房地产知识

「家族思いの新常識!」言い難いことだからこそ...

2019

6 20

「家族思いの新常識!」言い難いことだからこそ

In:

皆様、こんばんは! 「家族との間は楽しい暮らしを送りたい、より良いライフスタイルを形成したい」という思いは少なからずあると思います。 いがみ合っての暮らしは決して良くないものです。 先日サブホームページブログで予告したのですがhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=148226&act_lst=detail&page=1 ある2つの事は「家族の間柄の形成」にとってとても重要な事になるのではないかと感じています。 1つは7月1日に施行される「遺言書の取扱い方」。 もうひとつは2019年4月1日から適用されている「空家を譲渡した場合の特別控除制度の延長」です。 詳細は改めて2度に分けて投稿しますが、 私はこの2つは「家族のあり方を変化させるもの」でもあると感じています。 元気なうちに「相続」や「贈与」の話は普通の相談事と違って家族間でも言い難い事で、 まして元気な方へ「遺言書」の勧め等はもってのほか、 と叱られそうですが、 元気なうちにこそこういう話し合いが必要になってきますし、 元気なうちだからこそ相手の事を考えると出来る事なのだと思います。 なぜこういう話をするのかを含めて改めて投稿します! 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com 【人気ブログランキング】に参加しております もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します! 鼓励。! 居住地(房地产和土地)ランキング ライフスタイル(一般)ランキング ガーデニング初心者ランキング ペット・動物との暮らしランキング 社会貢献・慈善事業ランキングLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

「仲介屋さん」って「不動産」を売ったり貸したりしてるんでしょ?

2019

6 18

"中介先生"是出售或出租"房地产"的,对吗?

In:

皆様、おはようございます! 以前に当ブログで投稿したかもしれませんが、 弊社は「不動産仲介業」をメインで業務を行っています。 「不動産屋さんでしょ?」とよく言われますが、 ある意味正解、ある意味不正解です(笑) 例えば「生花店」では「植物」を販売しています。 「鮮魚店」では「魚介類」を販売しています。 では「不動産仲介屋さん」はどうでしょう? 「生花店」では市場や卸業者から植物を購入してきます。 例えば切り花は水揚げ処理を行ったりトゲの処理を行ったりして店頭に並べます。 中には花束やフラワーアレンジメントなどに加工したりもします。 「商品」として下準備を行い初めて販売するのです。 「不動産」も実はそれに似ていて、 例えば物件の売却活動を行うまでの流れの一例ですが、 ・物件の売却の相談をいただく ・物件調査を簡易的に行う ・価格査定を行う ・媒介契約を締結する ・物件調査を再度行う ・調査を行いながら販売活動を開始する というような流れになりますが、 「売却」という商品化を行うのが生花店でいう「下処理」になります。 「やっぱり不動産屋さんは不動産を売ったり貸したりしているよね!」と言われそうですが、 お客様目線からするとそうなりますが。 実は違うのです! 「不動産仲介業」というのは先程述べた「下処理=販売までの商品化」という作業を行いますが、 その売却(若しくは賃貸)の不動産は所有していないので不動産を売ったり貸したりしていないのです。 実はここから先があり、 この商品化した不動産に対して「お客様を探す」事が仲介業なのです。 買い側(若しくは借りる側)のお客様が本当に購入できるのか(借りることが出来るのか)ヒアリングしたり、 買い替え(借り換え)なのか確認したり、 引き渡しまでの日程調整を行ったり、 商品をお渡しするまでに様々な作業があります。 勿論逆パターンもあり、 購入(または借りる)相談を受け物件探しを行う事も仲介業のひとつです。 仲介というのは「各物件にマッチングする方を結びつける業務」が最大の業務であり、 ただ結びつけるのではなく「商品として次の方へのバトンタッチを行う」ために様々な事を行うのが業務なのです。 とくに売却の場合は「ライフスタイル」に関しての相談も多く、 一昨日投稿したように資金面での相談や家族のご相談、 ときには個人的なお悩みなども聞くこともあります。 そして「宅地建物取引士」という資格者が物件調査に基づいた「重要事項説明」を行ったり「契約書」に記名・押印したり等をします(宅地建物取引業法に「宅地建物取引士」の規定がありますが、今日のブログでは割愛します)。 少し話が脱線しましたが、 「不動産仲介業」というのは「お客様が幸せであるための橋渡し」のような業務で、 そのために様々な準備を陰で行っている業務、という事になります。 今回この事をブログに掲載したのには理由があります。 実は「初心忘るべからず」という言葉が浮かんだからです。 最初に売買仲介業を行った会社で、 入社直後に本社での研修のシーンを思い出しました。 「不動産仲介業とは何ですか?」 という課題が出ました。 ブログの最初のように「不動産を売ったり貸したりする業務」というのが答えではない、 という事を耳にした時に「?」と感じましたが、 ディスカッションを行い「!」に変わったのを覚えています。 「ご縁繋ぎの業務」「バトンタッチの業務」というのは形では見えない分理解されにくい事も多々ありますが、 見えないからこそ誇りに感じている部分もあります。

Read more

「空き家対策としての民泊」ってどーなのよ?

2019

6 16

"私人住宅作为空置房屋的措施"是什么?

In:

皆様、おはようございます! 民泊新法が施行されて1年、 民泊届け出件数は顕著に伸びているようです。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000594-san-bus_all (民泊1年 届出件数7・8倍 都市に集中、地方への普及課題) しかし民泊のトラブルは後を絶えないように感じています。 区分マンションでのヤミ民泊はもってのほかですが、 戸建などの空き家を利用した民泊も近隣とのトラブルは決して消えていません。 ゴミ問題や騒音等「暮らし」に密着した事でのトラブル。 もしも自分自身がその場所の住民側でしたらやはり「反対」の声をあげると思います。 空いている部屋の一部を「民泊」として利用するのは空部屋の有効活用としては賛成ですが、 「空家」を民泊として利用するためには地域のコミュニケーションが必要だと思います。 単純に「空き家対策」として現状のように民泊運営をするのには私自身は疑問を感じています。 上記リンクの記事にもありますが民泊利用者と施設周辺住民のトラブルが発生してしまっては、 民泊利用者も日本に対しての印象が悪くなってしまい、 長期に渡っての「観光立国」としては失敗になってしまいます。 民泊として人が利用しなければ採算が合わなくなってしまい、 何のための運営者かわからなくなってしまいます。 空部屋対策としての民泊は良いと思いますが、 空き家対策としての民泊はもっと慎重になるべきではないでしょうか? 民泊を行うのであれば近隣との良い関係を築き地域全体でホストとして迎える体制を取る事を視野に入れるべきだと思います。 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com 【人気ブログランキング】に参加しております もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します! 鼓励。! 居住地(房地产和土地)ランキング ライフスタイル(一般)ランキング ガーデニング初心者ランキング ペット・動物との暮らしランキング 社会貢献・慈善事業ランキングLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

大事な事を忘れていませんか?

2019

6 15

你忘了什么重要的事情吗?

In:

皆様、おはようございます! 働き方改革が言われている昨今、 「副業・兼業」が注目されていますが、 もうひとつ大事な事を忘れていませんか? 実は働き方改革で「残業」が減った方が多く、 収入ダウンの方が増えている、 という噂を聞いています。 なかには月ベースで7万円前後減った方もいると聞いています。 そういう方の中で実は「残業代を含めた収入で物件を選んでしまったがために、 家賃や住宅ローンが滞る可能性が出てきた!」という方が増えています。 すぐに取り組める事、 先ずは「生活そのもの」の見直しが必要で、 「無駄」を省かなくてはなりません。 「引っ越し」といっても経費がかかりますので、 上記のように出来る事があれば先ずは取り組み、 それと同時に住み替えも検討していく必要もあると思います。 次に「住み替え」の方にこの事をお伝えします。 基本は「残業代」や「住宅補助」等は「住み替え」の予算に計上しない、 という事です! 「残業代」や「住宅補助分の金額」はなかったものと思って貯蓄や投資に運用しましょう。 「残業代」あ「住宅補助」等はこのご時世いつなくなる制度かわかりません。 残業がカットされる可能性も十分ありますし、 転職によって住宅補助がなくなってしまう恐れもあります。 その時に「住宅ローン」や「家賃」を支払える体制を整えておく事と、 貯蓄や投資(投資は大小問わずリターンも・リスクも可能性はあります)を行っていて、 その分で一時的に「補填」という事も出来てきます。 「住み替え」の「諸経費」の一部にもする事が出来たりもします。 普段寝に帰るだけ、 のような暮らしかたであるならばなおさらで、 その分を週末移住など楽しいライフスタイルを形成する事も可能になる場合もあります。 別の発想の仕方では、 「家賃」や「住宅ローン」を支払って良い生活を送りたい、 と思う気持ちがあれば「収入」に対して張り合いが出てきます。 簡単な事ではありませんが収入が上がれば立地も設備も良いところに住める可能性が高まります。 だからこそ最初は無理しない程度に、 心に余裕を持つくらいの住まいを探し、 その分を貯蓄や投資にまわし、 残業が減った等を最初から想定して収入をあげる、 というような発想が必要な時代になってきたのかもしれません。 少し世知辛い考え方かもしれませんが、 次へのステップアップのためにも発想の転換をしましょう! そういう「住まい」のアドバイスをしてまいります。 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com 【人気ブログランキング】に参加しております もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します! 鼓励。! 居住地(房地产和土地)ランキング ライフスタイル(一般)ランキング ガーデニング初心者ランキング ペット・動物との暮らしランキング 社会貢献・慈善事業ランキングLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

マンションに限らず...~日本各地の空家問題~

2019

6 13

不仅仅是公寓…-日本各地的空置房屋问题

In:

皆様、こんにちは! 縁合同会社安孫子です。 久しぶりに爽やかなお天気の東京。 熱中症には気をつけましょう! ところで一昨日ですが「タワマンの修繕積立金はホントにヤバイの?!~ネットで見かける修繕積立金問題~」でマンションの管理について述べました。 https://enishire.com/73680/2019/06/11/%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BF%AE%E7%B9%95%E7%A9%8D%E7%AB%8B%E9%87%91%E3%81%AF%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AB%E3%83%A4%E3%83%90%E3%82%A4%E3%81%AE%EF%BD%9E%E3%83%8D%E3%83%83/ マンションの管理がヤバイと感じるのはこの事だけではありません。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000013-mai-bus_all (高齢化や孤独死…「マンション管理組合」の“悲劇”) 以前より「空家問題」は言われていますが、 個々の不動産だけの問題ではなくなってきます。 マンションの場合、上記リンクにもあるように孤独死等で空き家になってしまって、 相続人もいらっしゃらないケースは長期間の間「空家」の問題が解決しない状況が発生してしまいます。 「共同住宅」なので管理費・修繕積立金の問題も発生。 徴収する金額が不足してしまい「負」のスパイラルが起こりえる事も予測できます。 ただ、こういう問題は「マンション」だけの問題ではありません。 戸建の場合も「近隣の環境の悪化」に繋がりかねません。 建物が老朽化し防犯面も(怪我等の)安全面も保たれずに「負のスパイラル」が起こる可能性を秘めています。 人口減少が叫ばれている中でこういう事態は起きる可能性が高まっていますが、 対策を取り始めているのが「団地」だと思います。 かなり前の記事になりますが「空き家対策」について動いている事を示しています。 https://www.asahi.com/articles/ASL3S32MTL3SUTIL005.html 「空家」を「コミュニケーションの場」として転用するもの1つですし、 「空家」を「二住居生活の生活の場」のひとつとして活用する方法もあります。 上記だけでは対策としてはまだまだ不十分だと思いますが、 こういう対策を一つひとつ積み重ねていく事こそが大切で、 対策を取るのと取らないのでは時間が経過するにつれて大きな差が出てきます。 今、弊社のHPでもその対策について告知する部分を製作中です。 弊社も早速取り組みを始めます。 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com 【人気ブログランキング】に参加しております もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します! 鼓励。! 居住地(房地产和土地)ランキング ライフスタイル(一般)ランキング ガーデニング初心者ランキング ペット・動物との暮らしランキング 社会貢献・慈善事業ランキングLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

