中秋の名月を取り入れて「運気アップ」?!

2019

9 13

中秋の名月を取り入れて「運気アップ」?!

In:

皆様、こんにちは!

今日は…



中秋の名月です。
今はあいにくの曇り空ですが、夜晴れる事に期待しています。

中秋の名月は旧暦の8月15日になります。
旧暦では7月から9月までが「秋」とされていて、ちょうど中間の日になります。

中秋の名月に限らず秋は月がとてもきれいに見える季節でもあり、秋は財運アップする季節とも言われています。
お月見に仕方によって財運アップ(?)も…、という事を述べていきます。



中秋の名月に飾るのが「団子」です。
なぜお供えをするのかというと「収穫に感謝するお祭り」だからです。
住宅事情で月が見えない住まいもたくさんありますが、窓辺にお月見コーナーを作り飾るようにしましょう。
出来れば南側か南西側が理想ですが、そうでなくても構わないようです。

団子を飾るのには三方や丸いお盆、器に盛り付けるようにしましょう。
そのお供えは「福」や「財」を表していますので、飾った団子を感謝しながら食べるのが良いです。
団子そのものは穀物の収穫に感謝し、満月に見立てて、物事の結実を表しているものといわれています。

お月見コーナーには団子以外に「ススキ」や秋の七草も飾るのがベターです。



ところで…「十五夜を楽しんだからこれで運気アップ!」と捉えるのはNGです!
中秋の名月だけ楽しんでいたら「片見月」とされていて逆に運気を下げてしまうとされています。
ではどのようにしたら良いのでしょうか…。



実はあと2回、セットでお月見を楽しまなければならないのです。
それは…

1.十三夜
旧暦9月13日をいい、団子と一緒に「芋」を飾りお月見をします。
この日は「芋名月」とも呼ばれ、芋は本来里芋などを飾るようですが、別名「栗名月」「豆名月」ともいい、芋のかわりに栗や豆を飾って食するのも良いと言われています。
芋や栗、豆を飾るのは中秋の名月と同様、収穫に感謝する事だとされています。
ちなみに今年は10月11日になります。

2.十日夜(とうかんや)
旧暦10月10日をいい、中秋の名月と同様団子を飾ってお月見をします。
十三夜と同様「収穫に感謝」を意味しています。
ちなみに今年は11月6日になります。



上記のどれかだけ楽しむと、欠けてしまう=収穫が欠けてしまう=収入がダウンする、といわれているので、必ず3セット行わないと縁起が悪い、と言われています。

良い運気にするためにもたくさんお月見を行い、季節感を楽しみ、日頃の暮らしに感謝したいものですね!
感謝の意味を込めるものなので、室内等は綺麗にしておきましょう!
暮らしの中に日本の言い伝えを取り入れることでライフスタイルにも変化が生じるかもしれませんよね!


弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、
皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



住まい(不動産・土地)ランキング


ライフスタイル(全般)ランキング


ガーデニング初心者ランキング


ペット・動物との暮らしランキング


社会貢献・慈善事業ランキング
?Gg[???ubN}[N??