부동산 토막 상식

それだけではない、事故物件!

2018

8 11

それだけではない、事故物件!

In:

「えっ!事故物件は死亡案件だけではないの?」 なんと、それだけではありません! 昨日まで弊社の「事故物件」のブログを読んでいただきました皆様! 油断は禁物です! もし皆様が物件を所有されていた場合、 いつ皆様の物件が「事故物件」になってしまうかわかりません。 脅かしではありません。 それは「心理的瑕疵」以外の事です。 代表的な例ですが失火等の火災に見舞われた時、 これは「事故物件」になってしまうのです。 火事になってしまい補修では利用できない物件を更地にしてしまっても、 「この場所で火事がありました」という事実を告知しなければなりません。 ボヤについても同様です。 ・どの程度の火災があったのか ・怪我等の有無 等話す必要があります。 地震に関しても同様で、 ・地震で建物が破損した ・地震による液状化が発生した ・地震による津波で浸水した 等1次的被害以外に2次的被害についても同様に「告知事項」に当たります。 自然災害で台風やゲリラ豪雨による浸水も同様です。 このように捉えると「心理的瑕疵」以外に、 日常生活でいつ起こり「瑕疵物件」になってしまうかわからない状況があります。 物件を借りていた場合、 建物が自然災害等で修復が出来ないくらい状態になった場合は、 その時点で「契約終了」になってしまいます。 不安が常にある状態ですが、 日頃から「物件を意識しておく」ことで例えば耐震補強を行っておくことで、 倒壊までいかなくても多少の破損で済む場合もあります。 修復すれば十分物件を使用する事も出来る場合があります。 建物の基礎部分も同様です。 「瑕疵物件」と意味合いが異なりますが、 あまり湿気が多い等状態が良くない場合は時間の経過により白アリの発生率も高まります。 自宅や事務所・店舗など、 様々な物件を一度点検する事は大事な事です。 費用は発生するものの専門業者等に診断してもらう事で建物崩壊を未然に防ぐ案を頂くこともできます。 建物倒壊による命の危険から身を守る事ができますよね。 そして万一の事に備えて「火災保険」や「地震保険」等の契約内容の確認です。 ・保証金額の限度額 ・保証内容 ・免責事項 等様々なところを把握しておかなければなりません。 現在は火災保険の保険期間は最長10年間ですが、 保険期間の見直しが入る前は最長35年間という契約になっているものもあります。 過去に住宅ローン等を組んでその際に保険を加入された方は注意が必要ですし、 保険会社によって保証内容が異なっています。 中には避難した場合に避難見舞金として1日当たり幾らという保証がついている契約もあります。 賃貸に入居されている方も「保険」については見ておくことも必要です。 放火は別ですが失火等は日頃から火の元の用心を強く意識する事で「事故物件」になる事が未然に防げますし、 「日頃の暮らし方」ひとつでいざという時に慌てずに済むこともあります。 「ではどうしたら良いのかしら?」 と疑問に思われる方がいらっしゃいましたら私までご相談ください!

→ Read more

他殺による事故物件...

2018

8 10

다른 사람 이라고에 의해 사고 부동산…

In:

私自身不動産管理に特化した企業には約8年半勤務しておりました。 それ以外にも不動産会社に勤務、 その後独立して今日に至るまで不動産業界約16年。 賃借人様、入居者の方が賃貸契約中に犯罪を犯すケースはありました。 横領や詐欺、大麻取締法違反等。 しかしながら傷害事件や殺人事件のケースは1件もなく、 「他殺による事故物件」の物件紹介も行ったことがありません。 従って現在わかる範囲での投稿を行います。 「自然死による事故物件」「自殺による事故物件」よりも、 物件の取り扱いが難しくなると感じております。 犯人が刑期を終えて出所した時に、 もしかしたらまたこの物件に戻ってきて、 とも推測が出来るからです。 物件の購入希望者や次の賃借人様を見つけるのは容易ではなく、 金額を下げれば決まるかと言えば疑問です。 戸建住宅や賃貸アパート等であれば暫く様子を見てから一旦更地にして、 という事も考えられますが、 区分所有マンションではそういう訳にはいきません。 ここの扱いをどうしていったら良いのか、 私達宅建業者もとても悩むところで、 どれが正解か見つけなければなりません。 賃貸の場合ですが、 「自らが命を絶ったのではない」という観点から、 借主様(入居者様)のご遺族の方には「原状回復費用」しか請求できません。 ご遺族の立場になった場合それも納得がいかないと思いますし、 物件所有者(賃貸人)の立場でも納得がいかないと思いますが、 現況ではそのような形しかないのです。 加害者にどう請求するのかは別問題として、 賃貸借契約上の貸主・借主の立場では上記対応のみしか出来ません。 それからこのような事が発生してしまった場合は、 やはり「防犯対策」はきちんと行わなくてはならないでしょう。 被害者のご遺族の方、 物件の所有者等の精神的部分と金銭的部分のケアをもう少し日本全体で取り組まなければならないと思っております。 こういう悲しい事が無くなる世の中であったほしいです。 肝心な事をここで述べます。 「自然死による事故物件」「自殺による事故物件」「他殺による事故物件」とも、 告知についての期間の定めですが。 よく「1回賃貸契約したから次から告知しなくてもよい」とか、 「売買の場合10年経過したから告知しなくてもよい」と聞きますが上記はNGです! 実は決まった期間の明確なルールがなく、 これも地裁による判例しかない状況です。 同じように隣の部屋で告知事項が発生した場合も現在地裁の例を取り上げるしかない状況です。 このへんのルールは宅建業者として定めてほしいという気持ちはありますし、 こういうケースに当たった場合は弁護士の方と相談することが現状です。 期間の有無等関係なしに説明を行っておいた方が、 売主様・買主様、貸主様・借主様双方が後々のトラブルに発展せずに済むのかもしれません。 【ブログ著者プロフィール】 安孫子 友紀 縁(えにし)合同会社 代表 http://enishire.com https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、 同年9月より営業開始。

→ Read more

自殺による事故物件...

2018

8 09

자살에 의하여 사고 부동산…

In:

ある日「一人前に成長した息子(娘)を失った。 なんでこんな事に。」 最近若年層の自殺が増えてきています。 自分の居場所が見つからず、 自ら借りているアパートやマンションで。 単身赴任の方が仕事疲れで、というケースも。 管理を行っていて何度かそういうケースが発生したことがあります。 とくに仕事納めの日にそういうケースがあると暗い年末を迎えなくてはなりませんし、 ご遺族の方の心情を考えると心が痛くなります。 といっても、不動産業者は毅然としなくてはならないのが悲しいですが。 「自殺による事故物件」ですが、 自然死の場合と違い、 発見の時間経過は関係なく必ず「告知」しなければなりません。 これは次にその物件を使用される方の心理的な事もあるからだと思います。 「自殺」といえば明るい気持ちから自殺を考える方はほぼ皆無で、 やはり心情的に良くはありませんので賃貸にせよ売買にせよ金額を下げなければなりません。 過去に取り扱ったケースでは、 (賃貸の場合ですが)周辺事例等による賃貸価格から査定した価格の半額~6割程度で募集を行い貸し出しを行いました。 価格を下げても成約はしにくく、 半年程度空室状態のままという事もありました。 当然価格を下げておりますので、物件所有者(または賃貸人様)は想定していた収入より激減します。 ここで気をつけてほしい事があります。 「自然死による事故物件」と異なり、 「自殺物件」につきましては、 賃貸の場合ご遺族の方には「原状回復工事費用」以外に「減額分の賃料相当額」を請求することが出来るのです。 これはわかりますよね?! 自然死と異なり自ら命を絶ってしまい、 正常に利用できる物件が心理的瑕疵が残ってしまう、 という事です。 自殺は残された家族だけではなく、 周囲の方にも迷惑を掛けます。 まわりの方の事を考えたら決して行ってはいけません。 迷惑を掛ける前に周りの方等に相談をしましょう。 相談する事で気持ちが楽になったり違う事が考えられることもあります。 残された家族は悲しみだけでなく、 「金銭的負担」も背負わされてしまうのです。 賃料が高ければ高いほど負担額も大きくなってしまい、 家庭崩壊に繋がりかねません。 大丈夫です! 生きていれば今は良くなくても必ず「晴れ間」は訪れます! 【 블로그 저자 프로필 】 安孫子 友紀 커브 (えにし) 합작 회사 대표자 http://enishire.com https://Www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017 년 7 월, 도쿄도 스미다 구에 사무소를 두고 같은 해 9 월부터 영업 시작. 택 지 건물 거래 업 중심으로 사업 전개. 부동산 매매/임대/관리 뿐만 아니라 부동산 활용 진로 등의 상담 업무 및 이주 • 이중 집 정책 지원 등도 하 고 있다. 메일로 질문 등도 가능 하다. info@enishire.com

→ Read more

災害から不動産を守る...