タワマンの修繕積立金はホントにヤバイの?!~ネットで見かける修繕積立金問題~

2019

6 11

タワマンの修繕積立金はホントにヤバイの?!~ネットで見かける修繕積立金問題~

In:

皆様、おはようございます! 昨今「タワマンの修繕積立金が不足しているからタワマンは暴落する」等というネット掲載をよく見かけます。 タワーマンションは暴落する、本当にそうなのでしょうか? 私はこの情報は「?」だと感じています。 マンションは「管理を買え!」と言われているように管理会社次第で良くも悪しくもなります。 修繕積立金不足は何もタワーマンションだけの問題ではありません。 小規模マンションでも起こりえる問題です。 例えば新築・築浅マンションを購入する際に、 異常に修繕積立金が安い場合はいざ修繕を行う際に不足が予測されています。 新築マンションを購入する際は修繕積立金準備金も最初に支払うケースも多いですが、 それだけでは足らないケースが多いと思います。 修繕積立金を低くするのには訳があります。 それは「売却のしやすさ」です。 物件を購入する際に諸費用等が発生します。 そこで出費が発生しますので「その後は出来るだけ安く」と思うのは人間の心情かもしれません。 だから「月々の費用が安くて済む!」と錯覚を起こしてしますのです。 「長期修繕計画」をきちんと確認していますか? 長期修繕計画を作成するだけではなく定期的に見直す必要があります。 予測できない事も中にはあります(資材の高騰、人件費の高騰など)。 不足が初期にわかっている場合は修繕積立金の値上げ幅も小さくて済みますが、 いざその時期になって「不足しています」では大変な事態になります。 一時徴収金の回収であったり、金融機関からの借入だったり、 それこそ予測していなかった「費用発生」です。 主体になるのは「管理組合」の皆様ですが、 その前に「管理会社」が多方面で提案してくれるか、 それを直視するか、ということが必要です。 3年前の記事になりますが、 埼玉県川口市に所在する「エスザタワー55」というマンションの事例が下記の通りです。 http://suumo.jp/journal/2016/01/15/103918/ (55階建てタワーマンションの大規模修繕工事が開始、その難しさとは) コンサルタント会社を決定し、施工会社決定、修繕の工期を含めると4年の月日がかかっています。 それくらい「大規模修繕」は事を慎重になる必要があります。 少し話が脱線していますが、 管理組合全体がどの程度合意形成するまでに活発なのか、 管理会社がどの程度アドバイスを出せるか、 管理会社主導ではなく管理組合主導になれるかなれないかで左右される事もあります。 だからこそ一概に「タワマンの修繕積立金が不足」とは言えないと思います。 物件を購入する際は(自主管理以外)「どんな管理会社に依頼しているのか」を知る必要性があります。 既に購入して物件を所有していて管理会社に疑問を感じるのであれば、 理事会等で疑問を呈してみるのもひとつの方法です。 理事の方を通して一度「マンション管理士」等のプロに相談してみるのも良いと思います。 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com 【人気ブログランキング】に参加しております もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します! 鼓励。! 居住地(房地产和土地)ランキング ライフスタイル(一般)ランキング ガーデニング初心者ランキング ペット・動物との暮らしランキング 社会貢献・慈善事業ランキングLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

時代の変化とともに変わる「不動産経営」

2019

6 10

時代の変化とともに変わる「不動産経営」

In:

皆様、おはようございます! 昨日ですが「住みながら副業?」についてサブブログで投稿しました。 https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=147916&act_lst=detail&page=1 サブブログでは貸主様・借主様の「メリット」について述べましたが、 ここでは少し角度を変えて投稿します。 時代を遡ると、 ・3点ユニットが敬遠されて、バス・トイレ別の物件が好まれるようになり、そういう物件も増えてきた。 ・インターネット使いたい放題が提供されるようになってきた。 ・収納が豊富な物件を好まれるようになってきた。 等物理的なサービスが今までは増えてきたような気がします。 しかし物理的なものはそのまま定着するものと形骸化するものに分かれてきます。 そのうちのひとつが「ロフト」だと思います。 ロフトは寝室代わりに、趣味部屋に、荷物置場として利用されていましたが、 急な階段(はしご)が怖がられる方も多かったり冷房が効かない等で「ロフト」が選択肢から薄れているような気がします。 昨今まで「不動産投資バブル」でしたが、 その頃は1棟ワンルームマンション・1棟ワンルームアパートが乱立して建設されていたような気がします。 どの物件を見ても似ているような感がありました。 そういう中で今回「ソフト」の面で特色を出した物件が「住みながら副業?」的物件です。 少し話が脱線しますが、 私が見習いたい不動産投資家の一人が以前より面白いことを手掛けていました。 「ターゲットを絞った物件作り」です。 その方は賃貸物件をポータルサイト等に掲載していないのです。 どこに掲載してターゲットを絞っているかというと。 「趣味的要素の強い雑誌」だそうです。 具体的な事はここでは述べませんが、 「こういうのを希望する」という方が違うところ(趣味を活かした場所)で物件探しをしていらっしゃるという事を知りました。 「不動産」にとっての時代の変化が早いと感じています。 予測しえない事もこれから起きるような気がしています。 しかしその時代の先に行くことが私達には必要な事で、 それをいち早く皆様にお知らせする事が私達の使命だと思っています。 私自身も(弊社も)そういう要素を出せるような場にしたい、 と以前より思っていて、 それが「未来志向の不動産」という弊社のモットーになっています。 不動産は「人生を楽しみ社会貢献する場所」だと思っています。 不動産経営も画一化されたものではなくそういう経営の仕方に変わっていくのではないでしょうか、 と私は思っていますし、そういう時代になってほしいと願っています。 居住用・事業用不動産の売買物件も同様です。 弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、 皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も! よかったらご登録くださいませ。 ここをクリック→mail@r.enishire.com 【人気ブログランキング】に参加しております もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します! 鼓励。! 居住地(房地产和土地)ランキング ライフスタイル(一般)ランキング ガーデニング初心者ランキング ペット・動物との暮らしランキング 社会貢献・慈善事業ランキングLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

これだけは勘弁して!という物件...

2019

6 07

これだけは勘弁して!という物件

In:

皆様、おはようございます! 縁合同会社安孫子です。 皆様は物件選びに拘りを持っていらっしゃいますか? 「こうしたい」という拘りもあると思います。 逆については如何でしょうか? 今まで約17年間様々な物件に出会うことがありました。 3方墓地に囲まれた住宅などもありましたし、 世間一般で言うゴミ屋敷に近いような物件も遭遇した事があります。 さすがに傷害や殺人などの物件に遭遇した事はなかったのが幸いですが。 そういう私でもひとつだけ「関わりたくない」という物件が1件だけありました。 それは。 ある戸建住宅でした。 駅からも近く広々とした庭もあり日当たり良好、 とてもきれいな物件で、 パッと見は「憧れ」のような感じもしましたが。 下記の写真のような事が出来ないのです。 ↓ そうです、「安眠が出来そうもない住宅!」だったのです。 具体的には言えませんが、 ある交通の音の問題が解消されない住宅だったのです。 3重サッシの住宅は他でもご縁があったことがありますが、 理由は言葉で表しにくいのですが感覚的に苦手な物件だったのです。 いわく付きの物件ではありませんでしたが、 なぜかその音と空気が苦手だったのです。 10年以上の前の事なので今の状況とは異なっていますが、 こういう感覚になった不動産は今までこの物件だけでした。 この数日は「こういう物件が欲しい」という拘ったものを手に入れる、という内容が主体でしたが、 本日の投稿のように「こういう物件だけは欲しくない」という拘りもあると思います。 「欲しい」という前向きな事はたくさん浮かぶと思います。 それがひとつでも多く叶えられればそれは嬉しいことだと思います。 しかし「欲しくない」理由がある物件を手に入れる事になった場合はどうでしょうか? 「欲しくない」理由を思い浮かんで物件を探す方は少ないと思いますが、 それを考えずに物件を購入してしまって、 何かしらの対処をすれば解消できるものならばともかく、 気分的に解消できない物件だったら後悔しかないと思います。 先ずは「これだけは嫌!」という拘りを2・3個挙げてみましょう。 それが解消できるのかどうかも合わせて考えてみるのも良いかもしれませんし、 解消できるのかどうか宅建業者などの専門家に相談してみるのも良いと思います。 こういう例を挙げます。 ペット飼育可能な区分マンションを動物嫌いな方が購入しました。 その方は動物嫌いなのを理由に「ペット飼育不可にしましょう」と管理組合に提案した時に、 何人の方が賛成されるのでしょうか? 余程マナーの悪い方が集まっているマンションであれば環境を良くするために決議が通ることもあるかもしれませんが、 単なる嫌いが理由ならば理に叶いませんし「だったら何故ペット飼育可能マンションを購入したの?」と逆に不振に思われてしまいます。 言いたい事わかりますか? 嫌な拘りは改善できないものであれば最初に避ける事が出来るのです。 この例の場合は ・ペット飼育不可マンションの購入を最初から検討する ・その中で気にいった物件がないのであれば戸建は検討出来ないか考える ・エリアを少し広げてペット飼育不可マンションを探す 等対処方法は幾つもあります。 その対処方法の中で「こういう物件が欲しい」と拘ってみると、 どういう物件が欲しいのか見えてくる場合もあります。 物件の探し方、少し視点を変えてみませんか? これは賃貸でも売買でもどちらでも言える事だと思います。

