再度考えよう、物件選び!

皆様、こんばんは!
縁合同会社安孫子です。

昨今当ブログでも投稿していますが、
連日のようにレオパレス問題は話題となっています。
このURLも私は一理あると感じています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190221-00000065-sasahi-bus_all
(ぐっちー「レオパレス問題、地銀に延焼→税金投入シナリオはまずい」〈AERA〉)

これを機に手抜き工事異は無くなってほしいと切に思います。



さて、本題に入ります。

上記レオパレス問題も発生していることから、
本年は運送業者の手配がつきにくく、
引っ越しが遅れていらっしゃる方が増えていると感じています。

そういう機会にこそ「住まい」のあり方を再度見つめ直す事が大事です。
今回は「ひとり暮らしが適しているか、それとも家族と一緒の方が…」というテーマで述べていきます。



進学や就職、転勤の時期に考えるのが「親もと(または家族のもと)から通うのか、それともひとり暮らしを…??」と…。

実はひとり暮らしには向き・不向きがありますが、
考え方を変えると向き・不向きが逆転する事もあります。

まずは一人暮らしのメリット・デメリット、そして一人暮らしに向いている人はどんな人か述べます。



【一人暮らしのメリット】
・学校や勤務先の近くに引っ越せば、通勤時間、通学時間を減らすことができる。
・生活のリズムを自分自身で決められる。
・他人に干渉されない自由な時間を持つことができる。
・自宅の中でのルールを自らが決められる。

【一人暮らしのデメリット】
・生活のリズムが乱れやすくなる。
 場合によっては食生活などが乱れる事もあるので、自己責任で健康管理をしなければならない。
・病気やケガ、その他突然のトラブルがあった際、対応が難しい場合がある。
・一人暮らしのため、基本は家事を他の誰かと協力したり、任せたりすることができない。
・生活費を家族等で分担できないため、出費が増える。
・寂しさを感じたり、孤独な気持ちになる場合がある。

一歩間違えると、こういう事になるのでしょうか…。



【一人暮らしに向いている人】
・とにかく一人暮らしをしてみたいという願望が強い人
・いつも一人の時間が足りないと感じている人。
・金銭感覚のある人、計画性のある人。



では、実家暮らし(家族等と同居)のメリット・デメリット・実家暮らしが向いている人について述べます。

【実家暮らしのメリット】
・家族と生活リズムを合わせる必要があるので、自然に生活リズムが身についてくる。
・ときには家事を家族に頼ることができる。
・食事をきちんととれる機会が多く、健康管理しやすい環境でいられる。
・病気やケガ、その他突然のトラブルにあっても、家族と話し合ったりし、協力し合い解決する事が出来るケースが多い。
・家賃がないため、お金がかからない。またはお金を入れる場合でもひとり暮らしよりは少なくて済むケースが多い。

【実家暮らしのデメリット】

・通勤や通学に不便な場合があり、苦になることがある。
・家族と同居のため、生活のリズムが家族に影響されるケースが多い。
・家庭内では一人だけになるのが難しく、家族に干渉されやすく、鬱陶しく感じることもある。
・家族全体のルールに従って生活する必要があるので、自分のペースという訳にはいかない。

【実家暮らしに向いている人】
・仕事や学校が忙しくて、家事などの他のことに時間を割く暇がない人。
・寂しがりやな人。
・自分自身の生活のリズムを作れない人。
・金銭感覚の無い人、浪費家。または借金がある人。



皆様はどちらのタイプでしたでしょうか?

もし、実家暮らしタイプだった方がひとり暮らしが出来ないのかというと、
そういう訳ではありません。

最初に述べたように「考え方の変え方」なのです。

いっぺんにデメリット部分を克服しようと思うと苦痛になります。
しかし、ひとつずつ克服しようとすると意外と習慣化してしまう事もあります。
ひとつ出来たら自らにご褒美、という事なのです!

「自立する」という意識を持つことも大事です。
自立というのは親と連絡を取らない、
という事ではありません。

家族と離れてみてわかることもたくさんあります。
家族の有難さ、家族の偉大さを感じた時には、
もっと頻繁に家族との交流が持てるのではないでしょうか。
もっと家族を大切にしていくはずです。

ひとり暮らしをするか迷った時は、
実は家族とは何か、と見つめ直す機会になります。



今年は運送業者も見つかりにくい状況もあり、
引っ越しそのものがずれ込むケースがあります。
そういう時こそじっくり物件を見つけるチャンスでもあります。
ひとり暮らしをしようと考えた場合、
「家族のあり方」と「自分には短所を克服できる力があるか」を考えてみると、
進む方向性が見つかってくるかもしれません。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定企業のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も…!
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!