こういうリスク試算は進むのか?

2021

7 28

こういうリスク試算は進むのか?

In:

皆様、こんにちは。

本日宮城県で台風8号が上陸しました。
宮城県に初上陸するのは初めての事、気象が変わってきているのだと思います。



異常気象はこれからも起きると思いますが、
異常気象から災害リスクも高まると思います。

災害は様々なものがあります。
そのうちのひとつが「水害」です。
水害リスクが高い地域に住宅ローンやアパートローンの融資を希望する際は、
金融機関は融資を避けたくなる、というのは自然の流れだと思います。

三井住友銀行では日本だけの事だけではなく世界全体で水害リスクをAIで判断し試算する手法を開発されたようです。
(水害リスクをAIで試算 三井住友銀、気候変動対応)

これは住宅ローン等の不動産融資だけのことではなく、
事業に関する融資に関しての事を記載しているようですが、
こういう試算を出すことは他の金融機関でも取り入れていくと思います。

どこの金融機関も融資の回収リスクがあるところには融資したくない、
というのは当然のことだと思います。

水害リスクだけではなく、地震によるリスク、軟弱地盤によるリスクなどを総合的に見て融資していく、
という流れになっていくのでしょう。



これからは金融機関だけではなく、
誰もが自然災害リスクを知ること・判断することの知識が必要になってくるのだと思います。
少なくとも日頃からハザードマップの確認をする事から始めたいですね。


☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆

【追伸】

当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村




弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、
皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。


ここをクリック→mail@r.enishire.com
?Gg[???ubN}[N??