2018

8 08

재해 로부터 재산을 보호…

In:

台風13号の影響が懸念されている関東地方です。 不用意な外出を控えて防災対策を行いましょう。 今朝もサブホームページブログで触れましたが、 防災・災害と不動産は関わりが深いところがあります。 まずは不動産管理面。 不動産の管理はアパート・マンションだけでなく、 オフィスビルや店舗等もあります。 私もオフィスビルのPMを行っていたことがあり、 普段から防災意識を高めるのにどのようにしたら良いか色々考えておりました。 テナント様には防災訓練の参加等を呼び掛けていました。 それから台風や大雪が近づいてきた際には土嚢を置いたり、 側溝の清掃などの実施を清掃会社に依頼したり、 大雪が降った際には雪かきなどを行う等、 会社で対策を取ってまいりました。 日頃の意識が大事になってきます。 東日本大震災後、 一時企業でも「備蓄」の事が言われてきました。 東日本大震災の時は「金曜日」という事もあり、 「自宅に戻らないと」という気持ちが強くなって歩いて戻られる方が大勢いらっしゃいましたが、 もし仕事場の建物が安全であるならば、 「備蓄」を行っていれば暫くは会社に留まる事も出来、 社員の方の安全確保にも繋がります。 これは住宅でも同様で、 無理して外に出て危険性を伴うのであれば、 外へ出るのをやめる、 という選択肢があります。 そのためには「備蓄」が必要になる時があります。 そして心配なのが2次災害。 地震や津波、土砂災害や洪水等による建物の破損・倒壊。 そして火災発生など。 これも完璧にとは言えませんが予防することが出来ます。 その一つが耐震補強等を含めた補修工事を実施することです。 現在「告知事項物件」について投稿を行っていますが、 実は「心理的瑕疵による告知事項」の後に掲載しますが、 自然災害等で建物等に影響を及ぼした場合も「告知事項」に当てはまります。 自らが「告知事項」から防げる要素があるのです。 それから時間のある時に「損害保険」の加入の有無や、 加入保険の内容確認も必要です。 保証限度額や保証内容、 そして地震保険の加入の有無等知っておくことがたくさんあります。 万一の時に「こんなはずではなかったので」を避けたいものです。 不動産は見方を変えれば「自らの身を守ってくれる」ものにもなるかもしれません。 もう少し日頃から防災と不動産の関連を意識するのも良いかもしれません。 では、台風13号には十分気をつけてお過ごしください。 それから他地域の方も「熱中症」には気をつけてお過ごしください。 建物に入りエアコン等で体温調整を上手に行いましょう。 【ブログ著者プロフィール】 安孫子 友紀 縁(えにし)合同会社 代表 http://enishire.com https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、 同年9月より営業開始。 宅地建物取引業を中心に業務展開。

→ Read more

自然死(病死を含む)による事故物件...

2018

8 08

자연사 (병사를 포함)에의 한 사고 부동산…

In:

少子高齢化の時代。 そして単身世帯が増え続けている現状。 暗い話題ですが「孤独死」が今後増えるのではないかと推測しております。 突然の病で普段から他の方達の交流が少なく、 発見が遅れたケースあるかもしれません。 「自然死(病死を含む)」による事故物件も孤独死と同様増えていくと思います。 「自殺物件」や「他殺物件」と異なり、 このような物件をどう捉えるかで物件の見方が変わってくると思います。 自然死の物件の場合は致し方ないと思われます。 誰もがいつか迎える事なので。 しかし事故物件になれば少なくとも周辺の価格相場より安く抑えられるケースもあります。 賃貸の場合はどんな事故物件にせよリフォームは行うのが通例ですし、 売買の場合は(購入前・購入後問わず)リノベーションを行うと思います。 もし希望条件に当てはまり、 立地等も良かった場合、 「誰もが将来迎えること」と捉えれば気にしない方もいらっしゃると思います。 自然死ケースの場合もきちんと事情を説明することが大事です。 それによって心理的な部分が少しでも改善されることになると思います。 今後このようなケースが増えてくると感じておりますので、 どのようにしたらスムーズに取引が出来るのか考えていきたいと思います。 もし悩まれていらっしゃいましたらご相談ください。 一緒に解決方法を探しましょう。 ところで自然死(病死を含む)による告知事項の事ですが、 「遺体が腐乱していない場合(時間が経過しないで発見された場合)」は、 告知義務は発生しないという見解があります。 ただし、告知義務は発生しないからといって黙っているのは良くありません。 後々のトラブルに繋がってしまう恐れもあります。 きちんと説明しておいた方が無難だと思います。 それから賃貸の場合ですが、 自然死による告知事項義務が発生した場合、 入居者(賃借人)の相続人に対して請求できるのは「原状回復費用」のみです。 賃貸経営をされていらっしゃる方は寝耳に水かと思われますが、 これは自らが命を絶ったのではないという考えもあると思います。 間違っても将来に渡って想定される賃料の差額分を請求したら訴訟になった場合は敗訴になりかねません。 この点は賃貸経営の予測できないリスクかもしれませんので、 賃借人様に対して賃貸保証会社のご加入が入居条件にするのがベターだと思います。 【ブログ著者プロフィール】 安孫子 友紀 縁(えにし)合同会社 代表 http://enishire.com https://Www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017 년 7 월, 도쿄도 스미다 구에 사무소를 두고 같은 해 9 월부터 영업 시작. 택 지 건물 거래 업 중심으로 사업 전개. 부동산 매매/임대/관리 뿐만 아니라 부동산 활용 진로 등의 상담 업무 및 이주 • 이중 집 정책 지원 등도 하 고 있다. 메일로 질문 등도 가능 하다. Info@enishire.com 블로그 등의 목록… https://Peraichi.com/landing_pages/view/enishire 【 한국어 블로그 마을에 참여 하 고 있습니다 】 만약 좋았어요 수 배너에 응원의 「 ポチ 」를 부탁 드립니다! 위안 수 있습니다!

→ Read more

心理的瑕疵物件(事故物件)の行方...

2018

8 07

심리적 하자 물건 (사고 부동산)의 행방…

In:

「最近引っ越しを検討しようと思って。 少しでも初期費用が安くなれば助かるんだけど、 でも事故物件は。」 と思われる方も多いと思います。 Yahooニュースでも番組出演をきっかけに事故物件に住み続けている芸能人の方の事が投稿されました。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00157997-suumoj-life 弊社では設立間もないため今のところ事故物件の成約はありませんが、 私の今までの経験で心理的瑕疵物件による事故物件は複数件手掛けた事があります。 ※約16年不動産業界の経験がありますが傷害事件や他殺事件の物件は手掛けた事がありません。 売買仲介を行っていた時はご高齢の方の自然死。 近隣にご親戚がいらっしゃったため数時間での発見でした。 管理を行っていた時は複数件自ら。 この時もご家族が異変を感じてすぐに発見されました。 自然死のケースでしたが、 発見後数時間という事と、 かなりのご高齢で「この物件は長生きが出来る」という考え方から、 購入の方に告知をしても特段問題なく販売が出来ました。 複数の自殺物件のケースですが、 やはり次の入居者が決まるまでは半年以上かかり、 殆どの物件で本来想定していた賃料の半額から6割程度の金額で借りていただきました。 とはいえ自然死にせよ自殺にせよ他殺にせよ「事故物件は事故物件」。 やはりいざ住んだり店舗運営する場合考えてしまいますよね。 霊が出るとか出ないとかはこればかりは何とも言えませんが、 事故物件について少し取り上げていきたいと思います。 ※3回に分けて「自然死による事故物件」「自殺による事故物件」「他殺による事故物件」をとりあげます。 「住みたくない」という声が多い事故物件ですが、 上記3点以外にも「事故物件」は存在します。 それはいつ何時にご自身自身が直面するかもしれない出来事なので、 その点も今回は取り上げていく予定です。 【ブログ著者プロフィール】 安孫子 友紀 縁(えにし)合同会社 代表 http://enishire.com https://Www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017 년 7 월, 도쿄도 스미다 구에 사무소를 두고 같은 해 9 월부터 영업 시작. 택 지 건물 거래 업 중심으로 사업 전개. 부동산 매매/임대/관리 뿐만 아니라 부동산 활용 진로 등의 상담 업무 및 이주 • 이중 집 정책 지원 등도 하 고 있다. 메일로 질문 등도 가능 하다. Info@enishire.com 블로그 등의 목록… https://Peraichi.com/landing_pages/view/enishire 【 한국어 블로그 마을에 참여 하 고 있습니다 】 만약 좋았어요 수 배너에 응원의 「 ポチ 」를 부탁 드립니다! 위안 수 있습니다! ↓ ↓ Language이 페이지는 자동으로 번역 되었습니다. 원래 내용과 다른 경우가 있으므로 주의 해 주십시오.

