Conhecimento imobiliário

不動産は「基礎知識」が必要?

2021

7 04

不動産は「基礎知識」が必要?

Em:

皆様、こんばんは。 先日の熱海で発生した土石流災害、 被害に遭われた方のご冥福とお見舞いを申し上げます。 詳細は時間が経過するとはっきりすると思いますが、 熱海での土石流災害は土石流の起点にあった盛土が全て流失した事にあるようです。 (熱海・土石流災害 起点の盛り土がすべて流出 開発行為が被害を甚大化させたか) 先日当ブログでも掲載しましたが、 大阪市西成区で発生した住宅崩落も崖地にあった建物が崩落し、 これから原因を解明していくのだと思いますが、 建物の下で行われていた介護施設の建設工事が原因なのか地盤が原因なのかわかりませんが、 少なくともリスクがあるところに建物があった、 という事実はあると思います。 (のり面下に住宅2棟が相次ぎ崩落 大阪市) (驚きの「家が崩れそうだ」!:当ブログより) 地盤などの事は(とくに高校の社会科の内容だと思いますが)学校の授業で学んだ記憶があります。 地盤とは言わなかったと思いますが、どういう場所にどういう特性があるのか触れていたような…。 高校等の授業に限らず学校の授業に関してはこういう学びをされた方が多いのではないでしょうか。 ・良い点数を取り家族に褒められたいから勉強をする ・良い学校に進学したいから勉強をする ・理想の企業に入社したいから成績を良くするために勉強をする 小学生の頃からこのような感じで物事を学んでいらっしゃる方が多いと思いますし、 自分を振り返ると内申点を上げるために勉強をしてきた部分があると思いました。 社会人になって初めて学びがそういうものではないと感じたのです。 社会人になってからの勉強(資格取得等)は、 小さい頃の時のように「将来〇〇になりたいから勉強をしたい」というような率直な気持ちや、 「〇〇を極めたいから、もっと深掘りして物事を知りたい」というような思いで勉強をなさる方が多いのではないでしょうか。 学生の頃の勉強内容を、このように社会に役立つような発想の学び方をするようになれば、 少しはリスク回避が出来る事も身につくと思います。 危険箇所での無理な開発行為も減ると思いますし、 そういうリスク回避が中長期的に見ると資産アップにも繋がると思います。 無理な開発行為などが第3者も含めた資産を目減りさせていく事ではないでしょうか。 こういう惨事が起き、 改めて基礎から学び活かしていく事の大切さを感じました。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

昔...

2021

6 28

Em:

皆様、こんにちは。 昔(起業前)、こんな不動産を売却&賃貸仲介をしたことがあります。 それは家の周り3方向がお墓に囲まれた物件(中古戸建)です。 場所等の詳細は申し上げられませんが、投資用不動産として購入されました。 勿論現地確認して購入されていらっしゃいますので問題はないのですが。 リフォーム後賃貸物件として預かりましたが、 募集後少ししてお申込が入り契約となりました。 その理由ですが ・2階の窓からは山などが見えて眺望が良かった ・保育園と小学校が徒歩5分圏内にあり、お子様が3人いらっしゃった家庭だった という2点でした。 皆様はお墓の近くの物件を購入したり借りたりしますか? なぜこういう内容を述べたかというと気になる記事を見つけたからです。 (ベランダの視界の半分に墓地が広がるマンション、好印象だけどやめておいた方がいい?) 霊感の強い方は敬遠されると思います。 しかし気にしない方は全く気になさらないようです。 上記記事にもあるように、 墓地を移動させてその場所に高層ビルやマンションを建設する、 というケースは少なく、 日当たりや通風がある程度維持できる、 という理由からだそうです。 以前から申し上げているように「何を重視し、どんな部分は我慢できる条件か?」というのを洗い出してみると良いと思います。 そして周辺環境(学校や病院、その他日常生活に必要なもの)を知っておき強味に出来るか否か判断することも大事だと思います。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

驚きの「家が崩れそうだ」!

2021

6 25

驚きの「家が崩れそうだ」!