Read more

皆がみんな嫌なの?

2019

6 06

皆がみんな嫌なの?

In:

皆様、おはようございます! 縁合同会社安孫子です。 皆様は物件を選ぶ際に 「東南角地(マンションの場合は東南角住戸)で整形地で」と仰いますか? 果たしてこれが正解なのでしょうか? 私はNoだと思います。 過去に経験した一例を挙げてまいります。 10年以上前の事ですが、新築戸建の3棟現場を取り扱ったことがあります。 その時に一番早く成約したのが「敷延(敷地延長の土地の形状、旗竿地とも)」の区画でした。 他の2棟と比べて若干金額が安かったのもありますが、 通常の場合敷延を嫌う方が多い傾向があります。 しかしその部分が一番早く成約したのには理由があります。 実はある事情からご家族の方が車いす生活を余儀なくた、という事情からです。 整形地の物件ですと家に入る前の間の段差が車いすでは無理が生じ、 スロープ式に直しても勾配が急、という事情がありました。 手摺を設置してゆっくり歩こうとしても緩やかさにする事は解消されない設計でしたので無理が生じます。 しかし敷延の場合、段差を解消してスロープ式の形状に直しても勾配が緩やかで、 車いすでも安全に移動できる、という事が理由でした。 手摺を設置して歩行のリハビリにもなりました。 お引渡し後入居前に外構工事を追加でし直しましたが、 使い勝手が良かったと喜ばれていらっしゃいました。 玄関や居室は雨風しのげますので、 基本は天候に左右されることなく手摺を設置してスロープ等を設置してゆっくり歩いたり車いすを使用する事が出来ます。 しかし外構部分は違います。 基本は屋根の設置はありませんので雨風はしのげません。 雪の日の段差は無理が生じてきますが、 スロープに変えることで多少なりとも改善されます。 車いすごと車に乗り降りするのにも敷延の土地の形状の方がしやすかったようです。 この時に今までの概念が違っていたと気付きました。 この事がありもしかしたらベビーカーや三輪車を利用する等お子様が小さいご家庭の場合も同様なのかもしれません。 距離感が出るものの緩やかに移動できた方が安全、という場合があります。 住まいというのは勿論資産価値も大事になってきますが、 それだけでは決められない、 というのが私の本音です。 例えば駅からの距離が遠くても普段の生活が便利であった場合、 テレワーク制度を取っている企業にいた場合は毎日出社という訳ではないので、 普段の利便性を優先する事も必要だと思います。 物件の価値観は人それぞれ異なってきます。 だから選び方も人それぞれ異なります。 家族構成も様々で、 年代も体力も様々。 だから一概に「東南角地が価値がある」とは限らないのです。 上記にも述べました通り価値観は人によって異なってきますし、 物件が自らのライフスタイルで活かせるか活かせないかによって本来の価値観が決まってくるのではないでしょうか。 宅建業者もこだわりの物件を紹介していきますが、 それよりもお客様の拘りは何か、 ひとつでも答える事が出来るのか、 出来るように行動したい、 というのが使命だと思っています。 「皆様の拘りは何ですか?」 是非教えてください。 お応えできるように一緒に考えて行動してまいりましょう! ところで、 「こういうのだけは嫌」という拘りもあるかもしれません。

Read more

逆算していますか?

2019

6 05

逆算していますか?

In:

皆様、おはようございます! 縁合同会社安孫子です。 さて、6月といえば梅雨の時期ですね。 ジメジメ感がありますがアジサイの美しい季節でもあります。 ところで皆様は物件を借りる・購入する際に「逆算」していらっしゃいますか? 「逆算って何?」と仰る方もいますよね。 逆算とは「入居までの時期の逆算」です。 今回は「自らが住むための購入の逆算」について一例をあげていきます。 仮にお子様の9月の新学期に合わせて、としましょう。 9月1日から新学期スタートなので8月31日に引っ越し完了、 と考えるのは少し危険です。 地域に慣れる必要もありますし学校までの道のりをお子様となれる事も必要です。 それには数日はかかりますし、 その前に引っ越し先の荷物の片付けもあります。 新しい家具等を購入される方はその搬入もありますよね。 そうすると引っ越しに適しているのは勤務先の「夏休み」かもしれません(ただし現在は夏休みが同じ時期とは限りませんので、ここでいう夏休みは8月10日~17日頃と見做しています)。 そういう考えの方が集まれば、 春の繁忙期ほどではありませんが、 引っ越しシーズンで引っ越し業者の手配が取れないというケースもあるかもしれません。 「引っ越しの予約」にも余裕が必要となってきます。 引っ越しの予約をするのには「この物件に住む」という事が確定している事になります。 荷物の引っ越しだけではありません。 「インターネット回線」等の手続きです。 「マンションでインターネット完備」となっている物件を選んだから大丈夫!、 というのはNGです。 インターネット完備となっていても実は共用部までの設備が完備されていて、 専有部分に関しては開通工事が必要であったり、 仮に工事が必要でなかった場合でもプロバイダーによっては手続き(申し込み)から開通までに1週間以上の日数がかかるケースもあります。 家具購入も搬入までに1ヶ月以上かかるケースもあります。 そうすると少なくとも7月下旬には決済の目途が見えておくようにしなければなりません。 ここまでが1つめの逆算ですが。 上記はあくまでも「リノベーション・改装・DIY等」手を加えないケースの場合です。 物件を自分たちの拘りのようにリノベーションしたい、 と考えた場合、総リフォームを行う場合は工期は最低1~2ヶ月はみておきたいです。 外壁塗装などは(雨漏り等が無く状態が良ければ)入居後改めて発注でも良いのかもしれませんが、 室内はそういう訳にはならないと思います。 もしリノベーション等が必要となるならば6月下旬には決めておきたいものです。 これが第2の逆算です。 6月下旬には目途を立てるためには、 現金決済ならば6月下旬でも構いませんが、 住宅ローン等を利用する場合は概ね2週間~1ヶ月はかかると考えた方が無難です(金融機関等によって異なります)。 急いで承認が出るとして2週間で決済まで可能とした場合、 6月15日頃までには物件を契約する流れになるように進まなければなりません。 それが第3の逆算です。 すると今日からでも物件探しは遅くない、という事になります。 一目惚れで物件を決められれば良いのですが、 実際内覧して五感で感じると「ちょっと」という事もありますので、 その場合はまた探し直し、という事もあります。 だからこそ物件探しには「逆算」が必要になりますし、 日程の余裕が必要にもなってきます。 リノベーション等行わない場合などのケースもありますので、 日程の逆算は異なってきますが、 「間に合わない」というケースより「余裕がありすぎた」くらいの方が心の面で余裕が出てきますし、 後になってみて他の事に時間を費やす事が出来るようになります。

Read more