【お子様のストレス発散の仕方はその方法で本当に大丈夫なの?】

2020

3 13

【お子様のストレス発散の仕方はその方法で本当に大丈夫なの?】

In:

皆様、おはようございます!
縁合同会社安孫子です。

先日コロナウイルスの事でWHOは「パンデミック」宣言をされました。
ますます外出を控える方が増えるのではないかと感じています。
予防対策を確り行いたいですね。

さて、この事に関連しますが、先日「プラスにもマイナスにも左右する公園の存在と不動産」について当ブログで述べました。
https://enishire.com/73680/2020/03/10/%e3%80%90%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%ad%98%e5%9c%a8%e3%81%ab%e3%82%82%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%ad%98%e5%9c%a8%e3%81%ab%e3%82%82%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%87%e3%80%87-%e3%80%91/

現実問題として「近くに子供たちが遊べるような公園がない!」と仰るご家庭もあると思います。
そういう時にこういうところで遊ばせていませんか?
若しくはお子様と一緒に遊びに夢中になっていませんか?



そうです、「道路」で遊んでいませんか?
「この道路ならば車が殆ど通らないから…」とか「道路の奥は行き止まりだから大丈夫…」と言って遊んでしまうケースがあると思います。
例えばボールで遊んでいて、ボールが違う方向に行った時に子供は慌ててボールを拾いに行った際に、急に車が現れたら…、というようなケースを想像したことありませんか?

とても危険ですし、「車は急に止まってくれないから…」と言ってしまいそうですよね。
そうです、車は急ブレーキをかけても急には止まれません。
車の運転手だけが道路交通法違反になるのではありません。
その参考記事が…

(コロナ休校で「道路族」が横行? 家の前でボール遊び、奇声に「うるさすぎる!」悲鳴も)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00010904-bengocom-life

なんとご両親様の監督不行き届きで「道路交通法違反」に抵触する事があります!
十分気を付けなければならない事です。

それだけではありません。
上記リンク内でも記載があるように、「騒音」と捉えてしまう方も実際いらっしゃいます。
とくにこういう世の中全体が神経とがらせている時は余計にそのように感じてしまします。

だからこそ、お子様のいらっしゃるご家庭は「日頃からお子様が上手にストレス発散できる環境」が必要になってくるのです。
公園で遊ぶこともそのうちのひとつになると思います。

それぞれのライフスタイルに合わせた住まい選びこそが、後々の近隣との良好な関係になっていくのか、はたまた近隣トラブルに発展してしまうのか、にもなってくる可能性があります。



道路にいるネコちゃん達も人間の行動をよく見ていますよ!
マナー改善するためにも「住まい」の役割は大きな存在だと思います。

様々な要素を慎重に検証する事こそがより良い住まい選びのコツだと思います。
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj