不動産まめ知識

日本は「南側」がお好き?!

日本は「南側」がお好き?!

縁合同会社安孫子です。
「東西南北」のメリット・デメリットの最終回になりますが、
皆様は今までの投稿をご覧になって、
固定観念は払拭されましたでしょうか?



「今までのブログを読んで何となく理解はしたけれど、
やっぱり南向きかな…」と思われていらっしゃる方、
下記に示す南向きのメリット・デメリットを読んでご判断いただければ幸いです。



南向きのメリットは、

1.季節を問わず昼間の日照時間が他の方角より長いため、
部屋が明るく湿気もこもりにくい点

2.真夏の日差しはほぼ垂直で、
意外と部屋に直射日光が入りにくい点

3.逆に冬になれば長い日差しが部屋奥まで差し込みやすく、
長い時間日が当たるため、
部屋が比較的暖かくなり光熱費を抑えられる点

これを読めば「やっぱり南向きだよね!」と仰るでしょう。
でも待ってください!
デメリットがあります!

1.日が差し込みにくいとはいえ、
やはり夏は気温の上昇がしやすくなる点

2.フローリング、カーテン、家具、蔵書などが日焼けしやすくなる点

3.日当たり条件がよい物件の1階部分は開口部(窓等)を大きめにするため、
道路と面する場合が多く、
通行人などの目線が気になるケースが多く、
カーテンやブラインド等で目隠しをしてしまい、
折角の日当たりのチャンスを活かすことが難しくなる点

4.売買の場合、同じエリア等でも南向きは金額が高くなる傾向がある点

実際にデメリット2については経験があり、
食品がパントリーに保存しても夏場色褪せてしまったケースがあります。

4の場合は住み替えで売却する時には有利ですが、
購入時にはその分予算を多く取らなくてはならないと思います。

あくまでも参考程度で条件は各物件により異なってきますが、
北向き物件の金額を100とすると、
西向き物件の金額は102~103程度、
東向き物件の金額は105程度、
南向き物件の金額は108~110程度になり、
それだけ予算がアップする事になります。



賃貸も売買も同様ですが、
物件を決めるのにどこを重視されるのか、
これは「ライフスタイル」と「予算」が関係してきます。

東西南北もライフスタイルや予算が絡み合う部分です。
物件を決める際にはこの2点は念頭に置いた方が宜しいと思います。

これは実際住むために借りたり購入したりするケースだけではなく、
投資用物件にも同様のことが言えます
賃貸に出す場合の賃料設定にも多少なりとも影響が出てきます。
そのエリアの間取りと金額帯は幾らくらいが狙い目で、
それには方角を重視して金額を多少アップさせた方が良いのか等の判断材料になります。
単純に物件情報で示されたレントロール等の一覧から算出するのではなく、
経年して空室が出た場合の想定を行う中で方位の影響で金額の増減をどのようにしたらよいかも考える必要があると感じます。

東西南北のケースは今回で一旦一区切りですが、
今後も物件のメリット・デメリットを掲載し、
皆様が物件探しの際にお役に立つような情報を投稿致します。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
/
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓














北向きのメリット・デメリット

北向きのメリット・デメリット



「北向きはジメジメ感があってカビやすく、
何のメリットがあるのだろう…?」
皆様そのようにお考えになりますよね?!

たしかにジメジメ感やカビやすいイメージがあり、
それがデメリットですが、
メリットはあるのです!



直射日光が差し込むように入ってくる南向きのお部屋に対し、
北向き部屋は柔らかな光が長時間続くので、
SOHOやご自宅でデスクワークをされる方にはおススメです!
学校の教室等は直射日光が目に刺激が強すぎて良くないので、
北側にする傾向もあるようです。
たしかにこの数日間の日差しを見ていると直射日光は強すぎて目に良くありませんよね。

それと高層マンションの上層階では、
北向きのお部屋でも太陽の光は感じることが出来、
暗く感じることは少なく、
今日のような夏の時にはかえって南向きでは日差しが強すぎて部屋の温度が下がりにくい傾向があります。



庭に植物を楽しみたい方には北向きがオススメです!
実は窓から景色を眺めた時に自然の緑や空が美しく見るのは北向きのお部屋なのです!
植物は光合成を行うために太陽の方向に首を向けるので、
南側から眺めると草花が背を向けた状態になるのです。
そして光量が安定している北側から見る景色は樹木を綺麗に見せてくれる効果があります。



デメリットは最初にも述べましたように、
ジメジメ感があったりカビやすかったり、洗濯物が乾きにくいことです。
洗濯物の乾きにくさは以前に「東向きのメリット・デメリット」でもお答えしたように、
浴室乾燥機やコインランドリーの乾燥機等を活用する方法で解消が出来ます。
ジメジメ感やカビの解消には「通風」です。
家全体の通風の良し悪しで改善することが出来ますので、
物件を決める前にはその確認が必要になります。
場合によってはエアコンの活用もあります。



メリットもうひとつあげておきます。
北向きはやはり敬遠されがちですので一般的には南向きより安く購入出来る傾向があります。
北向きの他のメリットを上手く活用し、
デメリットの解消が出来れば北向き住宅や北向きオフィスも十分検討出来ますよね!

