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%e6%94%be%e7%bd%ae%e3%81%af/

https://enishire.com/73680/2018/08/25/%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%e6%94%be%e7%bd%ae%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8c%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/

相続における問題は「空家問題」だけではありません。
土地(更地)を相続した場合、
下記の事を見直したことがありますか?
相続だけではありません。
譲渡された場合も同じです。



「謄本」を確認していらっしゃいますか?
更地にしているのにも関わらず、
過去に建物がありそれを建物滅失登記していなかったケースがあります。

「別に既に建物がないのだからそれでいいのでは?」と仰る方もいそうですが…。
滅失登記を行っていなかったがために大変なことになりかねません!

滅失登記とはいったい何の事でしょうか?



滅失登記とは法務局の登記簿から建物がなくなったことを登記する事です。
実は建物解体後1ヶ月以内に滅失登記を行わないとデメリットが発生する場合があります
それは…

・土地の売却ができないケースが発生する
・解体した建物に固定資産税がかかり続ける
・建築許可が出ないため、更地にも関わらず建て替えができない
・建物の所有者が亡くなった場合、建物滅失登記の手続きが煩雑になる
・建物滅失登記は申請義務があるため、怠ると10万円以下の過料に処される場合もある




その土地をいざ売却しようとして滅失登記がされてなく売却出来なかったり、
その土地に何か建築しようとして建築が出来なかったりすれば「負の遺産」になります。
また行政罰に問われることも…。



ではどのように滅失登記を行ったらよいのでしょうか?

一番良い方法は「土地家屋調査士」に委任する事です。
エリアや物件の広さ等によって金額は異なりますが、
数万円費用が発生します。
また処理が複雑になれば金額も嵩んできます。
※滅失登記の委任が受けられるのは「土地家屋調査士」のみです!

費用を抑えるのにはどのようにしたら良いでしょうか。

委任しなくてもご自身で出来る場合があります。
その方法を述べます。

【滅失登記の期日・提出場所】
・建物を解体後1ヶ月以内
・物件所在の最寄りの法務局(郵送でも可能です)

【必要書類】
・建物滅失登記申請書(法務局のWebサイトからダウンロード可能) http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html
・案内図(取壊した建物の位置を記した地図)
・取毀(とりこわし)証明書(解体を依頼した会社からもらう)
・取り壊した会社の登記事項証明書(解体を依頼した会社からもらう)
・取り壊した会社の印鑑証明証(解体を依頼した会社からもらう)
・原本付還付請求書(原本還付が必要な場合のみで法務局に確認が必要です)

【場合によってはこのようなものも…】
・滅失した場所の写真

【滅失されている建物所有者が亡くなっていた場合は…】
以下の書類も必要になります。
・亡くなった人の戸籍謄本または除籍謄本
・相続人の戸籍謄本(亡くなった人の戸籍の中に相続人の記載が無い場合)
・亡くなった人の住民票の除票、または戸籍の附表

【滅失登記の仕方※一般論】
1.登記簿の特定
解体する建物の登記事項証明書(登記簿謄本)を取得して、不動産番号、所在、家屋番号、種類、構造、床面積などの登記内容を確認
2.登記申請書の作成
作成は登記名義人、共有の場合はどなたか代表者、または土地家屋調査士
3.解体業者からの書類を入手
必要書類は上記の通り
4.書類が揃ったところで法務局に提出

費用は1,000円程度で出来るようですが、
書類は郵送でも出来ますが書類の不備等では受付が出来ませんので、
法務局に出向いて確認をしながら提出する事が無難です。

では、相当前に解体を行い、
解体業者に連絡がつかなかったり書類が頂けない場合はどうすればよいのでしょうか?

