経験してみて...

2019

7 26

経験してみて…

In:

皆様、おはようございます!



今更ですが簡単に自己PRします(笑)

不動産業界に入ったのが平成14年。
この業界で17年目を迎えています。

この業界で行ったことは
・オフィス系PM(オフィス系の賃貸管理)
・売買仲介(住居、収益不動産など)
・新築戸建の建売事業
になります。

「住まい」としての提案は、
新築も中古も取り扱ったことがあるので新築の良さも中古の良さも理解しています。
現在は新築戸建の仲介も行っておりますが、
どちらかといえば中古の方を注力しています。



「新築の方が良いに決まっている!」と仰る方へ、
本日は伝えたいことがあります!

先日ちらっとふれましたが、
中古のメリットのひとつは「引き渡し日がある程度わかる」点です。
https://enishire.com/73680/2019/07/24/%e3%81%82%e3%81%a81%e5%b9%b4%e3%80%81%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%8b%e3%82%89/


中古物件は「既に完成済み」なので、
あとは売主様の都合により引き渡し日が設定されるからです。
リノベーション中の場合はリノベーション完成後の引渡しになったり、
「応相談」というケースで覆いのが「契約後1~2ヶ月程度」ということです。
なかには「空家・現況引き渡し・引き渡し即可能」というケースもあります。

戸建住宅の新築の場合はある程度工期が見えていますが、
区分マンションの場合建築に時間を要し1年以上先の引渡しのケースも多々あるので、
例えば「働き方の変化」によって勤務先が遠くなって通勤に支障が出たり、
年収が現況より下がってしまい、当初予定と異なるケースもよくあり、
現金購入でない限り先が見えていない、というパターンが生じてきます。



中古のメリットは「現況」を見る事が出来る点です。

未完成物件の場合、モデルルームで確認をして引き渡しになるケースが多いですが、
あくまでもモデルルームの確認なので、いざ完成後現地を確認してみたら「イメージと違っていた」という錯覚を起こしてしまうことも…。
想像以上に良かった、ならばよいのですが、「こんなはずじゃなかった」では取り返しのつかない事になる懸念も考えられます。



もうひとつですが「新築はあくまでも未入居1年以内」の事をさし、
極端な事を言えば新築で1年以内でも荷物1つでも物件に入れてしまったらその場で「中古」なのです。
基本的には土地の価格が上昇していれば「物件価格」が新築時よりアップする事も考えられますが、
一般的には「中古」になった時点で価格は下がります。

だからこそ「中古」にはメリットがあるのです!



もちろん中古物件といっても良い物件、そうでない物件様々です。
だからこそ「ネット確認」も必要ですが「現地確認」も必要になってきます。
五感で感じることは大切な事で、
五感で感じるからこそ「この物件!」と確信が持てることも多々あります。

皆様には良い物件のご提案を行っていきます!


弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、
皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



住まい(不動産・土地)ランキング


ライフスタイル(全般)ランキング


ガーデニング初心者ランキング


ペット・動物との暮らしランキング


社会貢献・慈善事業ランキング
?Gg[???ubN}[N??