2018年4月

【リニューアルに向けて…】

【リニューアルに向けて…】



皆様、ご無沙汰しております。
縁合同会社安孫子です。

実はメインホームページ(当ホームページ)、
サブホームページブログ
も含めてリニューアルを行っている最中です。

先程サブホームページのブログにアップしましたが、
ジャンル別に見易く分けようと思い現在構想中のブログと、
既に運用を始めたブログがあります。

縁(えにし)地域まめ情報

随時お知らせ致しますので、
今後とも宜しくお願い致します!
【現在手掛けている事】

【現在手掛けている事】



今日から新学期の学校も多かったようですが、
新年度がスタートし始めましたね。
皆様は何か新たに始めた事がありますか?

先程サブホームページのブログにアップ致しましたが、
現在当ホームページを含めて改良を検討し、
概略作成に入っております。

弊社の個性が出るようなホームページにしていこうと考えております。
どうぞ宜しくお願い致します。
改良毎に随時お知らせ致します。


【35条書面と37条書面】



学びは…。
個人的に感じた事は弊社サブホームページのブログhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.aspに投稿しましたが、
昨日振り返りの時間があり、再度学ぶ事の重要性を感じました。

そのうちの1つが「35条書面」と「37条書面」についてです。
おそらく耳慣れない言葉だと思います。



35条書面・37条書面は「宅建業法」に出てくる言葉の1つです。
35条書面とは、重要事項説明の説明事項
37条書面とは、契約書「契約当事者同士の約束事が書かれている書面」
の事です。

違いの詳細は下記の通りになります。


書面交付時期:35条書面は契約成立前に対して、37条書面は契約成立後
交付先: 35条書面は買主様・借主様、37条書面は 契約の両当事者
宅建士の記名押印:35条書面・37条書面とも必要
宅建士の説明:35条書面は必要、37条書面は不要

実は宅地建物取引士が忘れがちになってしまうのが、
上記で示した赤字の部分(37条書面の記名・押印)です。
通常の契約の場合、
契約書が37条書面と兼ねているケースが多いのですが、
37条書面と契約書が兼ねていないケースがあります。

そのうちの1つが「公正証書」による契約です。
公正証書は公正役場で作成するものであり、
宅地建物取引士の記名・押印する欄はどこにもありません。
その点を注意しなければならないのです。
公正証書での契約の場合、
37条書面を別に発行する必要があります。

宅地建物取引士も普段通常に行っている業務こそ、
より一層注意を払う事が大切ですね。

昨日学んだ事については、
別の機会に投稿を致します。

【資本】



新生活スタート!
お元気でいらっしゃいますか?

今朝、【資本】とは、という事をサブホームページのブログhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.aspに掲載致しました。
お金だけではない資本について感じた事を述べています。



楽しい食事をする事もそのうちの1つかもしれませんね。
今日も皆様にとって充実した1日になりますように。

【考えている事…】



桜舞う今日この頃…。
色々と…。

今日から新年度をスタートされた方もいらっしゃると思います。
おめでとうございます。
先程その事につきましてはサブホームページのブログhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.aspにもアップ致しました。

皆様に伝わりやすいホームページにしてまいりたいと考えております。
これからも宜しくお願い致します。

【本日より…】



本日…
法律が一部変更になりました!

それは…
インスペクション(建物状況調査)の導入です。

当ブログでも昨年投稿をしておりますが、
既存住宅の流通と空き家の利活用を促進し、
住宅ストック活用型市場への転換を加速させたいという観点
から、
住宅の
1.媒介契約締結時に、インスペクション業者の斡旋(あっせん)に関する事項を記載した書面を依頼者(売り主)へ交付する。
2.重要事項説明時に、買い主に対してインスペクションの結果の概要を説明する。
3.売買契約の成立時に、建物の状況について当事者の双方が確認した事項を記載した書面の交付を宅建業者に義務付ける。
という内容が含まれるようになりました。

再度申し上げますが、
宅地建物取引業者は
?ホームインスペクションのことを説明
?ホームインスペクションを行う事業者の斡旋を希望するか意思確認
?斡旋を希望するなら、斡旋先の事業者に関する情報を提供
?実施する際はホームインスペクション実施に向けて段取り
の義務があり、宅地建物取引士が建物状況調査を行うのではない事をご注意ください。

それから、現在義務化されているのは「住宅」であります。
事務所単体や店舗単体など事業用不動産は含まれておりません。



ホームインスペクションのメリット・デメリットは別の機会に投稿致します。

【新年度に向けて…】



「投資」と聞くとあまり良い印象ではないのですが、
昨日まではそう感じておりました。
何となく話すこともタブーのイメージが…。
それを払拭できたのが…。

年度末の昨日は東京ドームシティで開催された「投資EXPO」に参加致しました。
最初は業務目的もありましたが…。



「投資」と言うと、
不動産投資やFX、株、仮想通貨等をイメージしてしまいますが、
それだけではないという事がわかりました。

結論から言うと…



「投資」=「人生の選択」
という考え方に変わりました。

例えば食事がわかりやすいかもしれません。
どんな食べ物を選択するか、
どんな食べ方をするかで健康面を左右しかねません。
食事は健康に対する投資の一部と言えるかもしれません。



驚いた事に手芸ブースがあったり



占いブースが出展され、
私も手芸の体験も占いも行ってきました。

これも趣味や気持ちのあり方に対する「投資」の一部なのです。



勿論本業が「不動産」ですから、
不動産に関するセミナー5種とリフォームに関するセミナー1種、その他セミナーを1種を受講致しました。
自分の不動産に対する考え方のあり方、そのままの考え方の貫きや見直しもセミナーから得る事が出来、
有意義な時間を過ごすことが出来ました。

この「学び」や「時間」も自分自身に対する「投資」なのです。
お金を費やす事だけが「投資」ではないのです。

人生に対する「投資」はこれからも行っていき、
少しでも社会貢献出来るようにしてまいります。



ところで…
新年度も宜しくお願い致します!

サブホームページのブログのブログも随時更新しております。
https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp
良かったら合わせてご覧くださいませ!