保護猫シェルターの館長から得たこと...

2019

8 15

保護猫シェルターの館長から得たこと

In:

早上好,女士们,先生们!

今日まで夏休みの方も多いのではないでしょうか。
先日サブホームページブログで投稿しましたが、
ご家族との時間は大切に過ごされましたでしょうか?

HTTPS的://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=150263&act_lst=detail&page=1


现在,让我们进入正题。



以前よりこの活動は存じておりましたが、
先日ネットの記事にもなりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-11000125-maidonans-life
(保護猫シェルターの館長は小学生! 殺処分ゼロを目指して奮闘する小6の女の子)

小学生の子がなかなか出来る活動ではありません。
「命」を預かっているからです。

ここまでやり遂げるのには
・猫を助けたいという強い思い
・活動をする環境(場所)
・家族などのまわりの方の協力
があってこそだと思います。



本来でしたら「保護犬・保護猫」がいなく、当然「殺処分」等という事は論外な世の中になる事が当たり前にならなくてはなりません。
しかし現状はそうではありません。
「命」の重みを忘れているのではないでしょうか。

「生きる事」に必死になれば家族にも人にも動物にもあらゆるものに「優しさ」が出てくるはずです。
「優しさ」があってこそ「より良い社会の形成」になるのではないでしょうか。



夏休み最終日の方が多い今日、
終戦記念日を迎える今日だからこそ「命の大切さ」「生きること」「優しさの社会形成」について改めて考えて行動に移す決意をしたいと考えています。

今私が出来る事といえば「ペット可住宅の普及」、
それが広がり「ペット共生社会の確立」へ繋げることです。

命を大切にする環境作りを積極的に行っていきます。
?Gg[???ubN}[N??