Em:

先程驚きのニュースを目にしました。 (「家が崩れそうだ」直後、民家2棟4軒崩落 大阪・西成) 崖とまではいわなくても、擁壁らしきものがあるのが見えています。 がけ条例というものが日本全国あちらこちらに存在しますが、 がけ条例や土砂災害危険区域、左記に該当していなくてもひな段等に該当するような場所に家を建てるメリット(メリット?)・デメリットはどんな事があげられるのでしょうか。 【メリット】 ・眺望が良いケースが多い ・閉塞感を感じないケースが多い ・日当たりが良いケースが多い ・土地価格が安いケースが多い 【デメリット】 ・がけ条例に抵触している区域に基本は建築物は認められない 、またはひな段等の場所は擁壁等の工事などを徹底しなくてはいけない ・がけ等は大雨などによる土砂崩れの影響を受けやすい ・擁壁工事や地盤改良工事に予想以上の費用が発生してしまうケースもある 今回の大阪のケースは現在斜面の下で老人ホームの建設を行っていらっしゃったようですが、 地盤改良工事や擁壁工事の甘さがこういう事例を起こしてしまうこともあります。 (今回の事例は調査中なので原因に関しては現段階では何とも言えません。) こういう場所は土地価格が安いもののリスクは潜んでいます。 リスク回避をするには徹底的な地盤改良工事と擁壁工事を行うか、 土地の価格が高くてもエリアを変える事があげられます。 近年ゲリラ豪雨等の異常気象が発生しやすい環境になっています。 不動産購入の際には十分注意しましょう。 賃貸を借りる場合も同様です。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

結果がどのように変化していくのか...

2021

6 24

結果がどのように変化していくのか

Em:

皆様、こんばんは。 紫陽花が似合う季節、 本来ならば紫陽花を見に出掛けたりしたくなりますよね。 新型コロナウイルス感染症が収束する事を願っております。 ところで新型コロナウイルス感染症が流行し、 シニア世代の暮らし方にも変化が生じたようです。 (友人・家族との外出「減った」が9割に) 声で交わさない方法で誰かと連絡を取る手段が増加している傾向が見られました。 直接人と会わないとこういう結果になってくるのでしょうか。 (おそらくですが)家に籠もる時間が増えた傾向が見られています。 外食回数が減り、生活必需品を購入しに出掛ける日数も減る、 「住まい」のあり方を変える事で過ごしやすくなるのか暮らしにくくなるのか変わってきているのかもしれません。 コロナ禍が収まってくると外出しようと思う方も増えてくると思いますが、 一方「家にいる事も楽しい」などと感じインドア派も定着してくると思います。 要するに住まいは「寝に帰る場所」という存在から「ライフスタイルを楽しむ場所」に変化していくと思います。 こういう事態はそうそう起きる事ではありませんが、 起きたときのためにも、そうでなく日頃の暮らしを楽しむためにも「住まい」のあり方を見直すきっかけとなっているのかもしれません。 とはいうものの、コロナ禍が過ぎたらご近所の方を含めて人との交流は間違いなく増えていきます。 「対面」の重要性もあきらかになった1年強だと思います。 新型コロナウイルス感染症の重症化を避ける手段のひとつが「ワクチン接種」です。 今日、母が1回目のワクチン接種を行いました。 ギリギリまで接種を迷っていたようですが、かかりつけ医で接種が出来、今のところ軽いだるさはあるものの「あっけなく1回目が終わった」と申しております。 ワクチン接種は賛否両論あります。 ワクチン接種も大事ですが、感染予防の基本「密を避ける、手洗いやうがいの徹底、消毒の実施、マスクの着用」などを忘れてはならないと思います。 治療用の薬が出来るまでは自らの予防と人にうつさない行動が必要です。 最近はマスクを着用せず公共機関を利用し飲食をしていたり話をしていたりする人も見かけますし、 消毒をしない方も増えてきたと感じています。 ここで油断しないようにしたいですね。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

こういう事が起きると規制を厳しく、と思う…

2021

6 20

こういう事が起きると規制を厳しく、と思う…

Em:

皆様、こんばんは。 先日ゾッとするような事件が発生しました。 (逮捕の男 3年前の事件に不満 ネットカフェ立てこもり) 女性店員の方がご無事で良かったですが、こういう事件は起きてはならない事だと思います。 さて、本題に入ります。 今回の盲点は「鍵付き個室」であった点だと思います。 まわりへの音などの配慮、集中して物事をするための配慮があったのかもしれませんが、 1度こういう事が起きると完全個室に問題が生じてしまうのかもしれません。 下記URLに記載がありますが、 風営法の規制を逃れている店舗もなかにはあるかもしれない、 という事が考えられます。 (立てこもり事件で再燃か 「鍵付き完全個室」のネットカフェ、法的な問題は?) 規制外であっても扉をスイングドアに変えたりする必要はあると思います。 以前に大阪のインターネットカフェで火災が起きた時にも消防法に関する改正がありました。 (大阪市浪速区個室ビデオ店火災を踏まえた防火安全対策について 総務省消防庁 平成21年版消防白書より)  こういう事件や事故が起きたら出来るだけ安全になるように関連法律の改正が必要だと思いますし、 そうでなくても各店舗ごとで安全基準を見直す必要があると思います。 本来事件や事故が起きないことを前提に安心して利用できる場所であるからこそ対価が発生する、 という事を優先に考え、改善できるところは改善していく事が再発防止になると思います。 従業員の方も安心して業務を行いたいですよね。 …とはいうものの、こういう事件は起きてはならない事です。 どんなにむしゃくしゃする事があっても事件は起こしてはなりません。 被害者の方がどれだけ精神的に苦痛を強いられ、心の傷が残ってしまうのかと思うと許せない事です。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

名前の付け方の違い...

2021

6 20

名前の付け方の違い

Em:

おはようございます! 昨日ミニブログで「もしある日自分の名前が」というタイトルで、自分自身の氏名が物件名に反映されたらどうだろう、 という点から、話を少し広げて賃貸マンション等の名前の付け方にはルールがある事を触れました。 https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=174090&act_lst=detail&page=1 この機会にもう少し話題を広げてみたいと思います。 別荘地にある別荘やリゾートマンションの名称を付けるのにはこういうルールがあります。 ・物件が自然公園法による自然公園の区域内に所在する場合は、当該自然公園の名称を用いることできる。 ・物件がその最寄りの駅から直線距離で5,000m以内に所在している場合は、その最寄りの駅の名称を用いることができる。 ・ただし、物件がその最寄りの駅から同じく5,000m超える地点に所在する場合は、併せてその距離を明記する場合に限り、その最寄りの駅の名称を用いることができる。 ・物件が地勢及び地形上、山、山脈、山塊等の一部に位置している場合は、当該山、山脈、山塊等の名称を用いることができる。 ・物件が海(海岸)、湖沼又は河川の岸又は堤防から直線距離で1,000m以内に所在している場合は、当該海(海岸)、湖沼又は河川の名称を用いることができる。 ・物件が温泉地、名勝、旧跡等から直線距離で1,000m以内に所在している場合は、その温泉地、名勝、旧跡等の名称を用いることができる。 (「不動産の表示に関する公正競争規約」第19条より) 物件の名称を付けるのも何でもかんでも良いわけではなさそうですね。 ところで、賃貸マンションに限らずマンション等には「コーポ〇〇」「〇〇メゾン」などの言葉が入る事があります。 各言葉の意味はご存知ですか? 1.アーバン アーバンというのは英語のurbanやラテン語のurbsに由来し、「都市の、都市特有の、都会の」という意味合いがあるそうです。 例:アーバンヒルズ、アーバンハイム 2.グラン 英語やフランス語のgrandに由来し、「大きい、豪華な」という意味合いがあるそうです。 例:グランレジデンス〇〇(地名など) 3.グランデ スペイン語やイタリア語、ラテン語などのgrandeに由来し、上記のグランと似ていて「大きい、偉大な」という意味合いがあるそうです。 例:△△グランデ〇〇(地名など)、グランデ〇〇(地名など) 4.エスポア フランス語のespoirに由来し、「希望、期待」の意味合いがあるそうです。 素敵な意味合いですね! 例:エスポアメゾン〇〇(地名など) 5.メゾン フランス語のmaisonに由来し、「家、住宅」の意味合いがあるそうです。 例:メゾン〇〇(人名や地名など) 6.セント 英語のSt.に由来し、「聖人」の意味合いがあるそうです。 例:セントレジデンス〇〇(地名など) 7.レジデンス 英語のresidenceに由来し、「邸宅、大きな住宅」などの意味合いがあるそうです。 例:〇〇(地名など)レジデンス 8.シーズン 英語のseasonに由来し、「季節」という意味合いがあるそうです。 例:〇〇(地名など)・ザ・シーズンズ、シーズンテラス〇〇(地名など) 9.ルミエール フランス語のlumi?reに由来し、「光」を意味するそうです。 例:ルミエール〇〇(地名など) 10.ロイヤル 英語のroyalに由来し、「王の、王室の」という意味合いがあるそうです。 例:ロイヤルファースト〇〇(地名など) 最近は「〇〇・ザ・タワー」等の高層マンションなども増えていて、 名前の由来を知ると「こういう気持ちで建築したのかも」と感じる部分が出てくると思います。 何かを知ることで興味がわいてくることもたくさんあると思います。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!

