2019年January

受験と合格と住まい…

受験と合格と住まい

皆様、こんにちは!
縁合同会社安孫子です。



明日から東京と神奈川の私立中学の受験が始まります。
首都圏は今晩雪が降るかもしれないという予報なので、
明日受験の方(ご両親様)は早めの出発等の心掛けが必要だと思います。

私も高校受験や大学受験の際に降雪があり、
大学受験の際は時間が変更になった事もありました。
今となっては懐かしい思い出です。

さて、話が脱線してしまいましたが



今回は大学受験は別として、
小学校・中学校・中高一貫校・高校受験と合格後の住まいのあり方について投稿します。



学校に合格し、いざ入学を決めた場合、
寮生活にならない限りはご両親のもとから通学するのが一般的だと思います。
私も高校はバスと電車を利用しての通学で片道1時間かかっていたので、
高校に行き始めた時はラッシュが大変だと感じていました。
おかげで大学は然程通学は楽だったような気がします。

電車通学は毎日の事で体力もかなり消耗します。
都心のラッシュは経験したことがある方はご存知だと思いますが、
時間帯や利用している線によっては身動きが全く出来ない状況になります。
重い荷物をもって毎日通うとなると大変な事です。



楽しい学生生活、
これからの貴重な学びの時間が「疲労」にあっては全力を出し切れなくなります。
何のために頑張って受験戦争に勝ったのかわからなくなってしまいます。

充実した学生生活を送るためにも「住まい」は大事だと感じます。


例えば居住地と学校が同じ市区町村内でも、
交通網によっては少し離れた場所に通っても時間的にも交通費も変わらなくなってしまうケースもあります。

お子様の体力面でどの程度の通学時間ならば大丈夫か考えてみましょう。

部活動で運動系に入部するならば普通の通学より体力は消耗しますし、
お子様個々体力面は異なってきますので、
この辺りの理解はご両親が一番理解できているのではないかと思います。

そしてお子様が体力を消耗した際に、
どのような住まいだったら消耗した体力が早く回復できるのかも合わせて考える必要があります。




一番理想なのは、
受験勉強を開始する前に、
どの学校に通わせたらお子様が充実した学校生活が送れるか、
各学校の特色と合わせて場所も検討する必要があり、
もし現在お住まいになっている場所がそぐわないのであれば、
転居も考える必要があると思います。

合格後に考える場合も同様で、
果たして毎日の通学が本当に大丈夫か考えて、
転居した方が良い場合は転居も視野に入れなければなりません。

その場合、今お住まいの場所が持家だったら、
賃貸に出すのか売却するのかも同時に検討する必要があります。



「ライフスタイル」によって暮らしかたも変わってきます。
住まいのあり方もこのような時に再度検証してみては如何でしょうか。


疑問等ございましたら弊社まで是非ご相談ください。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



















思いやりとバランスが重視!

思いやりとバランスが重視!

皆様、こんばんは!
縁合同会社安孫子です。

先程サブホームページブログで投稿したのですが、
一部地域で「シェア傘」事業が展開されているようです。
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=143397&act_lst=detail&page=1



たしかに自宅を出る際に傘を忘れたり、
電車等で置き忘れてしまって、
コンビニで急遽ビニール傘を買った経験が何度かあります。
我が家にも傘がかなりあって、
「無駄遣い」かなと感じる事も



「シェア」の事業はシェアオフィスやシェアハウスだけではありません。
レンタルと一部重なってしまうのですが、
洋服やバッグ、靴などもシェアするような時代になっています。

「シェア」するのには「お互いを思いやる気持ち」「運営する側・サービスを受ける側のバランス」が重視されると思います。



シェアして商品やサービスの提供を受けるという事は、
周りの方や次の人の事を考えなければなりません。
例えばシェアハウスの場合、
「音」や「キッチンなどの共同利用場所」についてです。
音等はトラブルの原因になるのである程度気を使う事も必要ですし、
キッチンなどは次に利用する方のために綺麗に使う事が大事です。
この事が「お互いを思いやる気持ち・気遣い」なのです。

バランスというのは、
「不要なシェア運営」をしても利用者がいなければ運営は成り立ちませんし、
需要があるシェア事業や今後利用が見込まれるシェア事業が足らないと、
シェア事業の発展には繋がりません。



弊社も多世代型シェアハウスの斡旋や貸会議室代理店、
シェアオフィスの斡旋も行っておりますので、
この2点につきましては課題となりまた活かしていくことだと感じています。

どのようにしたら皆様へ貢献できるか確り考え行動に変えていきます!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!





















火災保険の内容を…

火災保険の内容を

皆様、こんばんは。
縁合同会社安孫子です。

メインホームページブログの投稿は久しぶりになります。
今後とも宜しくお願い致します。

さて…



昨日サブホームページで火災保険について、
契約内容によっては保険対象が「火災」だけが対象ではない事を投稿しました。
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=143334&act_lst=detail&page=1

火災保険に加入する際にそのような説明は行いますが、
意外と忘れてしまっていたり、
契約内容や約款を振り返らない方もいらっしゃるのが現状です。

そして知らなかったという事で



修理費用を保険会社に請求せずに自己負担で修復したり、
修理を諦めてしまったりしている方もいらっしゃいます。
何のために掛けている保険なのかわからなくなってしまっています。

そういう時に



築年数5年以上という制限がありますが、
実はそういう事をアドバイスされる専門家がいらっしゃいます。







弊社もお話をお伺いしたのですが、
近年の自然災害で保険支払いを忘れてしまっている方がいらっしゃるという事を耳にしました。
いざ自分自身の費用で直そうとすると多額な金額を要してしまうこともあります。

それならば一度専門家に無料相談を受けてみる、
というのは如何でしょうか?
上記写真にあるように専門スタッフの方が対応されるそうです。

些細な疑問等もカスタマーセンター(0297-50-0567)かメール tatemonosmile@gmail.com までご一報していたければ、
と思います。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!




















Focus…

Focus

皆様、おはようございます!
縁合同会社安孫子です。

さて、例年ですとこの時期に物件探しをされる方が多い季節です。
皆様は良い物件に巡りあえてますか?

さて、「良い物件」とは何でしょうか?




答えは
「一人ひとり違います!」

「何言ってるの?」と言われそうですね…(웃음)
理由は簡単です。
皆様それぞれが好みが違うのと、
同じ物件は2つとしてないからです。



以前から何度もブログで取り上げていますが、
物件を選ぶ際に何にフォーカスしていらっしゃいますか?
そこから答えが違ってくるのです。



私がこの業界に入って一番最初に手掛けたお客様は「全室から海が見たい」という部分にフォーカスされていらっしゃいました。
人生の先輩でしたので、
マンションでもエレベーターの利用がしやすく、
購入後お引越し前にリノベーションされた時に段差を解消した事等様々ありましたが、
一番の願いが叶って喜ばれていらっしゃいました。

ある時は新築戸建を手がけました。
室内が白で統一された物件です。
この物件をご購入されたのは結婚直前の方でした。
「白い家で新しい家族の色で染めていきたい」というご希望です。

この2組の方を比較してもわかるように、
前者の方は「眺望」にフォーカスされていらっしゃいました。
後者の方は「住まいの作り」にフォーカスされていらっしゃいました。
「第一希望」というところからしても全く違うのです。
だからこそ「良い物件とは一人ひとり違います!」が答えなのです。



賃貸でも同様です。
エリア限定で分譲タイプのマンションを希望されていらっしゃった方が、
契約された物件は希望エリア外の「アパート」でした。

実はバストイレ別、オートロック希望でいらっしゃったのですが、
分譲タイプのマンションはオートロックはクリアできたものの、
築年数の関係から間取りが3点ユニットのものが殆どでご納得いただけなかったのです。

繁忙期が終わりに近づいてきて物件が殆どなくなってしまった時に、
希望エリア隣接の「新築アパート」にキャンセルが出たのです。
ダメもとで紹介をしてみました。
そしてご案内すると

新築アパートでオートロック完備、
バス・トイレ別でインターネット使用料無料等、
分譲タイプのマンションより設備が良かったために即申込されました。

運が良かったのは
お申し込みされた物件のすぐそばにバス停があり、
そこから勤務先までバス1本で通勤が出来る事でした。
地下鉄通勤で乗り換え、と思っていた矢先にお客様がバス停でルートをご覧になったら気がつき

少し脱線しましたが、
このお客様のフォーカスされていらっしゃったのは「設備」だったのです。
「マンション」とか「アパート」という拘りではないという事です。



勿論賃貸でも購入でも「予算」がありますが、
予算以外で1点何かにフォーカスされてください

エリアなのか設備なのか眺望なのかそれとも別の観点なのか
そこから「物件選び」が始まるのです。

ネット等で選ぶのも有りですが、
「1番の希望」を不動産会社に伝えてみて一緒に物件探しをするのは如何でしょうか?
弊社は皆様の「希望」に出来るだけ沿えるようにエリアはあまり限定せずにご相談を承っております!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!




