その場合は自分自身で行うのはほぼ無理な話になり、
土地家屋調査士に依頼するしか方法はございません。
またそのようなケースの場合は別途費用が掛かります。



よくある「未登記物件」についてはどのように処理するのでしょうか…?
それは次回以降に投稿します。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓












相手の事を思う事が…

相手の事を思う事が…

10月になりました。
今月も宜しくお願い致します。

さて、最近再認識した事があります。



売る側・買う側・貸す側・借りる側がそれそれ「相手」の事を見ている事が大事だと…。

例えば貸す側になったとします。
その場合こんな事を考えるのではないでしょうか?
「できるだけ修繕費用を抑えたい」
「このくらいの修繕にしてどの位で入居が決まればどのくらいの利益が出るのだろうか?」
等、利益の事を第一に考える方が多いのではないでしょうか?

それはもっともな意見だと思いますが、
このように置き換えた事はございませんか?
「この程度の修繕で自分自身はこの家に住みたいか?」



それが借りる側の答えなのです!

必要以上な修繕を行う必要はありませんが、
少なくとも「自分自身が住める」「自分自身が住みたくなる」という修繕を行うことも必要になる事があります。
相手(借りる側)は住まいを提供されることで「対価」を毎月支払うのです。
気分よく住む事が出来ればその対価は「感謝」になるのです。
転勤等の事情が生じない限りできるだけ長く住もうとも考える方も増えるのです。
貸す側となって「上から目線」では借り手はつかないのです。

逆も然りです。
貸す側に対して「上から目線」ではいけないと思います。
「相手に賃料を支払ってるからいいんだ!」では決して住み心地も良くなくなり、
ときには物件を雑に扱う事になります。
それが自らの不注意で退去時に原状回復費用を請求される事にも繋がりかねません。



売買も同様です。

売却する側にとっても購入する側にとっても、
ほんの少しの配慮で「良い取引」になっていくのです。

案内の際に少し綺麗にしておくとか、
居住中の家に案内された時に挨拶をするとかだけでも雰囲気が違ってきます。



先週末茨城県内で3件の現地調査・査定がありました。
売主様から色々説明があり、
相手の事を思う気持ちが伝わってきてとても良かった経験となりました。
この事につきましてはまたHP等でアップしてまいります。



今月はどのような1ヶ月になるのでしょうか…。
とてもワクワクしています!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓












どこの位置に飾ったら良い?!

どこの位置に飾ったら良い?!

植物は風水で良いことは前回までに述べてきました。
では家の中でどの位置に植物を飾ったらよいか気になりますよね?

今回はその事について述べていきます。



とくに良いと言われているのが…
・玄関
・玄関
・トイレ
・子供部屋
・書斎、オフィス
・寝室
です。

玄関は全体運を最も左右される場所と言われています。
その場所に良い「気」を呼ぶための植物を置くことでプラスの作用になると考えられています。
とくに外から見て右側(家の中から見て左側)に植物を置くと運気がさらにアップするそうです。

1.日影でも育てやすく
2.暑さ・寒さにも強い
植物がオススメできます。
・モンステラ
・パキラ
・ドラセナ
・ポトス
・オリズルラン
等が相性が良いようです。



トイレは古くから悪いものが出てくる場所で、
風水でも不浄の場所とされてきました。

トイレは意外と窓がない物件も多く、
暗く通風も良くないので、
耐陰性があり、湿気のある場所でも育てやすい植物が適しています。

トイレのような不浄な場所と言われている場所には、
心を落ち着つかせる丸い葉の観葉植物
邪気を払う先が尖った観葉植物

が風水には良いようです。

・アイビー
・ポトス
・サボテン
等がオススメできます。



子ども部屋や書斎、オフィスに観葉植物を置くことで、
集中力を高めたり、勉強や仕事などの効率化を狙う事が出来るようです
とくにパソコンの近くに置くと、
電磁波を吸い込み運気がアップするようです。

・パキラ
・ユッカ
等が仕事運や勉強運アップになる植物と言われています。



寝室は一日の疲れを取る場所でもあり、
リラックスする場所でもあります。

気持ちをゆったりされる効果を期待したり、
空気清浄の効果を期待する観葉植物がオススメです。
・トラノオ
・アンスリウム
・モンステラ
等がオススメです。



ちなみに方位別で捉える風水の考え方があり、

:貯蓄運
北東:不動産運
東:仕事運、発展運
南東:恋愛運、結婚運
:人気運、直感力、知性力
南西:家族運、不動産運
西:金運、恋愛運
北西:貯蓄運、事業運、地位・社会運
と考えられ、
この意味合いに適した観葉植物を置くと運気がアップすると考えられています。
この続きは…。

風水の事は明日はお休みで、
明日皆様に重大なお知らせがあります。
お楽しみに!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓














葉の形が不動産に…??

葉の形が不動産に…??

昨日の投稿で「観葉植物の葉と風水」について触れること述べました。
葉の形が生活面でどのような影響を与えそうなのでしょうか?



1.丸みを帯びた葉の形・丸い形の観葉植物
このような葉の形には
・調和(人間関係の運気アップ)
・金運アップ
がみられるようです。
余談ですが、調和といえば私が投稿したYouTubeのようです。



パキラ、ベンジャミン、ガジュマルがその一例です。
人間関係の運気アップならば、オフィスやリビング、店舗など人が集まる場所に設置するとよく、
金運アップを見込むのであれば北西に置くとよいと言われています。


2.ハートの形のような葉の観葉植物

このような葉の形の植物は、
人間関係の運気アップや恋愛力を高める効果があるようです。
金運アップにも良いようです。



恋愛運アップならば東南側に設置、
良縁や新たな出会いを期待するのであれば窓際や玄関に設置、
金運アップを期待するのであれば西、北西、南に設置するのが良いようです。

モンステラ、ハートカズラ、アンスリウムが一例です。



3.葉先が尖った観葉植物


このような種類は「気」を放ち、成長、成功、発展のパワーを持つようです。
そして悪い「気」の侵入を防ぐことも言われています。

玄関や各部屋の出入り口に設置すると厄除け・魔除けになるようで、
鬼門と言われる北東裏鬼門の南西に置くのも良いとされています。

ユッカ、ドラセナ・コンシンネ等が一例です。



4.上へ上へと伸びていく観葉植物

このような植物は成長・発展の気があると言われています。
仕事運や勉強運アップにもつながるようです。

オフィス・お店・勉強部屋など勉強や仕事に繋がる部屋に設置すると良いとされ、
また開店祝い等の贈り物にも適していると言われています。

ユッカ・パキラ・コニファー等がその一例です。



5.空気清浄のある観葉植物

植物には空気を浄化する作用がありますが、
その中でも空気清浄の効果が強い植物があります。
そういう植物を生活空間に取り入れ、
空気を清潔に保つことで良い「気」が流れ運気アップになると言われています。
空気清浄作用の強い観葉植物は、
悪い「気」の浄化能力に優れ魔除け・厄除け効果もあるようです。

鬼門の北東や裏鬼門の南西、
玄関や各部屋の出入り口に置くのが良いようです。

サンセベリア(トラノオ)、ポトス等がその一例です。



この一部を取り入れるだけで、
現在の生活から少し良い気が流れてくるのではないでしょうか。
植物を取り入れる事は不動産にとっても必要な事だと考えております。
悪い気のもの(物件)を購入したり借りたりしてしまっても、
植物を風水の見方で取り入れることにより改善が出来る可能性もあります。

空気が浄化する事は健康にも繋がってきます。
植物を取り入れたライフスタイルを提案していきます。

もう少し植物に関する風水の事を投稿していきます。
お楽しみに!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓











不動産に取り入れることによって…

不動産に取り入れることによって…

風水で良い方向に考える時、
植物を不動産に取り入れるのは「手っ取り早いから」だけではない
と昨日投稿しました。
https://enishire.com/73680/2018/09/26/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%81%A8%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%80%A7/

それはどういうことなのか…



植物には「自然のパワーが凝縮されている」と言われています。

・土に根を張る「大地のパワー」
・太陽の光に向かって伸びる「太陽のパワー」
・水を吸収してグングン成長する「水のパワー」
・植物そのものの「生命のパワー」

その恩恵を受けることが出来るとされています。

自然と調和した生活を送ることで「気」が流れ、
運気アップに繋がります。



植物のもつパワーを暮らしの中に取り入れることで、
身近なところで運気アップも考えられますね!