諦めるのは早いです!

2018

8 06

포기는 일 렀 던 것입니다!

In:

前回「サブリース契約」について述べましたが、 不動産取引で「失敗した」という経験はありますか? 賃貸にせよ売買にせよ高額な金額の取引。 「失敗した」では取り返しがつかない事もありますよね。 そういう時にひとりで悩んでいて解決が出来ますか? なかなか解決策が生まれないと思います。 例えば住居を購入したところ、 使い勝手が悪かったとか坂のアップダウンが思ったよりきつかった等、 良くない部分が日に日に見えてくる事があったとします。 その時にひとりで悩んでいても悪い方に考えてしまいがちです。 そういう時こそ「誰かに相談する」事が必要です。 誰かに相談する事で違った方向性が見えてくる事があります。 物件の使い勝手が良くなければDIYにチャレンジしてみるとか、 坂のアップダウンは健康増進に繋がると発想を変えてみるなど。 それでも改善できない場合は思い切ってその場所から離れる決断も必要です。 「やり直し」は人生いくらでも出来るものです。 物件選びも同様です。 置かれている状況で改善が出来なければ「やり直し」をする事も大事です。 たしかに今まで費やした費用や時間はロスになってしまいます。 でもいつまでも同じ状況で我慢し続けるのは精神的にも良くありません。 何か改善のために一歩踏み出すか出さないかで「希望」が見えてくる事もあります。 人生を変えてみたい、と思ったら、 まずは一歩踏み出してみましょう。 踏み出した先の提案を私達プロも一緒になって考えて一緒に行動します。 だから皆様「諦めるのは早いです!」 私も皆様にとって良きアドバイザーになれるよう精進致します。 【ブログ著者プロフィール】 安孫子 友紀 縁(えにし)合同会社 代表 http://enishire.com https://Www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017 년 7 월, 도쿄도 스미다 구에 사무소를 두고 같은 해 9 월부터 영업 시작. 택 지 건물 거래 업 중심으로 사업 전개. 부동산 매매/임대/관리 뿐만 아니라 부동산 활용 진로 등의 상담 업무 및 이주 • 이중 집 정책 지원 등도 하 고 있다. 메일로 질문 등도 가능 하다. Info@enishire.com 블로그 등의 목록… https://Peraichi.com/landing_pages/view/enishire 【 한국어 블로그 마을에 참여 하 고 있습니다 】 만약 좋았어요 수 배너에 응원의 「 ポチ 」를 부탁 드립니다! 위안 수 있습니다! ↓ ↓ Language이 페이지는 자동으로 번역 되었습니다. 원래 내용과 다른 경우가 있으므로 주의 해 주십시오.

世間で言われている「サブリース契約」について

2018

8 05

세상에서 말하는 「 서브 리스 계약 」에 대해

In:

8月1日から「シェアハウス問題」について投稿してきましたが、 シェアハウス問題と同時に取り沙汰されていたもう1つの問題、 それは「サブリース契約」についてです。 実際サブリース契約はどんなものなのか、 メリットデメリットも含めて述べていきます。 世間で言われているサブリース契約は、 不動産会社が転貸を目的として、物件所有者から一括借り上げする契約と、 借り上げた物件を入居者に転貸する契約がセットになっているものです。 実際そのように使用・説明されていらっしゃるかたもいますが、 厳密に言えばそれは不正解です。 ・不動産会社が転貸を目的として、物件所有者から一括借り上げする契約=マスターリース契約 ・不動産会社が借り上げた物件を入居者に転貸する契約=サブリース契約 が正解です。 今回「かぼちゃの馬車」の件で問題となったのは、 マスターリース契約、サブリース契約双方です。 それは後程メリット・デメリットを述べた後に見解を述べます。 【マスターリース契約・サブリース契約のメリット】 ・不動産業者が一括借り上げを行っているので、  賃料に空室や滞納は影響せず、物件所有者が経営で付きまとう空室リスク・滞納リスクを回避することが出来ます。 ・通常マスターリース契約には「管理費用」も含まれているので、  管理まで一括して任せらるという点があります。 ・入居者を決めるのは不動産業者であり、  入居者と不動産業者が「転貸借契約書」を締結するので、  入居率に関係する収支に影響が出るのは不動産業者であり、  物件所有者は入居率関係なく一定の決まった入金が不動産業者からあるため、  会計処理が簡単になる点は手間がかからないという点ではメリットです。 ・入居者とのトラブルでは物件所有者は基本「訴訟の当事者にならない」点です。  良くあるケースが「原状回復」についてですが、  これも転貸借契約書で記載の通り物件の貸主は不動産業者のため、  入居者が訴訟する相手は物件所有者ではなく貸主の不動産業者になります。 【マスターリース契約・サブリース契約のデメリット】 ・通常の管理委託契約ですと入居者を最終的に決められるのは「物件所有者」ですが、  マスターリース契約・サブリース契約の場合、  物件所有者は不動産業者に一括借り上げを行っていて、  借主から見た物件の貸主はあくまでも不動産業者のため、  入居者を決める最終判断は不動産業者になり、  入居者を決めることが出来ない点がデメリットになります。 ・管理手数料が高額な点はデメリットです。  通常の管理委託契約(家賃督促業務等)のみの場合、  月額の手数料は賃料+共益費の5%前後が一般的にになりますが、  サブリース契約の場合は設定賃料・共益費合計の15~20%(エリアや物件規模によって異なります)が通常です。 昨今問題となったのが「メリットと思われていた点が足かせとなり不動産業者が経営破綻した」点です。 これがいわゆるかぼちゃの馬車の問題となった点にも繋がります。 かぼちゃの馬車シリーズの場合、 物件の売買から管理まで一括で行ってきました。 物件の利益部分をマスターリース契約の補填に回していたとも言われています。 (全ての物件ではありませんが)立地条件の悪さや物件の仕様で入居付けがしにくい事も重なり、 入居率が当初計画していたより良くなかった事が経営悪化に繋がり、 終いには物件所有者に入金が出来なくなってしまった、 という問題が発生してしまったのです。 管理が滞れば物件所有者だけではなく「入居者」にも迷惑を掛けてしまう事になります。 賃料を支払うのに貸主はあくまでも「不動産業者」。 それをある日突然「物件所有者に支払いなさい」となればパニックを起こしますよね。 そしてかぼちゃの馬車問題では取り上げられていませんでしたが、

→ Read more

立地の状況によってはシェアハウスから他の使用の仕方に変更するのでは?!

2018

8 04

입지 조건에 따라 쉐어 하우스에서 다른 사용 방법 변경 하기?!

In:

シェアハウスは ・規模は縮小傾向になるのでは?! ・特化型シェアハウス等が勝ち残るのでは?! ・立地の状況によってはシェアハウスから他の使用の仕方に変更するのでは?! と述べてきました。 今回は 立地の状況によってはシェアハウスから他の使用の仕方に変更するのでは?! について述べていきます。 例えば交通アクセスの良い複数路線利用可能の駅周辺の物件ではシェアハウスのみならず「民泊」や「ゲストハウス」等に転用出来ると思います。 東京オリンピックに向けて宿泊施設が不足している状況下、 特化型していないシェアハウスはそのような利用方法で活用できるのではないかと考えられます。 それから地域に特色があるような場所では「シェアオフィス」「貸会議室」「コワーキングスペース」 等にも利用できるのではないでしょうか。 勿論転用するには法規制があります。 別の機会に法規制に関しては投稿致しますが、 どうしてもシェアオフィスで活用できない場合は、 法規制の範囲で転用する事も視野に入れることが大事です。 ※法規制を無視してリノベーション等を行って転用すると「違反建築」にもなってしまう可能性があります。 シェアハウスにせよ民泊にせよシェアオフィスにせよ、 共通するのが「共有する」です。 共有するのには利用者同士または利用者と所有者(あるいは管理会社)の意思疎通が必要不可欠です。 シェアハウス等の運営で上手くいかない原因は、 「個」にしてしまう事だと推測しております。 孤立してしまうとお互いがわからずして誤解を招く可能性が出てきます。 誤解からトラブルが発生し運営が上手くいかなくなるのです。 入居者同士との交流、 入居者と地域との交流が上手く出来なければ、 その街は静まり返り衰退に繋がっていくような気がします。 入居者同士の交流、 入居者と地域との交流が日頃から出来ていれば、 色々なアイデアが生まれて人が集まるようになり、 地域の活性化に繋がっていくのではないでしょうか。 街が活性化すれば、 日常生活の買い物する場所は働く場所、 学ぶ場所や遊ぶ場所、 そして交流を図る場所が増えてきます。 良い循環が出来てくるのです。 ひとりでは何も出来ませんし、 ひとりになってしまうからこそ孤立して周りの事がわからなくなってしまうのです。 どんな物件にせよ「循環」と「活性化」が必要になります。 少しずれましたので本題に戻しますと、 シェアハウスは無くならないと思っております。 本来のシェアハウスの意味がもっと世間に伝わってくれば、 シェアハウスに対して評価は変わってきますし、 特化したシェアハウスが確立してきちんと運営が出来れば、 「日本型シェアハウス」の確立ができて、 「住みたい」と思う方が増えるのではないでしょうか。 決して今からでも遅くはないと思います。 「シェアハウスの運営が上手くいっていない」という方がいらっしゃいましたら、 ひとりで悩まずにご相談ください。 手を加えないでじっと待っていても状況は改善されません。 それよりも踏み出す時は大変かもしれませんが、 勇気をもって一歩踏み出すことは状況改善に繋がるのではないでしょうか?!

