「縁側」...

2019

7 06

「縁側」…

In:

皆様、こんにちは!
縁合同会社安孫子です。




2年前の今日、弊社の法人登記が完了し正式に設立しました(実際の営業日はもう少し先になりますが)。
ここまでの道のりは皆様のおかげだと思っております。
この場をお借りして感謝を申し上げます。
これからも宜しくお願い致します。

さて、弊社のトップページに掲載致しましたが、
「縁」という弊社の名前の由来は2つあります。

https://www.enishire.com/73680/

ひとつは「ご縁」の「縁」です。
不動産取引はよく「ご縁もの」とも呼ばれているように、
2つとして同じ物件は存在しません。
だからこそどんなご縁になるのかというところから縁ものと呼ばれているのでしょう…。

もうひとつの「縁」は「縁側」を意味しています。
実はこの「縁側」にしようと思ったきっかけが独立前にありました。



2017年4月、ある企業の移転パーティーに参加致しました。
その企業は築50年のオフィスビルを1棟借り上げを行いリノベーションを実施されました。
築年数を思わせないような雰囲気になり、
フロアの一部はシェアオフィス兼イベントスペースになっていて多くの方が出入りできる場所となっています。
1階はどなたでも利用できる食堂となっていて、
健康を意識したメニューとなっています。

その企業のパーティーの際に登壇があり、
企業のご担当者様がリノベーションしたオフィスのコンセプトを仰っていました。
それが「縁側」だったのです。

縁側はくつろげる場所でもあり、コミュニケーションをはかれる場所でもあります。
(敷地の)外側と内側を繋ぐ場所で、
どなたでも堅苦しくなく立ち寄れる場所、企業と町を親しみを込めて繋がれる場所を意味して「縁側」とされたそうです。



私もその考え方に賛同し、
起業する際には「縁側」をひとつの目標にしようと思った瞬間でした。



不動産取引自体が高額で堅苦しくときには怪しげなイメージがあります。
そういう雰囲気を払拭したいという思いから「縁」という言葉を使用しました。

衣・食・住はどなたでも必要なものです。
その「住」がとっつきにくいイメージではより良い暮らしのご提案が出来にくくなってしまいます。

もっと気軽にお話が出来る場所、
もっと気軽に相談できる企業、
この1年はそういう「縁側」のイメージを出していく事が弊社の目標のひとつです。



どうぞこれからも宜しくお願い致します。

令和元年7月6日
縁合同会社  代表 安孫子友紀


弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、
皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



住まい(不動産・土地)ランキング


ライフスタイル(全般)ランキング


ガーデニング初心者ランキング


ペット・動物との暮らしランキング


社会貢献・慈善事業ランキング
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj