藤井アナウンサーから見る「非常時の人としてのあり方」

2020

4 23

藤井アナウンサーから見る「非常時の人としてのあり方」

In:

皆様、おはようございます。

外出自粛要請が出て大変な時期ですが、なるべく自宅に待機をするようにして、「おうち時間」を有意義に過ごせるようにしましょう。
それが1日も早い終息に繋がる事を願っております。



さて、本題に入ります。

月曜日から金曜日に日テレで放送されている「news every」。
私もときどき拝見しております。
わかりやすい解説で親しみやすさを感じています。

そのnews everyですが、今ある話題を呼んでいます。

それは…

(news every藤井アナ、連日の心温まるメッセージ 視聴者「自粛中のモヤモヤがすっきり」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00000183-spnannex-ent

こういう時は殺伐としてしまいがちで、とくに「優しさ」が欠けてしまう言葉を発してしまうことが増えてしまいます。
自分自身に余裕が無くなる、それは誰も同じ事です。

しかし藤井アナウンサーは違っています。
藤井アナウンサーの言葉を振り返ってみると、単なる「お願い」だけではなく、気持ちのこもった温かさのある言葉を視聴者の皆様に訴えていると感じます。



こういう時に私もつい批判的な言葉を言ってしまったりします。
しかしこういう時にこそ「相手への思いやり」を重視しなければなりません。
辛い時だからこそ寄り添う気持ちを持つことも必要ですし、
「自分自身の考えだけではなく、相手は同じ考えではないかもしれない」という相手の立場になった気持ちで接する事も必要だと思います。

外出を控えるという事はストレスを溜めやすくなります。
しかし、自分自身が見えていないところでも「陰で支えてくださる人が多くいらっしゃる」と気が付けば、自粛要請に従う事も納得できてくると思います。

藤井アナウンサーのような人が今は世の中に必要だと思います。

そして、「自粛」と思うから辛くなってしまうので、「今までとは違う世界・違う環境になって、そういう環境からの発見を増やしたり気付きを知ることも楽しみのひとつ」と発想を変えて過ごしていくもの良いのかもしれません。

今までとは違う「住まいのあり方」なのかもしれませんね。


【追伸】

よかったらメルマガ読者登録&公式LINEのお友達登録もお願い致します。
メルマガでは読者限定の物件情報や不動産に関する情報などをお伝えし、
公式LINEでは不動産に関する個別質問等をチャット形式でお答えします。

~メルマガ登録~
下記アドレスに空メールをお送りご登録くださいませ。※迷惑メールフォルダの確認もお願い致します。
mail@r.enishire.com

~公式LINEのお友達登録~
下記ボタンをクリックするとお友達登録が可能です。
友だち追加
?Gg[???ubN}[N??