しかし…



気をつけなけらば運気ダウンになってしまう事もあります。
その注意点を下記に述べます。

1.植木鉢の素材に注意
生花店等では「プラスチック製」の鉢植えで販売されていることが多いですが、
自然素材ではないので基本はNGです。
素焼き等の鉢に植え替えを行うか、
室内に置く場合は陶器や籐製の鉢カバーで覆い目隠しをするようにしましょう。

2.清潔に保るようにする
室内において葉の上に埃が溜まっていたり、
枯れた葉がつきっぱなしでは、
運気を下げかねません。
日頃からのお手入れは必要です。
綺麗にする事は「心磨き」にもなります。

3.その場所に適した大きさのものを育てるようにする
狭いところにぎゅうぎゅうに植物を置いても息苦しさを感じたり、
生活の妨げにもなりかねませんので、
その場所にとって程よい大きさの植物を育てるようにしましょう。

4.植物の管理は確りと行う
植物は「生きている」からこそパワーを感じることが出来ます。
枯れてしまっては元も子もありません。
しかし風水の考え方は違い、
・植物が身代わりになってくれた
・弱っていた自分自身に植物のパワーをくれた

と捉えるようです。
枯れてしまった植物にも感謝の気持ちを持つことが大事です。
しかし、いつまでも枯れた植物を置いておくと運気は下がりますので片付けるようにしましょう。



ところで、室内には「観葉植物」を取り入れることで運気が変わることもあるようです。

次回より
・観葉植物の葉の形と風水
・どのような観葉植物がどんな効果があるのか
等を取り上げていきます。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓











植物と不動産の関係性…

植物と不動産の関係性…

少し前の投稿ですが、
「植物を暮らしの中に取り入れると健康に良い」事を投稿しました。
https://enishire.com/73680/2018/09/22/%e8%89%af%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%ae%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6/

それは「不動産」そのものにも言える事です。



「風水」を気にされる方がいらっしゃいます。
植物は風水にも影響があります。
それを不動産に取り入れることで気持ちが前向きになるのではないでしょうか。

この事について数回に分けて投稿します。



まずは「風水」というものは何かご存知でしょうか?
風水は、万物が持つ「気」の力を利用して運気をあげるという環境学で、
古代中国で生まれ6世紀頃に日本に伝わったと言われています。

人の運は、周囲の環境に大きく影響されるため、
環境を整えて「気」の流れを良くすることで運気アップになり、
開運につながるという教え
です。

日本で最初に風水を取り入れたのはのはどなたでしょうか?
諸説ありますが、そのうちの一人が聖徳太子です。
その当時の風水は都市作り・寺社仏閣の建設・戦術に利用され、
人・方位・時間・季節等々あらゆる環境を整えることで運気アップに努めていたようです。

そう過去があり、今の風水になっています。

では、なぜ植物と不動産が風水に関連しているのでしょうか?



それは、植物を取り入れる事は意外と手軽で、効果が期待できる方法のひとつと考えられているからです。

風水を取り入れるための間取変更をしたりするのには費用も時間かかり、
風水を全ての箇所に取り入れた建築を行うと使い勝手が悪くなったりして、
暮らしそのものが快適でなくなり、
何のために風水を取り入れたのかわからなくなることもあるからです。

それよりも自らが使い勝手の良い間取りにして、
植物を上手に取り入れる方が簡単ですよね。

「手っ取り早い」という理由だけではありません。
それ以外の理由は次回以降の投稿に行います。
(続く)


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓












マンションは〇〇が左右?!

