2017年11月

弊社は東京スカイツリーの…

皆様こんばんは
今日は曇りがちの東京でした。

ところで、弊社ブログで一度も街並み紹介を行っていなかったので…。
これから色々な街並みも随時ご紹介できればと考えております。
※「民泊」については改めて投稿する事に致します。

さて、弊社は東京スカイツリータウンまで徒歩圏内に所在します!
そこで…



昨日東京ソラマチ4階のスカイアリーナで撮影を行いました!



とても爽やかなお天気で、
東京ソラマチにスカイツリーが写っていて…!
このような快晴の日にはスカイツリーからの眺望はとても良いものだと思います!

ところで…。

過去に建設中のスカイツリーの写真を撮影していました

スカイツリーのデザインは、
2006年(平成18年)11月24日に公表されました!

時空を超えた都市景観の創造:日本の伝統美と近未来的デザインの融合
まちの活性化への起爆剤:賑わいと親しみを感じる3つのゲートと2つの展望台
都市防災「安全と安心」への貢献:日本古来の建築「五重塔」に通じる新たな構造システム

以上の3つのコンセプトに基づきデザインされたそうです!

スカイツリーの歴史等はまた投稿します!
お楽しみに

【YouTube新開設のお知らせ】

皆様こんにちは!
縁合同会社安孫子です。



さて、
弊社でも新規にYouTubeを開設致しました!
物件情報普段作成している動画やスライド等を今後投稿致します!

もし宜しければご覧ください!
宜しくお願い致します!


https://www.youtube.com/channel/UCvJefdAJaNo3Z0Il4yyUbCA

【民泊運営で注意しなければならな事…その1】

皆様、こんばんは!

さて、民泊新法が来年施行される中、
注意しなければならない点があります!
注意しなければならない点を何回かに分けて投稿します。



簡易宿泊所としての「民泊」としてみとめられるのは、民泊利用以外の時は住居使用のみです!

「さあ、民泊向けの物件を購入して、民泊利用以外には、普段はイベントスペースとして運用しよう!」
等と考えていらっしゃる方がいそうですが…。
NGです。

自宅以外の場所を民泊として活用する際に、
民泊利用以外の時はマンスリーマンション等の住居賃貸等での運営を行ってください!
ちなみに「ウィークリーマンション」等の契約期間1ヶ月未満の住居は、
旅館業として見做されますので、
旅館業の免許が必要となります。

ご参考になれば幸いです!

民泊以外にも…
皆様のご意見・ご感想・質問等をお待ちしております!

LINE@での質問等も可能です!
https://line.me/R/ti/p/%40bb5053o

油壷京急マリーナまで約700m

皆様、こんばんは!

油壷京急マリーナまで約700mの賃貸アパートの募集を始めました!
詳細は弊社賃貸募集一覧に記載がございます!


https://www.enishire.com/73680/%e8%b3%83%e8%b2%b8%e7%89%a9%e4%bb%b6%e6%83%85%e5%a0%b1/



最寄駅が三崎口駅になり、
釣り好きの方にもお勧めできる物件です。
通常に住居として住まわれるのは勿論、
ご自身で別荘代わりとして利用するのもご相談可能です。

2017年12月20日までにお申し込みを頂き、
成約になった場合は…

貸主様ご負担で
1.洋室居室部分にエアコンを設置
2.洋室居室部分に照明器具設置

を行います!

弊社YouTubeに動画がアップされてますので、
是非ご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCZ11mXs4_jIgtbP7OL_rJ5g

区分所有マンションで民泊は?

今月初のブログ投稿になります。
ご無沙汰しております。

来年の民泊新法施行に伴い…

「区分所有マンションは民泊可能なの?」
という質問が多くなりそうです。

基本ですが、
法律や条例等でOKであっても、
そのマンションの管理規約に民泊運営可能な規定がなければ行ってはならないと捉えましょう!



もし皆様がマンションに住んでいたと想像してください。

ある日突然お隣の家で民泊開始されていたら…。
「不特定多数の方が出入りして嫌かな…。」
「どこの誰だかわからない方が騒いでいて寝られない。下手に注意もできなくて…。」
「ゴミが散乱している…。」
等という事態が生じたら嫌な気分になるどころか、
状況が悪化したら引っ越したくなりますよね。

国土交通省では、
2017年8月29日、分譲マンションを使った民泊事業に関する規定事例を示す「マンション標準管理規約」を改正しました。

住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立を受け、
上記のようなトラブル防止のためが目的です。
「あらかじめ、マンション管理組合において、区分所有者間でよく議論し、
その結果を踏まえて、住宅宿泊事業を許容するか否かを管理規約上明確化しておくことが望ましい」との考え方に基づきます。

改正内容は2点になります。
?分譲マンションでの民泊事業実施を可能とする場合と禁止する場合のそれぞれについて条文を提示。
具体的には、専有部分の用途を定める(標準管理規約)第12条を改正し、
住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を記載。
※各区分所有建物で条数が異なります。
?関連する留意事項として、「マンション標準管理規約コメント」(解説欄)において、
民泊事業のうち、「住宅宿泊事業者が同じマンション内に居住している場合(いわゆる家主居住型)」のみ可能とする場合などの規定例も示すようになりました。

詳細は下記リンクをご覧ください(国土交通省 マンション管理規約について)。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk5_000052.html

今回民泊を例にとりましたが、
区分マンションで標準管理規約を遵守しないケースがございます。
例えば現在流行しているDIYですが、
DIYを実施する前に管理会社や管理組合理事会等に確認を取っていますか?


規約に記載のない事を実施しようとする場合は、
後々のトラブル回避のためにきちんと確認を取りましょう