他人事ではない「環境とCOVID-19の関係性」

2020

4 30

他人事ではない「環境とCOVID-19の関係性」

In:

早上好,女士們,先生們!

「Stay Home」は心掛けていらっしゃいますか?
そして手洗い等も怠らず行っていらっしゃいますか?

日本では日常的に「手洗い」が出来る環境であります、今のところは…。
しかし、それが出来ない国もあります。



それはチリです。
衝撃的な記事を発見しました。
(南米チリの水不足… ウイルス危機の手洗い需要にも不安)
https://頭條新聞雅虎公司 jp/百升?a=20200429-00010002-afpbbnewsv-int

記事によると干ばつによる水不足が原因となっているようですが、その干ばつが起きた原因は乱開発がもととなっているようです。

日本でも高度成長期やバブル期に様々な開発があり、大気汚染などの環境破壊がありました。
最近になって漸く「環境保護」に関する意識が出てきましたが、未だまだ弱いような気がします。

皆様はこんな事を考えた事がありますか?
「もし日本が今後(夏などに向けて)雨不足で水不足になり、それが秋になっても冬になっても解消されず、入浴や洗濯どころか手洗いもままにならない状態が続き、アルコール消毒液も入手出来にくくなったら、いったいどうなるのだろうか?」…。



取水制限が発生した場合、今のような衛生環境が維持できるとは限りません。
不衛生な状態が続けば当然コロナウイルスだけではなく、様々なウイルス感染、細菌感染が広まるのは考えられる事です。
そうなった場合、今以上に経済活動がストップしてしまい、日本経済がどうなってしまうのか不安材料が増えてしまいます。
それ以外にも医療・介護崩壊が起きる可能性も十分あり得ます。

今しなければならない事、そのひとつが「環境保護についてよりいっそう意識を高め、自らの命を守るために何ができるのか、出来る事を徹底的に行っていく」事だと思います。



予防のために当たり前のように手洗いが出来る事、それは「当たり前ではない」事なのです。
水不足になる事は決して他人事ではありません。

自宅にいる機会が多くなっているからこそ、資源の無駄遣いはやめていきませんか?
水が当たり前のように使える環境に感謝しながら、地球の環境を良くしていきませんか?



[追擊]

如果你願意,請註冊Mermaga讀者和官方LINE的朋友。
在Mermaga,我們為您提供關於房地產的資訊,包括讀者有限的財產資訊,
官方LINE將以聊天形式回答有關房地產的個別問題。

- 梅爾馬加註冊 -
請在以下地址發送您的空白電子郵件。 * 請確認垃圾郵件資料夾。
mail@r.enishire.com

- 官方LINE好友註冊*
點擊下面的按鈕註冊你的朋友。
友だち追加
?Gg[???ubN}[N??