立ち位置を見つめ直す時...

2020

4 18

立ち位置を見つめ直す時…

In:

皆様、こんばんは。

今日は大雨の1日でしたが、皆様のところは大丈夫でしたでしょうか。
こちらは雨が止んだ後に地震が発生し、少しドキッとしました。
先日申し上げた通り「自宅避難のあり方」を再度検証していきたいと思います。

さて、本題に入ります。



先日テレビ朝日のアナウンサーの方がコロナウイルスに感染されました。
この話は皆様ご存知かと思います。
数日して謝罪のコメントが伝えられました。
(報ステ・富川アナが謝罪「発熱を軽視してしまった」感染経路は「思い当たることがありません」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000217-spnannex-ent

この謝罪に関して違和感を感じたのと、様々な見方がありました。
違和感に関しては「好きで感染したのではないのに謝罪されるなんて…」という事です。
1日も早い回復を願うばかりです。

しかし、ここで様々な見方が出来ました。



日本の企業での働き方は(あくまでも経験上ですが)「体調を崩しても会社を休めない」「苦痛になっても働き続けることが美学」のような雰囲気が根強く残っている事です。

「具合が良くないので休みます」と言い難い風潮が根幹に残っているような気がします。

体調が良いからこそ良い働き方が出来る、そう思いませんか?
熱がある、咳をしている、だるい、関節痛がある…、そういう時に良い業務を熟せていく事が果たして出来るのでしょうか?

10年以上前ですが、私も会社員の頃「休みます」が言えない経験をした事があります。
数日間、体調が悪い日が続いていましたが、無理して会社に出勤をしていました。

ある金消契約の前日、37.5度以上の高熱を発しました。
この状態で金消契約に立ちあってしまってはお客様へご迷惑をお掛けする事になります。
すぐに直属の上司に電話を掛けました。
「翌朝熱が下がらなかったら自分が代わりに立ちあうから…。」という回答。
やはり翌朝熱が下がらない状態でした。
上司に電話を掛けたところ、携帯電話はずっと電源が切れている状態…。
穴をあけてしまう訳にはいきませんので、金消契約を行う現場まで片道2時間かけて行きました。
その日は無理して出社し続けましたが、自宅に戻っていく記憶が今でもありません。
そのまま病院へ直行したところA型のインフルエンザに…。

お客様へ感染はしなかったものの、社内では勿論問題になりました。
通常に考えれば「社員への健康管理を怠っている」になるのでしょう。
しかし見方が違っていました。
「インフルエンザに感染する方が悪い!」



皆様は上記を読んでどのような感想でしょうか?

私も最近までは「とんでもないブラック企業に勤務していたかも…」と感じていました。
しかし、コロナウイルスの影響で少し考え方に「幅」が出てきました。

・日頃からの体調管理が出来ていない
・ひとり抜ける事で他の方に負担が生じる
・担当者以外の社員が肝心た時に代役で変わった時のお客様の心象
・過去から続くブラック体質の変化の無さ
・人を思いやる気持ちの違い

など、見方は様々あると感じました。

こういう事態になった時に企業としてどのような対応が出来るか手腕も問われますが、社会人としての見方も問われると思います。

勿論私自身が誰かを採用する事になった場合は先ずは社員の体調管理を気をつかう事が前提です。
体調が悪い時に業務を任せる事は出来ませんので、先ずは健康になってもらう事を優先とします。

こういう時だからこそ考える事はたくさんあります。
・誰かがもしコロナウイルスに感染した場合、その後の対応はどうするのか
・コロナウイルスに感染しないための環境作り
・社員だけではなく社員の家族、そしてお客様等も含めて心理的な不安要素をどのように払拭していくのか
など様々あります。



「今までこういう環境だから出来ない!」と一言で済ますのは簡単な事です。
しかしまわりへの思いやりや配慮などを考えると様々なものの見方が出来ますし、「常識」と思われていた事が、ある不慮の事態が発生する事で「非常識」に変わってしまう事もあります。

「自分の考え方が正しい」というのではなく、一人ひとりが考え方が違く、あらゆる捉え方がある事、そしてどのように対応をしていったらよいのか、対応の仕方で全体が良くも悪くも変わってしまう、という事を認識する必要があると感じました。



今回、奥様も陽性反応が出てしまいました。
小さなお子様もいらっしゃるので、お子様の気持ちを思うと胸が痛くなります。
(赤江珠緒アナ、新型コロナウイルス陽性反応 15日に発症、娘は陰性)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00000156-spnannex-ent

自分自身の責任感を押し通すのではなく「まわりを見る。まわりも他の方を配慮する。」という気持ちになる事が大切だと感じています。
他人の考え方を否定ばかりするのではなく、その言葉の裏に何を意図しているのかよく見極め、「誰がために」なるにはどうしたらよいか考え行動に変えていきたいものです。

コロナウイルスの影響で気持ちが暗く否定的になりやすくなっていますが、今一度多角的なものの見方をしてみませんか?
私はそうしていきます。


【ブログランキングに登録しています!】


よかったら下記バナーをポチっとしていただきますと弊社の励みになります!


宜しくお願い致します。 


 










?Gg[???ubN}[N??