こんなはずじゃなかった...

2021

7 31

我不应该这样…

In:

皆様、こんばんは。
今月もありがとうございました。

「癒される住まいの提案」を行っておりますが、
真逆な事が多いご時世だと感じています。

不動産業界にいて、様々な話を聞きますし、
こういうクレームは何度も聞く機会があります。

「夜中、上の階から響くトンカチの音。ついには『殺す』と叫ぶ声まで聞こえてきて」(埼玉県・30代男性)



住まいを借りるにせよ購入するにせよ、それなりに希望に満ちた方が多いと思いますが、
実際住んでみると「こんなはずじゃなかった」というような事が意外と多く感じます。

・住んでみたら隣の部屋の壁が薄く、テレビの音がガンガンに聞こえ夜眠れない。
・住んでみたら上の階の方がドタバタ歩きうるさい。
・住んでみたら近所の方のご家族に問題があり、夜中集団で大声で騒いでいる日が多い。
・住んでみて暫くしたら近所がゴミ屋敷になり異臭が凄い。
・住んでみたら近隣の方から嫌がらせを受けるようになって住みづらい。
・住んでみたらいつの間にか隣の部屋がゴキブリ屋敷化していた。
・住んでみたら近隣からのペット臭が感じるようになってきた。

等、癒しではなく苦痛を強いられる生活になってしまうことがあります。

住まいを購入した場合、
区分マンションであれば管理会社が設定されている場合は管理会社に一時対応を求めたり、
理事長等に相談してみる、という方法が考えられますが、
戸建住宅等の場合は町内会・自治会で対応となるとおお事になってしまいますので、
最初は直接対応になってしまいよりいっそう気まずくなってしまうケースもあります。

賃貸を借りた場合、
アパートやマンションの場合は管理会社や大家さんに相談してみるのも良いですが、
対応が良くない管理会社等の場合もあります。
戸建住宅等は購入の場合と同様の対応になります。
賃貸の場合は「解約して転居してしまえば良い」と思われがちですが、
例えば借りた直後に解約を申し出た場合、理由を伝えても早期解約違約金が発生してしまうケースもあり、
初期費用を抑えても想像外の出費が発生してしまう、という事もあります。



コロナ禍でインターネット等で探してオンライン内見を行い決めてしまう、というケースが多くなっていますが、
物件を決める際は最終的には物件と周辺環境をよく見て検討するようにしましょう。

臭気などはネットではわかりませんし、
見る時間帯、天候、その他様々な要因によって感じ方が異なります。
環境はその人によって合う・合わないがあります。

「こんなはずじゃなかった」を避けていくには、
物件を決めるまでの間に足を運ぶのは大変かもしれませんが、
やはり足を運んでこそ、の部分があると思います。

そして戸建住宅やファミリータイプのマンション等の住まいの場合は、
「挨拶」などを行い近隣との良い関係作りを行うことも必要です。

気に入らなくて再度引っ越しとなる場合は、
金銭的な出費もありますが、再度時間を要したり、無駄な労力を使ったり等、
あらゆる面の「無駄」が発生します。

明日から8月がスタートします。
8月以降は例年の場合「秋の住まい探し」の時期に突入します。
住まい探しの中に「環境が合う場所を探す」を候補の中に入れてみませんか?

来月も宜しくお願い致します。



☆★☆★☆彡——————★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★☆彡——————彡☆★☆★☆

【追伸】

当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村




除了博客的内容,在我们的电子邮件杂志,
在发布主 HP 之前,我们将提前通知您的一些兴趣和物业信息(无论销售或租赁)。…
如果你愿意,请注册。


点击这里 |mail@r.enishire.com
?Gg[???ubN}[N??