固定概念の払拭できそうでしょうか?!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
/
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓












西向きのメリット・デメリット…

西向きのメリット・デメリット…

連日の猛暑、いかがお過ごしでしょうか。
体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて、そんなときに…、
「真夏の猛暑の中、西向きにメリットなんてあるの?」と仰るかもしれません。
西日はガンガンに差すしメリットなんてありそうもないですよね…。
いや、メリットがあります!
勿論デメリットも紹介しますが、
それは…



午前中よりも午後を中心に日が差すので、
朝遅く起きる人はゆっくり眠れます。
今は働き方も多様になり時間帯も様々になりました。
必ず朝日を浴びて早い時間帯から1日のスタートを始めるとは限りません。

次に西向きの場合は午後から夕方まで日が当たるので、
洗濯をはじめるのが遅くても大丈夫ですし、
洗濯物の量が多い家庭には日の当たる時間が多いので多くの洗濯物が乾きやすいという利点があります。
小さなお子様がいらっしゃる家庭には嬉しいですよね。

3番目に、秋から冬は空気が澄んでいるので、
眺望が確保できる物件ではキレイな夕日を見ることが出来ます。
晩秋から冬の澄んだ空気の中きれいな夕日を見ることが出来るのは何ともいえない感動がありそうですよね。

4番目に冬の寒い時期、西向きでは夕方まで日が差し込むので、
部屋にこもった熱を活かして暖房コストを抑えられる効果があります。
ただし、今のような真夏は熱がこもりやすくいつまでも暑いというデメリットがあります。
その場合は複層ガラスを取り入れたり、
カーテンやブラインドの活用、
部屋に観葉植物などを取り入れるなどの工夫である程度防げることも可能です。

最後に、住宅購入の際、
一般的には南向きの部屋が人気があり、
西向きは価格設定が抑えられているケースがが多い事です。
眺望や(マンションの場合)階数等で異なりますが、
やはり「西日」は敬遠されがちなので、
立地重視で金額を抑えるためには部屋の向きを気にしない、
というのも選択肢のうちの1つになるのかもしれません。



以前に西向きのオフィス賃貸を手掛けたことがありますが、
上層階という事もあり、
部屋の電灯の電気を抑えられる等もあり、
部屋が明るく仕事の効率化にも繋がるのではないか、
と考えたことがあります。

ライフスタイルによって部屋の向きの良し悪しは異なります。
もしご自身でわからないようでしたらいつでもご質問くださいませ!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
/
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓












東向きのメリット・デメリット

東向きのメリット・デメリット



「南向きの物件に限る!」
本当にそうでしょうか…?
私の答えはNOです!

以前にキャリコネニュースのインタビュー https://news.careerconnection.jp/?p=55978 にお答えした際に、
東向きと西向きのメリット・デメリットについてお答えしましたが、
もう少し掘り下げて投稿していきます。

今回は東向きのメリット・デメリットについてです。



東向きのメリットのといえば…
「朝日を浴びられる」事です(物件の形状にもよりますが…)。

朝日を浴びることは、
実は健康にも良いことが実証されています。
部屋の窓から1メートル以内の場所で、
5分程度でも構わないので朝日を浴びることによって、
睡眠や仕事の質を変えることが出来るのです。
それは 世界睡眠会議 https://suiminkaigi.jp/business/sugawara02 というページにも記載がございます。

寝起きに朝日を浴びることによって前向きな気持ちになる、
そして良い睡眠をとることが出来る、
更に翌日朝日を浴びる…。
この循環が出来れば健康のためになるでしょう。

ただしそれは一般のサラリーマン等の事であり、
生活サイクルが異なる方は朝日が入ってくるために睡眠を妨げることになります。
お昼以降に起きて活動される方には東向きはおすすめしませんが、
お子様が学生の方等いらっしゃる家庭では東向きはおすすめです。

デメリットといえば、
冬場に日が差し込む時間が短いことです。
植物が育てにくい環境であったり、
洗濯物が乾きにくい等の影響があります。

ただしこれも解消する事は可能で、
日当好まない植物もありますし、
洗濯物は時期によってはコインランドリーの乾燥機を使ったり、
乾燥がちな家では加湿代わりにタオル等を干すなどメリットに変えることも可能です。

こういう点からも「南向き」に拘りを持つことも見直しが出来るのではないでしょうか?



【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
/
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓













東西南北の良し悪し…

東西南北の良し悪し…

縁合同会社安孫子です。
連日の猛暑、熱中症にならないように気をつけましょう。

ところで…

ご自宅の住み替えの時や事務所・店舗を探す時に、
「東・西・南・北」それぞれの向きを意識していますか?
また、好みはございますか?

先日キャリコネニュースの取材を受けました。
その際に簡単にはお答えしているのですが…。
https://news.careerconnection.jp/?p=55978

ご自宅の向きが東西南北それぞれにメリット・デメリットがあります。
メリット・デメリットについて次回以降に述べていきたいと思います。

ちなみに皆様はどの向きの部屋が好きですか?

【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
/
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買・賃貸・管理のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
移住・二住居政策の支援等も行っている。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

ブログ等の一覧は…
https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire


【にほんブログ村に参加しております】

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!
↓↓