行事を通じて...

2019

4 21

行事を通じて

Em:

皆様、おはようございます!
縁合同会社安孫子です。

Hoje…



「イースター」É.
日本ではあまりなじみがありませんが、
イースターとは別名「復活祭」と言い、
キリストの復活を記念するキリスト教の祝日になります。
毎年イースターの日は違っていて、
春分の日以降の最初の満月の次の日曜日になります。



キリストが亡くなってから3日後に弟子たちの前にあらわれた事を祝って特別な礼拝が行われるそうです。

ゆで卵に色を付けて飾るイースターエッグが有名ですが、
なぜ卵かというと、
卵は生命の復活の象徴とされているからです。

ウサギが出てくるのはウサギは子だくさんから「繁栄」を意味しているそうです。



日本ではまだ浸透されていませんが、
2010年からTDLでイースターに関する特別行事が行われていたり、
菓子メーカーや飲食店などでも少しずつイースター関連商品を販売したりしています。

ハロウィン同様、
日本に入ってくると元々の意味合いからかけ離れてしまって行事を行う事が多いのですが



行事の本来の意味合いを知ることは必要な事ですが、
家族などでも行事を行う事で団らんの機会を増やすことになると思います。

家族の絆を深めることは生きていく上で大事な事だと思います。



先日あるニュース番組で高齢者の一人暮らしが増える事を報道されていました。
少子高齢化に伴いそういう事が加速化してくると思います。

たとえ一人になった時でも、
誰かと連携する事で安心感が芽生えます。
「家族」とは少し異なりますが、
誰かと連携することは家族に多少なりとも似ている部分があります。

人は最期はひとりかもしれません。
しかし一人では生きていく事は出来ません。
暮らしの中で必ずと言っていいほど誰かと関わりがあります。

行事を通じて誰かと交流すること、
地域と連携する事なども大切な事だと感じています。

こういう何かしらの行事を通じて「繋がり」の大切さを語っていきたいと思います。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定企業のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
É encorajador.!



















?Gg[???ubN}[N??