→ Read more

特化型シェアハウスが勝ち残るのでは?!

2018

8 03

특수화 형식 쉐어 하우스를 이기고 남아 있기에?!

In:

前回の続きになります。 シェアハウスは ・規模は縮小傾向になるのでは?! ・特化型シェアハウス等が勝ち残るのでは?! ・立地の状況によってはシェアハウスから他の使用の仕方に変更するのでは?! と私は考えておりますが、 そのうちの1つ「特化型シェアハウス等が勝ち残るのでは?!」について投稿します。 シェアハウスは前回も述べました通り「共同生活」になります。 但し居住者の方其々がライフサイクルが異なったりしますので様々なトラブルが発生しやすくなります。 なかなか話し合ったりする場もないでしょう。 でも、もしかしたらそれを解消できるのが「特化型シェアハウス」では、 と考えております。 例えば趣味が共通している方が集まるシェアハウス。 「料理好き限定」、「スポーツ実践している方限定」や「家庭菜園好き限定」等です。 趣味が共通していると居住者の方同士が一緒に何かをする機会が増えると思います。 一緒に出掛けたりする機会も出てくるかもしれません。 そういう時間を増やすことで仲間意識が出てきて物事を気軽に言いやすくする雰囲気が出来、 大きなトラブルになる前に回避出来る事も考えられるのではないでしょうか。 シェアハウスが乱立する中、 賃貸募集される方も特色があれば募集しやすくなりますよね。 「共同生活」を送る中で、 マイナス面ばかりを考えるのではなく、 少しでもプラス面を増やす事で運営・経営がしやすくなるのではないでしょうか。 設備にお金を費やすだけではなく、 創意工夫で様々な可能性が広がると思います。 勿論必要な設備には費用をかけることが前提です。 もし「そういうアイデアが浮かばない」という方がいらっしゃいましたら、 私と一緒に考えて良い方向に進めるようにしましょう! 「特化型」はシェアハウスに限った事ではありません。 先程サブホームページブログでも述べましたが、 これからの不動産取引には「特色のあるもの」が取引しやすくなる時代になるのではないかと推測しております。 ひとりで考えていてもなかなか思い浮かばない事もあります。 是非ご相談くださいませ。 【ブログ著者プロフィール】 安孫子 友紀 縁(えにし)合同会社 代表 http://enishire.com https://Www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp 2017 년 7 월, 도쿄도 스미다 구에 사무소를 두고 같은 해 9 월부터 영업 시작. 택 지 건물 거래 업 중심으로 사업 전개. 부동산 매매/임대/관리 뿐만 아니라 부동산 활용 진로 등의 상담 업무 및 이주 • 이중 집 정책 지원 등도 하 고 있다. 메일로 질문 등도 가능 하다. Info@enishire.com 블로그 등의 목록… https://Peraichi.com/landing_pages/view/enishire 【 한국어 블로그 마을에 참여 하 고 있습니다 】 만약 좋았어요 수 배너에 응원의 「 ポチ 」를 부탁 드립니다! 위안 수 있습니다! ↓ ↓ Language이 페이지는 자동으로 번역 되었습니다. 원래 내용과 다른 경우가 있으므로 주의 해 주십시오.