寮のようで寮ではない「働き方改革?」…

寮のようで寮ではない「働き方改革?」

皆様、こんにちは!
縁合同会社安孫子です。



まるで寮のような寮ではない賃貸住宅が札幌に出来るようです!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010000-doshin-life

働く意欲がある方であれば、
動けるうちは動く、
という発想になるのでしょうか

病院(クリニック)と仕事場、そして住まいが一体化
今後「ライフスタイル」が変わってくるのかもしれません。

この方法はまだ私も調べておりませんので想像でしか物事が言えませんが、
幾つか課題はあるものと思われます。

・働くのを希望して入居された方が暫くしてリタイヤした時、新規に雇用をし直す際に現入居者と新入居希望者との調整
(延滞等が無ければ基本は退去は難しいのではないでしょうか)
・接客部門になった入居者のプライバシー等の問題
(居住地が同じ建物という事で第三者にわかってしまいそうです)
等、幾つか課題が残されているような気がします。

しかし、通勤時間の大幅な短縮や、
建物内にクリニック併設での安心感などメリットもたくさんあると思います。

最近増えてきた学生限定のマンションでも同様ですが、
これからの賃貸物件は「不動産の提供」だけではなく「+α」が求められるのではないでしょうか。
私もお客様に提案を行ってまいりたいです。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



















好きこそ物の…

好きこそ物の

皆様、おはようございます!
縁合同会社安孫子です。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があります。
昨日挨拶回りに伺った際に出た内容です。
「好きだからこの業界に長いのでは?」と聞かれました。
帰り道考えてみると



大学生の頃京都・大原に行きました。
行った目的は「草木染め」を行うためです。
この時は京都の歴史に触れることが目的ではなく、
京都で何か体験をしてみたいという事が目的でした。

大原の自然の中にある草木を利用して、
シルクのスカーフを染めました。
金色に近い色に染まったスカーフは、
それは今でも大切に使っています。

その頃、日本文化を専攻していましたので日本文化に勿論興味はありました。
寺院や神社なども行きました。
その時はそれ以上に「地域」や「食」に触れてみたかったのです。



「人と人」「人とモノ」を繋ぐ不動産業を行いたいというのは、
もしかしたらこの時の経験が原点だったのかもしれません。

「不動産業」というのは「不動産」を取り扱うだけでは業として成り立つのは難しいのかもしれません。
勿論不動産に関するプロでなければなりませんが、
色々な特性を知ること、伝えること、繋ぐことが出来て初めて「不動産」を活かす事が出来ると思っています。
これが出来るからこそ今まで不動産業を続けてきたのだと実感しました。

ワクワクする事をもっと皆様に広めていきたいですし、
ワクワクする事を広めることで、
日本の活性化に繋がっていくのかもしれません。




ところで話は変わりますが、
近日中に一度メルマガを配信します!
よかったらご登録くださいませ!
mail@r.enishire.com


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



















あれから…

あれから

1995年1月17日午前5時46分



皆様はあの時はどのようにされていらっしゃいましたか?
あれから月日が流れて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000002-asahi-soci

阪神淡路大震災から24年。
今日は追悼式典などが開催されます。

24年前、この頃は学生でした。
私は関西に行く予定がキャンセルになり、
自宅でテレビを観ていると
言葉にならない辛い光景でした。



その後様々な震災や台風等の自然災害がありました。



東日本大震災の際は、
当時在籍していた会社近くの建物で被害が発生し犠牲者が出る惨事となり、
同僚の親戚も津波で



昔の同僚が東日本大震災と熊本大震災の2度震災を経験し
思い出すと辛いことが多かったです。

그러나…



辛いとばかり言ってられません。
犠牲になられた方の分まで立ち直っていかなければなりません。
「復興」をしていくことを優先しなければなりません。

でも、現状は(とくに東日本大震災の場合)復興が思うように進んでいないのが現状です。
交通網などの大掛かりなものもあります。
そして「住まい」等の個々のものもあります。



いざという時のためにかけている「保険」を活かしきれていないケースもよく耳にします。
保険金が支払われない、
思った金額ではない等、
保険について泣き寝入りの部分も



まずは「保険内容」は把握されていらっしゃいますか?
保険対象はご存知でしょうか?
適切な保険に加入されていらっしゃいますか?

