予防は環境づくりから!

おはようございます!
縁合同会社安孫子です。



昨日サブホームページブログ https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp?id=142651&act_lst=detail&page=1 でお知らせしておりますが、
この時期はお正月休みから一変して慌ただしい生活に戻られる方が増えて、
体調を崩しやすくなっています。

風邪やインフルエンザ、ノロウイルス観戦などには十分気を付けたいものです。



よく「首を冷やさないように」と言われます。
首・手首・足首を冷やすと体調を崩しやすくなるようです。
マフラーなどで防寒対策を取りたいものです。
そして、お腹や腰、太ももを温めると体が冷えにくくなり、
体温調整にも良いようなので、
ホッカイロ等を上手に利用して対策を取っています。

「マスク」の着用の効果の有無はよく言われていますが、
通勤ラッシュ棟には一定の意味があります。
マスクを着用することで、
マスク内の湿度が一定に保たれる事から、
喉の渇きが多少抑えられ、
乾燥予防には多少効果があるようです。



室内といえば「加湿器」を想像します。
加湿は冬風邪には効果的ですが…。



写真のようにペットがいじってしまったり、
小さなお子様のいらっしゃる住まいや、
電源が足らないオフィスなどではどのような対策があるでしょうか?

まずは「住まい」からですが、
夏は逆効果になってしまいますが、
冬場の乾燥時期には「洗濯物の部屋干し」が湿度を保つ方法としてとられます。
洗濯物だけでは足らない事もあり、
私の寝室にはタオル掛けを設置して固く絞った濡れタオルをかけて湿度調整を行っています。
寝室に掛けるタオルは洗濯済みのタオルにアロマオイルを1滴染み込ませてリラックス効果も高めています。
※ただしもう一度洗濯は必要になります。

さすがにオフィスに洗濯物という訳には行きません。
オフィスや旅先の乾燥予防はどのようにしたらよいでしょうか?
これは私も実践し始めましたが…。
↓↓


ドリップコーヒーを入れる際に使う「コーヒーフィルター」を利用した気化式の加湿です!


元々気化式の加湿は行っていましたが、
コーヒーフィルターの方法は耳にしたことがあって、
この冬は試してみましたが、
ある程度喉が潤っているような感じがしています。
※あくまでも私の主観です。

コーヒーフィルターを2・3枚重ねて扇子のように折りたたみ、
下をゴムで軽く縛って上を外に広げて花のような形に整え、
水を張ったコップやグラスに入れると、
コーヒーフィルターが水を吸い気化していきます。

コーヒーフィルターでしたら持ち運びに邪魔にはならないですし、
お手軽にできる方法のひとつだと思います!

先程から体温調整や加湿の事を述べていますが…。
何よりも予防に対する「環境づくり」が大事です!
食事を摂ったり睡眠を確保する事も大事なひとつですが…。



心のケアが大事です!



ストレスをため込まない事等、
暮らしかた・ライフスタイルから「未病」することも可能だと感じています。
「未病」には「住まい」や「働き方」、「時間の使い方」等も大切な要素だと思っています。
より良い環境づくりを日頃から行いましょう!
そのアドバイス等を今後も行ってまいりますので、
もし思う節がございましたらinfo@enishire.comまでお問い合わせくださいませ!


【ブログ著者プロフィール】

安孫子 友紀
縁(えにし)合同会社 代表
http://www.enishire.com
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp

2017年7月、東京都墨田区に事務所を構え、
同年9月より営業開始。
宅地建物取引業を中心に業務展開。

不動産の売買仲介・賃貸仲介(一部賃貸管理)のみならず、
不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、
暮らしかたの提案、
移住・二住居政策の支援、
「国土交通省先駆的空き家対策モデル事業」認定のパートナー企業としても活動中。

メールでのご質問等も可能。
info@enishire.com


【人気ブログランキング】に参加しております

もし良かったらをバナーに応援の「ポチ」をお願い致します!
励みになります!