→ Saiba mais

運転免許証から判断される人物像...

2021

6 19

運転免許証から判断される人物像

Em:

皆様、こんにちは! 不動産投資物件を購入する際の融資、マイホームを購入するための融資それぞれの金融機関の審査の際や、 住まいを借りる際に審査を受ける際に提示を求められる「運転免許証」ですが、 「運転免許証」の提示を行った途端に「融資は受けられません」「お部屋を借りていただくことは出来ません」と否決されることがあります。 それはなぜでしょうか?! 上記イラストにもあるように運転免許証は12桁の番号が記載されています。 その12桁の番号次第によって「この人には融資したくない」「この人にお部屋を貸したくない」と判断されるのです。 12桁の番号の1番後ろの番号が大きい人は要注意です! この番号は免許証を紛失した場合等の「再発行回数」になるのです。 0の人は再発行が無い、1の人は1度だけ再発行がある、という具合に見られます。 要するに大きな番号の人ほど「重要な物を紛失してしまいがちな人」「重要な物の取り扱いにだらしない人」と判断されるのです。 運転免許証の開示を求められる場合で番号が大きい人は正当な理由がないと厳しい状況になります。 安全運転を心がけ、最後の番号は小さな番号を継続していく、という意識が日頃から重要になります。 生活習慣は提出書類や身分証明書等でわかってしまうケースもあるのです。 良い生活習慣を身に付ける努力は必要ですね。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

孤独死...

2021

6 16

孤独死

Em:

皆様、こんばんは。 東京都は今日、新型コロナウイルス感染症の感染者数が急に増えましたね。 (東京都で新たに501人の感染確認 先週比61人増 重症者は変わらず45人 死亡12人) この投稿では緊急事態宣言が云々とかまん延防止等重点措置が云々とかオリンピック開催が云々は申し上げませんが、 コロナ禍でショッキングな記事を見つけましたので皆様にお知らせしようと思いました。 (息子に「コロナが怖いから家に来るな」、死後2か月して見つかった男性…深刻化する孤独死) 孤独死は高齢者がなるもの、という誤解がありますが、 年代問わずに起きる事です。 とくに新型コロナウイルス感染症の流行で人との交流が減っている中、 疎遠になってしまい気がついたら、という事もあります。 新型コロナウイルス感染症の流行だけではなく以前からあった社会問題でもありますが、 コロナ禍で拍車がかかってしまった感じがあります。 人との分断とは考え方の違いだけではなく、こういう事もいうのだと思います。 孤独死を減らすためにも新型コロナウイルス感染症の流行を抑える必要があると思います。 そして電話やメール、LINE等のSNSで日頃から誰かと連絡を取り合う関係は大切ですね。 人との繋がりは孤独死を減らすことが出来る対策のひとつだと思います。 人との関係性を考え直し大切にしましょう。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

未だ未だ難しく感じる「単身高齢者の受け入れ」賃貸について

2021

6 15

未だ未だ難しく感じる「単身高齢者の受け入れ」賃貸について

Em:

皆様、おはようございます。 昨日ミニブログで予告したのですが、 今日は賃貸住宅の残置物処理に関して一歩前進があったことを含めて「高齢者の受け入れ」について述べていきます。 以前から懸念されている単身高齢者の方が賃貸を借りる時に、 年齢を理由にお断りされるケースが多い状況です。 法律的には年齢条件を理由に拒否は認められていませんが、 実態は異なっています。 理由は ・万一の時があった場合どうしよう・万一の時に相続人がいなくて残置物処理はどうしよう等があげられます。 その残置物処理に関してですが、国土交通省である発表がありました。 (残置物の処理等に関するモデル契約条項) これで全てが解決できる訳ではありませんが、 少なくとも入居時に借主様の受任者を決めておけば、 受任者の方が万一の時に解約手続きをする事が出来たり、 残置物で処分する物と引き取る物を分けたりして室内を片付けられるという事が出来るので、 次の募集をかけられる状況になるので大家さんにとっては少しだけ前進になります。 本当はこれが全てではなく、最近多い賃貸住宅のケースでは ・病院等を含めた高齢者施設に入る場合、住所を高齢者施設に移動できない。 ・上記のような施設では最長3ヶ月程度しか入所することが認められないケースがあり、居住地(住民票のあるところ)を中心に高齢者施設を転々とするので、住民票を移動できない。 ・しかし肝心な住民票のある住居は空家(荷物だけがある状態)になってしまっているので、室内がきちんとメンテナンスされているかどうか不安になる(大家さん側の視点)。 ・契約条項に長期不在が認められていなく、退去(解約)を求められるケースがある。 ・そうなってしまうと住民票を置いておく場所が無くなるケースも考えられる。 日本の人口が減少してくるのは目に見えており、 空家も増えてくるのが予測されていますので高齢者の方に貸さない、 という事は本当はあってはならないことなのですが、 それでも賃貸の弱みはこういうところにあるのも現実です。 持家をいらない考えの方も増えてきていますが、 一生賃貸派でいる場合は上記懸念材料を払拭する必要も(現段階では)あります。 本当はおかしな話だと思いますが、 こういうおかしな現状を解消しようとしていない日本の状況も隣り合わせであります。 残置物処理に関する事項はあくまでも一歩前進、 しかし高齢化社会に向かっている状況で未だ未だ課題は山ほど残っていると感じています。 誰もが生涯穏やかに暮らせる状況を作り上げる必要があると思います。 ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

きちんと確かめましょう!

2021

6 13

きちんと確かめましょう!

Em:

皆様、こんにちは。 こういう事ってこれからの時代「あるある」になりそうな感じがします。 (アインシュタイン稲田が大失態 日当たり重視で選んだ東京の家「窓を開けたら…」) 今回のように窓を開けてみたら歩道橋から丸見え、という事だけではなく ・近隣からの音が気になり寝不足が続くようになった ・窓を開けてみたら隣の家の窓と接していて毎日「こんにちは」状態だった ・住んでみたら近隣から悪臭がしている など例を挙げるとたくさん出てきます。 それだけではなく ・クロスの色が写真と違っていた ・床材の色が写真と違っていた ・外壁が想像と違っていた雰囲気だった などという事もあります。 これがこれからの時代「あるある」かも、という事なのです。 要するに「現地や周辺を確認しない」という結果から出てくることなのです。 「物件探しから契約・引き渡しまでネットで完結してしまう事」は楽で良いのですが、 後悔する事も多いのです。 最低限、物件は現地確認をしてみるようにしましょう。 周辺道路、例えば坂道があった場合、 毎日使うのに利用しやすいか、苦痛になるか、 道路の街灯が明るいかどうか、 ネットや写真でわかりにくいことがたくさんあります。 感覚も人それぞれなので、Aさんが良くてもBさんではダメだった、 というケースはあって当然のことです。 賃貸にせよ購入にせよ金額がかかる事で、 後から後悔した場合「無駄遣い」になってしまいます。 良い不動産選びをして快適に過ごすようにしましょう。 投資用不動産も同様です。 数字以外のところも注意するところがたくさんあります。 現地を必ず確かめましょう。 ところで最近物件情報をアップしつつあります。 下記URLから確認できますのでご興味がございましたら弊社までご一報ください。 https://enishire.com/73680/b-jouhou/ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ 【追伸】 当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.comLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。