保険の定義について述べます。



ほけん【保険 insurance】

リスクにさらされた人が、
保険団体を形成して、
自己の所定のリスクを、
大数の法則を応用して計算された保険料の形に変え、
これに移転しプールすることによって、
偶然な事故発生の場合に損害・損失が保険団体から補償される経済制度である。
リスクとは事故により損害・損失を受ける可能性(あるいは不確実性)がある状態をいう。
偶然な事故には発生の可能性はあるが必ず発生するとは予測できないもの(自動車事故火災等)と、
必ず発生するもののその時期は予測できないもの(死亡等)がある。
(出典 株式会社平凡社/世界大百科事典 第2版 より)



共済も含めて保険というのは「いざ」という時に役立てるものです。
それを役立てられない現状は見直さなければならないと思います。

保険の事はもっと掘り下げて今後投稿していきたいと思います。
住まいや仕事場等「暮らし」に直結することなので、
皆様のお役に立てればと思っています。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは今日の保険の事等、
皆様の関心のあることや、
物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!




















意識改革…

意識改革

皆様、こんばんは!
縁合同会社安孫子です。

毎月16日は



「意識改革」する日だと思っています。
エコや環境保護に関しては「不動産」から出来る事のひとつだと考えています。



住まいやオフィスに「グリーン」を取り入れること、
植物があるだけで癒しの効果もありますし、
光合成により二酸化炭素が少しでも減るのではないかと考えています。



緑を取り入れることだけではありません。
空き家活用などを行うときやオフィス等の修繕を行う際など、
リノベーションを行うとき、
断熱効果を高めたり自然素材を取り入れたりすることで、
自然と共存する意識が高まるのではないでしょうか。

ただし



そう行いたくても「費用」の問題が発生します。
「住宅エコポイント」等も考えられますが、
皆様が本当に必要なのは「改修などを行うときの資金」ではないでしょうか。
エコポイントより助成金をもっと充実させることの方が必要だと私は思います。



良い環境で過ごすためにも行政・企業・個人がもっと連携を図りたいですね。
何か良い方法を見つけていきたいと思います。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンでは皆様の関心のあることや物件情報(売買・賃貸問わず)の一部をメインHP掲載前に先にお伝えする事も
よかったらご登録くださいませ。

ここをクリック→mail@r.enishire.com

【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



















あれから…

あれから

皆様、こんにちは!
縁合同会社安孫子です。

一昨日・昨日は成人式が開催されたところが多いと思います。
そのうちのひとつが



浦安市です!
浦安は東京ディズニーリゾートで成人式が開催される事で有名ですが

それだけではありません。



浦安市も東日本大震災の時は液状化現象で広域で被害を受けました。
東日本大震災の時に小学6年生だった方が今回成人式を迎えました。
この頃の経験を、
平成最後の成人として後世に大人として伝えていくものだと



浦安は5本の指に入るほどの日本で好きな場所のひとつです。
浦安にはたくさんの思い出もありますし、
浦安には貢献していきたい気持ちが常にあります。

私も今でもよく行く機会がありますが、
震災からの復興は勇気と元気を頂いています。
浦安の心の力を日本全体に広げていくといいな、と感じています。



日本は様々な場所で毎年自然災害が発生しています。
でも浦安のような元気の良さを見て学び活かすと、
日本は元気になっていくと思います。

私も浦安のような力を活かしていけるように邁進したいと思います。


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com

メールマガジンの読者募集中!

mail@r.enishire.com←こちらをクリックして登録をお願いします!




【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!



















計画中の事…

計画中の事

皆様、こんばんは!
縁合同会社安孫子です。

さて、現在弊社で計画していることがあります。



物件情報の拡充もそうですが、
まだ追加していないページをアップすること(内容は改めてお知らせします)、
そして「(仮)WEBニュースレター」の発行と、
メールマガジンの充実です。

メールマガジンでは
メールマガジン読者の方限定の物件情報を時折混ぜてお知らせします!
収益物件・実住・賃貸等様々検討しておりますので、
良かったらこの機会にご登録くださいませ(メルマガは無料です!)




【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com