マンションは〇〇が左右?!

昨日は区分マンションを4つに分類して特性とどのような方がタイプなのかを投稿しました。

ところでこの4つとも共通している事があります。
「区分マンション」という事ではありません。

何が共通しているのかというと…。
マンションを購入する時に気持ちが高ぶり意外と見落としがちな…



「管理」が資産価値を左右する
というくらい「管理状況」が何よりも大事な事だと考えております。



なぜ管理が大事なのか皆様は検討つきますか?
その事について述べていきます。

まずは分譲マンションの管理運営方法3つあります。
・自主管理
・一部管理委託
・全部管理委託


自主管理は管理組合が自ら(1)出納・会計業務 (2)建物管理業務 (3)管理員業務 (4)理事会運営 (5)24時間緊急対応 (6)長期修繕計画作成 (7)その他 等があります。
上記部分を管理組合自らが行う管理の事をいいます。
メリットはコストが削減できる事。
デメリットは所有者が賃貸にして外部オーナーになった場合や、
組合員が高齢になって総会等に出られなく管理運営に支障をきたす懸念があることです。

一部管理委託は上記自主管理とこれから述べていく全部管理委託の中間的なものです。
コストは全部管理委託より抑えられるものの、
どの部分を委託するかしっかりと組合員同士で話し合いを行い納得する事が必要になります。

全部管理委託はそのマンションの管理を全部委託することです。
総合管理ともいえ、
コストはそれなりにかかるものの、
専門的な事についてアドバイスを受けたり、
自らが出来ない部分の管理を行ってもらえるというメリットもあります。

ちなみに「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」という法律がありますが、
この法律上でいう管理というのは「基幹事務」の事を指していて、
・管理組合の会計の収入及び支出の調定
・出納
・マンション(専有部分は除く)の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整
の事になります(法第2条第1項第6号)。
これを受ける管理会社は同法の規定に従う事になっています。
※詳細URL http://www.ktr.mlit.go.jp/kensan/kensan00000035.html

難しい事はさておき、
管理運営に支障がきたしたらどのような事になるのでしょうか…??
答えは…





写真は極端かもしれませんが、
管理運営に支障が出るといずれは「廃墟」に近い形になりかねません。
日頃の些細な「管理運営」の部分を怠ること、
それの積み重ねが…。
流行している言葉で言えば「資産」ではなく「負動産」というのでしょうか。

私自身もこの業界の経験が浅いころ、
直属の上司に言われていた言葉が「マンションは管理を買え!」という事です。
それは時代が変わっても同じ事で、
日頃の管理運営の良し悪しで将来の価値に影響が出てきます。

例えば出納・会計業務に支障が出れば、
委託業者への支払いが滞り、
取引が停止になる事もあります。

長期修繕計画を立てなければ、
いつ頃どのような工事が必要になり、
概算はどの位になり、
それまでにどのくらいの修繕積立金が必要になるのかも見えなくなりますし、
その計画も時々見直しをしなければなりません。



自主管理が良いのか一部管理委託をするのが良いのか、
それとも全部管理委託をするのが良いのか一長一短のため、
各物件によって異なりますが、
少なくとも「管理運営」がきちんと行っている区分マンションでなければ、
購入して後々に後悔する事になります。

住民・組合員同士の積極的な交流があれば「管理会社の変更」も視野に入れることが出来ますが、
とくに大規模なマンションではなかなか全員の意見を聞く機会に恵まれない事もあります。

物件の内覧をする際には、
管理状況のヒアリングが出来なくても、
・共用部が綺麗になっているか
・不法自転車のようなものが駐輪していないか
・ゴミ置き場はどんな状況か、等
視野を広げて見回してみる事でも判断材料のひとつになります。

以前オフィスビルの管理会社に在籍していた際には、
複合型マンションの理事会にオブザーバーとして数年参加していた経験もありますので、
お客様目線の意見を述べることも出来ると思います。

分からない事は是非ご質問くださいませ。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