無駄を省く、無駄を作る、の共存(2)

2019

8 11

無駄を省く、無駄を作る、の共存(2)

In:

皆様、おはようございます!



昨日は「無駄を省く」物件選びについて投稿しましたが、
今日は「無駄を作る」物件選びについて投稿します。



皆様にとって「住まい」とは何でしょうか?

仕事をして寝に帰るだけの場所でしょうか…。
もしそれだけのためであるのならば、
ドミトリータイプのシェアハウスやビジネスホテル住まい、もっと極端な話であればキャンピングカー生活でも構わないのでは、
となってしまいます。

仕事や学校生活の関係上自宅以外にドミトリータイプのシェアハウスやビジネスホテル生活が必要、
というのは有りだと思いますが、
毎日通常に生活するためにこのような場所で過ごすのは少し疑問に感じます。
(あくまでも主観です。)

休みの時間こそ「自分らしさ」を活かすための過ごし方ですよね。

それには「無駄を作る」事も必要になってきます。



例えば無駄に長い廊下…。
「こんなに長い廊下を作るくらいならば部屋等のスペースとして欲しい」と思われるかもしれません。
しかしその廊下を活かそうと思いませんか?
廊下の壁にピクチャーレールを設置して思い出の写真を飾ったり、
普段来客が無い場合はヨガマット等を敷き体をリフレッシュする場としても使えます。
スポーツジムに通う費用や時間を削減する事も可能ですよね?!

以前にこんな経験をした事があります。



「洗面所・洗濯機置場から脱衣場・浴室までに通路があり、その通路が無駄に長い!
こんな無駄なスペース…。そもそも通路はいらないからコンパクトに纏まっていたらどんなに良いか…。」
と感じた戸建がありました。
正直なところ設計ミス、とも思われるような間取り。
敷地の形状の関係からそのような間取りになってしまったのではないかと思いますが、
珍しい間取りの戸建でした。

何度かその戸建へ通っているうちに「!」とひらめいたのです。

無駄な通路は南側に面していて窓も設置してあり通風は良好でした。
今では主流になりつつありますが「部屋干し」が出来る環境だったのです。

日中自宅が不在になっても、
浴室乾燥機以外で室内干しが出来る環境。
無駄こそが必要な物件になったのです。



自らの住まいでは必要ではないロフト、
自らの住まいでは必要ではないデッドスペース、
自らの住まいでは必要ではない専用庭、
自らの住まいでは必要ではないルーフバルコニー…など
「こんなの必要ではない」と思われる「無駄」が「玉手箱」に変わってしまうこともあるのです。



住まいとは「自分らしさの追求」の場所でもあると思います。
住まいとは「個」を活かす場所でもあるので、
単に寝に帰る場所ではないと思っています。

それには「自分らしさを活かす場所」が必要であり、
ときには「無駄」も必要になります。

住まい選びに必要な点のひとつは「無駄を省くことと無駄を作ることを共存させること」だと思います。
調和する事ですね。

あくまでも主観なので「違う」というご指摘もあるかもしれませんが、
一度この点を見てみるのは如何でしょうか。


弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、
皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



住まい(不動産・土地)ランキング


ライフスタイル(全般)ランキング


ガーデニング初心者ランキング


ペット・動物との暮らしランキング


社会貢献・慈善事業ランキング
?Gg[???ubN}[N??