節分と

皆様、おはようございます!
縁合同会社安孫子です。

今月も宜しくお願い致します。



さて、2月3日は節分。
今年は「恵方巻は余分に生産しないように」と呼びかけられています。
この事は後程述べますが、
まずは節分とは何かを述べます。



節分とは本来季節の変わり目の日をいいます。
立春・立夏・立秋・立冬の前日の事をいい、
季節の変わり目には邪気が生じると考えられていて、
悪霊を追い払うための行事が行われます。

立春の前日の「節分」で行う豆まきはまさしくその事を指していると思います。



一般的に豆まきに使う豆は「大豆」ですが、
その大豆は炒ってあるものを使います。
それは旧年の災いを払うための豆から発芽したら不都合だからです。

大豆以外を利用する地域もあります。
北海道・東北・北陸・南九州では殻付きの落花生を使用しているようです。
千葉県もたしか落花生を使用する地域があります。

炒り豆を使うのは、
旧年の厄災を負って払い捨てられるものであるため、
撒いた豆から芽が出ては不都合あるからと言われています。

神社によってはミカンや餅、お菓子を撒くところもあり、
「汚れにくいから」という理由からだそうです。
昔は米、麦、かちぐり、炭なども使用されたそうです。
豆まきとなったのは、五穀の中でも収穫量も多く、
鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが程よいという説があるそうですが定かではないそうです。

ところで豆をまく時は「鬼は外、福は内」と掛け声をかけるのが一般的ですが、
鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では
「鬼は内(鬼も内)、福は内(福も内)」と掛け声をかけるそうです。

豆をまく後ろで、すりこ木や杓文字、すり鉢などを持ち、
「鬼は外、福は内」の掛け声に合わせて「ごもっとも、ごもっとも」などと相槌を打つ風習が残っているところがあります。
北海道・長野県・石川県・福井県・京都市・長崎県などの一部地域や、
深志神社(長野県松本市)・重蔵神社(石川県輪島市)・正覚院(石川県羽咋市)・知恩院(京都府京都市)・興福寺(長崎県長崎市)・有川神社(長崎県南松浦郡新上五島町)の社寺でも行われているようです。

さて、恵方巻ですが、
商人の町大阪が発祥と言われていますが、
実はこれは定かではないそうです。
恵方巻の太さも細巻や中太巻、手巻き寿司などもあって様々。
食べ方も
「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し、
言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」
「目を閉じて食べる」
「笑いながら食べる」
等地域によってもやり方は色々あるようです。
近畿地方の表現である「丸かぶり」という言葉から商売繁盛や家内安全を願うもののようですが、
これもはっきりしていないそうです。

現在恵方巻と言われているものですが、
広島県の某コンビニエンスストアの方が「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」と聞き仕掛けたことが始まりのようで、
1988年から全国的に広まったそうです。
それ以前の文献類は見当たらないようです。

謎が深まり意外な恵方巻ですね。



さて、元に戻りますが、
節分のあり方は今は様変わりしつつあるようです。

ある幼稚園では、
豆まきが終わった後、鬼と園児が仲良くしたり、
恵方巻の余剰生産を控えるよう呼びかけたり、
豆まきの豆が大豆から殻付き落花生に変わってきたりなど

この事は暮らしのあり方にも良い変化だと感じています。

園児と鬼が仲良くするのは、
人として思いやりを持つこと。
そういう気持ちは大事にしたいものです。

恵方巻の余剰生産の抑制は、
家庭内にも良い変化をもたらすと思います。
出来合いのものを買うのではなく、
家族揃って太巻きや手巻き寿司を作ることによって、
会話が増えたりもします。
家族の絆が深まる一歩ではないでしょうか。

殻付き落花生に変えることも食物の大切さや感謝の気持ちを持つことに繋がると思います。

このような事は「ライフスタイル」の変化によっても変わるもので、
住まいのあり方がいかに大事なものなのか感じます。

一緒に食事を作る環境は住まいも影響してきます。
キッチンに親子で並ぶことが出来る事や、
食卓の配置なども影響してきます。

良い意味で暮らしに日本文化を取り入れ、
日本文化を後世に伝え、
良い意味で変化を受け入れる事が大切です。

このような事を今後も皆様に提案してまいります。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!