東京はコロナ禍の影響で衰退するのか?(オフィス編)

2020

10 26

東京はコロナ禍の影響で衰退するのか?(オフィス編)

In:

皆様、おはようございます!



あるある疑問なのですが、コロナ禍の影響で都心から離れて移住する方が増えている、という報道がされていますが、本当にこれから先東京から人口が減っていくのでしょうか…。
東京が衰退してしまうのか、ある観点から見てみることにします(あくまでも私感ですのでご了承ください)。



東京から他エリアに移住する、という報道は「テレワークが増えたから」という要因が一番大きい、という印象で伝えられています。
そして、東京のオフィスの空室率が増加している、と伝えられていますが、たしかに若干空室率は増加していますが、このデータを見てみると異常な空室率になったとは言えない、と感じます。
(東京Aグレードオフィス空室率0.7%)

2013年頃に起きているリーマンショック時の東京の平均空室率は7%台でしたので、そこから見れば決して悲観的な空室率とは言えません。

そして最近の傾向は「テレワークから会社出勤へのシフト」に変更もしている企業が出てきた、という点です。
テレワークで効率が悪かった企業が以前と同様に会社へ出社のスタイルに戻した場合、現在のオフィスではソーシャルディスタンスが確保できない、という事態も発生します。
そのような場合は想像するとわかると思われますが、「事務所拡大移転・事務所面積増床」が検討される可能性が出てきています。
それ以外にも近隣でサテライトオフィスを借りる傾向も出てくると思いますので、小型の物件に関しても悲観的になる必要はなさそうと思います。

ただし、コロナ禍の影響が長期的に続くようであればライフスタイルは変えざるを得ないと思いますので、その場合は住まいだけではなくオフィス拠点も東京から移転、というケースや、バーチャルオフィスに変更、という事も考えられ、衰退する可能性もある、と言えます。

賃料の増減も新型コロナウイルス感染症次第、と言えるのではないでしょうか。



ワクチン・治療薬の開発次第では楽観的に捉えられると思いますが、短期的には焦る必要はないと考えられますが、今後の動向は注視しておき、自分自身のライフスタイルをどのようにしたらよいか見極める必要があります。

人の感情を惑わせるような報道に翻弄するのではなく、冷静に物事を見て判断する力は必要ですね。


☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆ ☆★☆★☆彡——————彡☆★☆★☆

【追伸】

当ブログが良かったら、下記ボタンに「ポチ!」をしていただけますと嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村

応援お願いします!
皆様により良いお話をお伝えする励みになります!


縁合同会社オフィシャルブログ - にほんブログ村


弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、
皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。


ここをクリック→mail@r.enishire.com
?Gg[???ubN}[N??